ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

創一の儀式


レーからデリーへのフライトがキャンセルになった日に、特別なお祝いをしたと先日記事にしました。


それは、創一の儀式が無事に終了したお祝いだったのです。


デリーへの出発(するはずだった)の日の朝


母、ザンスカールのコンチェを着て正装

2013jan (40) (338x450)

お香を焚きまくり
2013jan (38) (450x338)


2013jan (36) (450x338)

ザンスカールの靴を履いて
2013jan (37) (450x338)



この儀式用に特別に焼いてもらったヒュルヒュルタギル(ラダックではカンビルと呼ばれている発酵パン)。



2013jan (33) (450x338)


真ん中に小さな穴をあけて、創一の頭にのせて、穴からてっぺんの髪の毛を引き出します。

2013jan (34) (450x338)


そしてついに!!!!
2013jan (30) (338x450)
生まれて初めて創一の髪の毛にはさみが入りました。



2013jan (35) (450x338)

髪の毛を切ってくれたのは、おなじみギャツォさん。

2013jan (27) (338x450)

本当は、髪の毛を切る役目は、私のいとこのしょうくんかけんちゃんが一番よかったのだそうです。

でもラダックに来てもらうことはできないので、切ってもらう人についてはとっても悩みました。

条件は、「父親も母親も存命で、性格が良くてラッキーな人」とのこと。

子供は、最初に髪の毛を切ってもらった人の性格や運などを受け継ぐとザンスカールでは信じられているそうです。

最初に髪の毛を切るタイミングですが、伝統的に3歳か、できれば5歳の吉日。

もういい加減に創一の髪の毛を切りたい!と調べていたところ奇しくもデリーへの出発の日が適当な日だということで、バタバタを承知でその日の朝に儀式を行ったというわけです。


無事儀式終了で記念撮影。

2013jan (25) (338x450)

小さくてかわいかったヒュルヒュルタギル
2013jan (23) (450x338)


ギャツォさんが儀式で切ってくれたのは、頭のてっぺんの髪の毛だけ。

残りの髪の毛は、デリーに飛んでから散髪をしようという計画で空港へ向かったのですが、結局フライトキャンセル発生。

せっかくだから吉日であるこの日のうちに散髪をすませるべく、散髪屋さんを家に呼びました。


恐怖におびえ
2013jan (22) (450x338)

泣き叫び
2013jan (21) (338x450)

やめてくれと懇願するも
2013jan (20) (338x450)
夢の丸刈りに。


生まれてからずっとずっとのばしていた創一の毛は、夫ヤンペルが全部集めて大切に保管。

春になったら、この毛を混ぜた土を使って木を植えるのだそう。

これもザンスカールでは伝統的に行われているそうです。



母大喜びのマルコメ創一。


頭を無理やり刈られ、創一お怒り。
2013jan (19) (338x450)

鏡を見て、徐々に落ち着きをとりもどしました。
2013jan (17) (338x450)


しばらく見慣れなかったけれど、ようやく丸坊主の創一が普通になってきました。

2013jan (12) (450x338)



本当は、日本に帰った時に空港でのりこ母を驚かせたかったのでヒミツにしていたのですが、日本帰国がかなわなかったのでついに公開の創一丸坊主。
2013jan (4) (338x450)

創一の丸坊主、ジョリジョリしてめっちゃ気持ちいいです。

関連記事
スポンサーサイト

| ラダック式?子育ての事 | 22:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

創一くんのロン毛は、ザンスカールの風習だったのですね。パンを頭にのせて髪を切るとは、どういう意味があるのでしょう。不思議ですが、こんな風習を大切にしているザンスカールの人はすてきですね。
マルコメ創一くんも、かわいい!

| manami | 2013/01/23 18:09 | URL |

覚えてる?

お久しぶりです。
中国旅行で出会った中国人のテイです。
覚えてますか?
創一くんが大きくなりましたね!

| 中国人のテイです | 2013/01/24 09:10 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ずっと切りたかったのですが、3歳になるまで絶対に髪の毛にはさみを入れてはいけないとザンスカールのみんなが言っていたので我慢していました。
パンをのせて切るのは、私もよく意味が分からないのです。
伝統の風習が多すぎて面食らうこともありますが、できる限り風習に従いたいとおもいます。


> 創一くんのロン毛は、ザンスカールの風習だったのですね。パンを頭にのせて髪を切るとは、どういう意味があるのでしょう。不思議ですが、こんな風習を大切にしているザンスカールの人はすてきですね。
> マルコメ創一くんも、かわいい!

| jokosachi | 2013/01/24 18:24 | URL |

Re: 覚えてる?

参加したツアーのガイドさんですね!
お久しぶりです。
創一、大きくなりましたよーーー!
また行きたいです。

> お久しぶりです。
> 中国旅行で出会った中国人のテイです。
> 覚えてますか?
> 創一くんが大きくなりましたね!

| jokosachi | 2013/01/24 18:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/906-ed2946aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT