fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢のような至福のひと時@別府

さて、別府訪問2つ目の目的は、私がカイラース巡礼の旅に添乗員としてご一緒させて頂いたお客様にお会いすること。

紳士で、パワフルで、知識があって行動力があって・・・言葉では表せない程大好きなお客様です。

昨年ラダックで偶然お会いするというすごい出来事もあって、運命のような御縁を感じるのです。

一目会いに別府に行きます!と伝えたところ、なんと別府2泊目は、水族館「うみたまご」と、賢すぎるお猿達のいる「高崎山」を経て超高級お宿にご招待を受ける運びとなってしまいました。

偶然にもこの日は私たちの結婚記念日でしたので、最高に贅沢で思い出に残る一日となりました。

水族館「うみたまご」で。
kanbe san kyushu (1) (338x450)
ポカーン

視線の先には海獣が。
kanbe san kyushu (34) (338x450)

トド(だったと思います)ショー。
kanbe san kyushu (26) (450x338)
創一は賢すぎるトドと握手もさせてもらいました。


うみたまごの次は、お猿の電車に乗って高崎山へゆきました。

kanbe san kyushu (25) (338x450)

人を襲わないすごいサルたち。
kanbe san kyushu (23) (338x450)
このかわいらしい赤顔君たちに、創一よりも私が興奮。

すごすぎるサルの生態について非常に興味がわきました。

私「すみません、高崎山のサルについて、何時に起きるとか、すべてのサルの名前とかそういった事をものすごく詳しく説明している本は売っていませんか」

店員さん「ごめんなさい、写真集しかうっとらんとよ」


この日の宿泊は別府湾に面した、絶景のお宿!!!!

専用の露天風呂、テラスから眺める月明かり、大きいリビング、もう何が何やらで、つい母にすごいところに泊ってるんだよ~と自慢の電話をかけてしまいました。

部屋などの写真を撮りまくりました。

リビング
kanbe san kyushu (21) (450x338)

オサレな和室
kanbe san kyushu (20) (450x338)

お祝いにといただいた熊さんもくつろぎ~
kanbe san kyushu (18) (450x338)

デスクもお洒落、でもすぐ散らかす私。
kanbe san kyushu (15) (450x338)

テラスも素敵
kanbe san kyushu (8) (450x338)

ふわふわなお布団とキティ柄の下着のおかげで熟睡の創一君
kanbe san kyushu (9) (338x450)

朝食ッ!
kanbe san kyushu (6) (450x338)


ちなみに創一はラダックで過ごしているうちにお風呂が大の苦手になってしまって、日本に帰って来てからも服を脱がすと泣き叫ぶという悲しい事態に陥っていたのですが、この部屋露天風呂でついに克服!!!

母、感涙の光景。
kanbe san kyushu (2) (450x338)
かき混ぜる棒が気に入った様子でした。

かき混ぜる棒、ラダックに買って帰ろうかな・・。

さらにちなみに、ヤンペルはイカとかタコとか貝とか、そういった類のものが苦手だったのですが、あまりに豪華な盛り付けに「これは美味しいのではないか?」と自ら進んで挑戦。

ヤンペル「おいしいです。ほんとおいしいです。」

・・・イカにタコにアワビ、全部克服~!!!!!

それにトロトロの牛肉!

ラダックどころかインドで不可能なお食事を大満喫した私たちでした。

(興奮ピークのため、写真はありません・・・。)


さらに次の日は、別府名物地獄めぐりに連れて行ってもらったのでした。


地獄めぐり
Japan visit 2011 (157) (450x338)

英語に訳すと
Japan visit 2011 (154) (450x338)

ヘルツアー!(字余り)
Japan visit 2011 (145) (450x338)

感謝、感謝です。
関連記事
スポンサーサイト



| ありがとうございます(涙) | 10:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

TV番組の「世界の日本人?』で拝見し、リポーターの平山あやが泣き出す位だから、秘境っぽいところなんだろうなぁと思い観ておりましたが、結構レーが都会っぽいので驚きました。以前から、ラダック等に興味があり訪問したいと考えておりましたが病に倒れて闘病中の身であるため、完治したらば再度計画したいと考えております。しかし、創一君の可愛さもさることながら、ご夫婦の無邪気さと天然の天真爛漫さを驚くのと同様に、このブログを拝見している内に涙する自分にも驚いております。どうかご無事で、更に楽しく幸せなご家庭を満足して生活できますよう存じ上げます。

| 狸爺 | 2011/10/31 08:04 | URL | ≫ EDIT

さちさん
すごいとこですね。地獄巡り行った事ありますよ、蔵王とか、地獄巡りとか、すごいですね!どこでもドアを使ってるんですか?私にも今度貸してください。夜勤中の休憩中に使います!

| ともみ | 2011/10/31 19:16 | URL |

どこでもドアほしいです!

どこでもドアは使用しておりませんが、夢のパス JRパスを使用しました。
この後、九州巡りを続け、愛知、静岡、そして和歌山バージョンもアップする予定ですのでお楽しみに!
どこでもドア開発お願いします、ドラえもんさん!

> さちさん
> すごいとこですね。地獄巡り行った事ありますよ、蔵王とか、地獄巡りとか、すごいですね!どこでもドアを使ってるんですか?私にも今度貸してください。夜勤中の休憩中に使います!

| jokosachi | 2011/11/01 07:15 | URL |

ありがとうございます!

狸爺様
はじめまして、暖かいメッセージ、本当にありがとうございます。
まず、闘病中でいらっしゃるとのこと、一刻も早い完治を心よりお祈り申し上げます。
ラダックは、空気も澄んでいて、空がきれいで、山もきれいで、私にとってはとても特別なところです。
平山あやさんは世界有数の悪路で知られるあの陸路で来られましたが、レーには空港もあって、デリーから飛べば1時間です。
あの悪路を経て、レーに到着、そしてレーの町で私を探して探して探しまくって、私を一目見た時に自然に涙が出たとおっしゃっていました。

テレビでも映っていたように、レーはこのあたりの地域の中では都会に入ります。
伝統的な文化や人々の温かさ、そして生活の不便さに触れると、日本に暮らす人にとっては秘境と感じられる方も多い場所です。
インドの秘境と言っても過言はないと思います。
ブログもご覧いただいたとのこと、ありがとうございます。
これからも皆様の応援を忘れず、家族一緒に幸せに暮らしていけたらと思います。

ありがとうございました!


> TV番組の「世界の日本人?』で拝見し、リポーターの平山あやが泣き出す位だから、秘境っぽいところなんだろうなぁと思い観ておりましたが、結構レーが都会っぽいので驚きました。以前から、ラダック等に興味があり訪問したいと考えておりましたが病に倒れて闘病中の身であるため、完治したらば再度計画したいと考えております。しかし、創一君の可愛さもさることながら、ご夫婦の無邪気さと天然の天真爛漫さを驚くのと同様に、このブログを拝見している内に涙する自分にも驚いております。どうかご無事で、更に楽しく幸せなご家庭を満足して生活できますよう存じ上げます。

| jokosachi | 2011/11/01 07:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/570-89e5b2fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT