ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悲しい結末



努力むなしく、結局秋生のインドビザはすぐに発行してもらうことはできませんでした。


実は秋生のビザが取れたら、このまま日本に帰国をして2か月ほど滞在する計画だったのです。


母もおばあちゃんもみんなみんな私たちの帰国を楽しみにしてくれていたし、オーストラリア在住の双子の妹ゆっちゃんも娘のまやちゃんを連れて合わせて帰ってくる予定にしていたので、とっても残念です。


結局、最近ビザのシステムが変わって、レーに戻ってビザ発行の手続きをする必要があって、それには最低1か月ほどかかるとのこと。

なぜ秋生のインドビザ発行のために1か月も待たされて、インドに滞在する必要があるのか、本当に意味がよくわかりませんが、とにかくそういうことなのだそうです。

ヤンペルがレーに帰ってもすぐにビザが発行されないということがわかったので、結局すごすごと家族全員で金曜日にレーへと戻ることにしました。


非常に非常に悔しいです。

もしも1か月以内にビザが取れたら、日本帰国再トライします。

今回の日本帰国は不確定要素が多かったため、親戚以外にはほとんど誰にも言っていませんでした。

こっそりと日本に持って帰って荷物で送るつもりだったあんずの種などは、デリーから明日発送することにしました。


この際デリーでやけ買い。

大量の荷物を抱えてラダックに舞い戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

| 異文化体験記 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/905-dc647ff3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT