ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャダル 復路編


往路のチャダルについては、初チャダルを終えた直後にだいぶ興奮気味にレポートを書いたので真剣レポートとなりました。


往路チャダルを終えた時には、私にとっては限界の距離を限界のスピードで歩いたと思いました。


しかし、それは大きな勘違いでございました。


復路は積もった雪のせいで車がつかえず、30キロ増しの道を往路と同じ2泊3日で歩きました。


1日目はザンラからツァラクドまでの雪が積もったアップダウンの車道を9時間。

2日目はチャダルでまさかの10時間半、ツァラクドからダンブチャン洞窟まで。

3日目はダンブチャンからチリンの手前まで6時間。


行きの行程はザンスカール人のチャダル+余分に一泊なので、ローカルチャダルとは言えないらしいのですが、帰りの行程は完全に地元チャダルの行程。


しかも通常ツァラクドからザンラまでは車を使うので、その分地元の人にもこの行程は過酷気味なチャダルだとのこと。



復路は、往路よりもさらに死に物狂いで足を動かし、転びながらも走るようにして進みました。

歩きすぎて足首の油(?)無くなってしまったのか、骨と骨がこすれてギギギ・・ときしむ音がしたのは初の体験でした。

往路ではできなかった足の指のマメのせいで歩くたびに激痛。

滑って転んでひざを負傷。

初日雪の上を歩きまくったおかげで目に激痛。

それでも3日目に6時間歩いて迎えに来てくれていた車に乗り込んだとき、「?まだまだ歩ける??ニムー(ニモー)とかレーまで歩いて行けと言われたら歩けるかも。」と本気で思いました。

それは苦しいながらも美しかった帰り道のせいかもしれません。

2012 Chaddar Zanskar (157) (450x338)
危険に見えるけれど、慎重に歩けば全く問題ありませんでした。

2012 Chaddar Zanskar (221) (450x338)
男3人衆+1

2012 Chaddar Zanskar (207) (450x338)
ポーター御用達「ダイヤモンド」に守られる私の足

2012 Chaddar Zanskar (241) (450x338)
往路チャダルを行ってから1ヶ月弱、氷の様子は激変していました。

2012 Chaddar Zanskar (172) (450x338)
左:ポーターな私 右:創一をおんぶしてくれるヤンペルのおじさん(アバン・タシ)

2012 Chaddar Zanskar (252) (450x338)
最後の一日は晴れて美しい景色を眺めながらのチャダルでした。

2012 Chaddar Zanskar (224) (450x338)
レーからザンスカールへ向かう一行。
私のコンチェを見て、「ザンスカール嫁だね!氷の様子はどうだった?キャンプまで車は来た?オマは大丈夫だった?」と次々に質問が飛んできました。


2012 Chaddar Zanskar (234) (450x338)
途中で私が拾ったペルハ(木の杖)が役にたちました。

2012 Chaddar Zanskar (232) (450x338)
創一もチャダル


「おめでとう、君は外国人のチャダルの記録を見事に破壊したよ、いやいやまてよ・・・冬の間ザンスカールに滞在して、完全にザンスカール人になったんだね」というみなさんの素敵な「ザンスカール人認定」のコメントに大喜びのザンスカール嫁なのでした。

関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お帰りなさい~

チャダルの往路編、復路編その他のエントリー読ませていただきました。
「骨と骨がこすれてギギギ・・・」
この表現からチャダルの過酷さが伝わってきました。
その過酷さを味わったからこそ、これらの写真の風景を見れるのだと思いました。
往路編のエントリーの叙情的な文体、個人的にはとても好きです。
ますますチャダルへ行きたくなりました!

| ryushin(white-crystal) | 2012/03/04 14:30 | URL | ≫ EDIT

Re: お帰りなさい~

ジュレー!
ギギギ・・・は本当に不思議な音だった・・・。
チャダル、是非一緒に行きましょう!!


> チャダルの往路編、復路編その他のエントリー読ませていただきました。
> 「骨と骨がこすれてギギギ・・・」
> この表現からチャダルの過酷さが伝わってきました。
> その過酷さを味わったからこそ、これらの写真の風景を見れるのだと思いました。
> 往路編のエントリーの叙情的な文体、個人的にはとても好きです。
> ますますチャダルへ行きたくなりました!

| jokosachi | 2012/03/11 17:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/671-34cb52a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT