ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桃井さんの本

写真家、ジャーナリストの桃井和馬さんがこの冬にザンスカールにお越しになった。

Hidden Himalayaで彼の旅のお手伝いを少しだけさせていただいたのです。

お土産に、たくさんの日本食をいただきました。

それに彼の著書も。

写真集「すべての生命にであえてよかった」とノンフィクション「妻と最期の十日間」。


頂いた本、夢中で読みました。

「妻と最期の十日間」を呼んで、いつも下手すぎる文章をブログで書き綴っている私が、生意気にも感じたこと。

それは、彼の文章は心の中の叫びを絞り出したような文章だということでした。

自らの壮絶な体験があるからこそ、率直で、シンプルで、心に突き刺さる。

上から目線のこねくり回した表現が多用された、チープな自慢たらしい文章では絶対に感じることはできない、圧倒的なメッセージに思わず涙。

正直申し上げて桃井さんとは2度あっただけで、彼のことはただ知っているという程度でした。

彼の本を読み終わった今、この本の著書である桃井さんと知り合いになれたことを感謝するような気持ちです。

桃井さん、これからもよろしくお願いいたします(号泣)。

関連記事
スポンサーサイト

| ありがとうございます(涙) | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/688-30234217

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT