FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

砂嵐のパンゴンツォ


ヌブラ訪問から帰って来た次の日、パンゴンツォへおともしました。

夫ヤンペルと息子創一はレーでお留守番。

私だけ同行しました。


4時半出発でパンゴンツォに向かった私たち。

タンツェで朝食をとりました。

おいしいメギー(インスタントラーメン)とミルクティーを提供してくれたのはこのお二人。

Nubra and Pangong 2011 Dec (51)

アマレと記念撮影
Nubra and Pangong 2011 Dec (53)

ここでの一番の収穫は、ピュアーウールの靴下。
Nubra and Pangong 2011 Dec (49)
お値段130ルピー。

すでにしもやけ状態の私の足を今も優しく包み込んでくれています。

ここまでは非常に順調でしたが、パンゴンツォまであと7キロの地点でトラブル発生。

砂嵐です。

ぬおーーー!
Nubra and Pangong 2011 Dec (54)

ギャーー!
Nubra and Pangong 2011 Dec (55)

たまっていた砂にスタックした車を軍隊の車に引っ張ってもらうも失敗・・・。

Nubra and Pangong 2011 Dec (56)


一旦引き返して民家に駆け込みスコップを3本借りました。

引き返したおかげで出会えたキャン(野ロバ)
Nubra and Pangong 2011 Dec (57)


そして再度砂嵐地点に到着。

ドライバーさんとお客様と私の3人で砂を掘りまくる、掘りまくる!

眼にも鼻にも口にも耳にも砂が入りまくりで本当に大変でした。

帽子を持っていなかったため、ドライバーさんは車のシートカバーで頭や耳を覆っていました。
Nubra and Pangong 2011 Dec


そんな3人の頑張りの甲斐あってなんとか砂だまりを抜けました。

・・・が、さらにその先でカーブの砂だまりにスタック。

今度は掘って掘って掘りまくっても抜け出せない状態になってしまいました。

Nubra and Pangong 2011 Dec (58)

もうどんなに掘っても無理。

ドライバーさんが通りがかりの車にのってパンゴンツォの近くへトラックを呼びに行ってくれました。

約一時間後、帰って来たドライバーさんと大きなトラック。

そのおかげで何とか抜け出せてパンゴンツォへとたどり着く事ができた私たち。

見慣れたパンゴンツォの景色も何だか特別に思えました。
Nubra and Pangong 2011 Dec (62)

諦めかけたパンゴンツォ、やっぱりたどり着けて良かったと写真を撮るお客様を見て心から思いました。
Nubra and Pangong 2011 Dec (59)

砂嵐地点を通り抜けて、スコップを借りた家に到着。
Nubra and Pangong 2011 Dec (65)
・・・まだ車のカバーをかぶっているドライバーさん。


嗚呼、大冒険のパンゴンツォ。

なんとか大成功でレーに帰ってくることができました。

冬のチャンタンは雪だけでなく、風がきつい日にも注意です。





関連記事
スポンサーサイト



| 各地域の情報 | 15:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

驚きました

こんにちは。
日記を読んで驚きました。
自然の力はすごいですね・・・。

| のび太 | 2011/12/15 18:05 | URL | ≫ EDIT

Re: 驚きました

私もこの砂嵐は想定していなかったのでとってもとっても驚きました。
自然の力って本当にすごいです。
ラダックに住んでいると自然の脅威を感じることが多いです。

> こんにちは。
> 日記を読んで驚きました。
> 自然の力はすごいですね・・・。

| jokosachi | 2011/12/16 13:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/620-5386e0f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT