FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仏教徒とイスラム教徒の間に起こった事件

悲しいお知らせです。

仏教徒とムスリム間に大きな問題が起こってしまいました。

昨日の夕方から夜にかけて、カルギル地域に属するムルベクに近いPho Karzongエリアで、ロサル(ラダックの新年)を祝っていた仏教徒がムスリムによって投石を受けました。

実際のロサルは12月25日から始まる予定ですが、地域によっては1か月前からロサルのお祝いを始める事もあります。

そのお祝いのパーティーをしていた仏教徒に対してイスラム教徒が攻撃をしかけたのです。

その時に特に重傷を負った一人(男性か女性かは確認できていません)が、レーの病院に運ばれて治療を受けています。

この事件のおかげで、今日はレーの街は全て閉まっていました。

学校までが半日休校になるなど異例の措置が取られました。

ラダックの仏教協会(LBA)はこの理不尽なイスラム教徒の攻撃に対して問題を取り上げるように、全ての店はクローズするようにと街宣車で触れ回っていました。

ポログラウンドでは仏教徒による大きなミーティングが行われ、昨日起こった事件以外のイスラム教徒との間に起こっている様々な問題についても議論が行われました。

レーの町の全ての角々には警察が待機していて、仏教徒とイスラム教徒の間に喧嘩が起こらないように見張っていました。

そのおかげかどうかレーでは今のところ大きな抗争は起こっていませんが、今回の問題はしばらく後を引きそうです。

ラダックがこのような問題でまさに燃えあがっているのは、とてもとても悲しいことです。

私たち家族は今日は午後遅くにピヤンゴンパに出かけてお祈りしてきました。

本当の平和がラダックに一刻も早く戻りますように、けがを負った人たちが一刻も早い回復をしますように。

関連記事
スポンサーサイト



| お知らせ | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/610-27fbe86c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT