FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カミナリおばさん、やってます

普段はニコニコと日本人妻をやっていますが、ときどき我慢できず凄いカミナリを落としてしまいます。

オフィスの前で創一とのんびりすごしていた時の事。

うちのオフィスの真向かいはジェネラルストア(インドのコンビニのようなお店)になっているのですが、そこにやって来た10歳ぐらいのぼっちゃんとお譲ちゃん。

いつも通り、チョコレートを買って、アメを買って・・・・ゴミを道にポイ。

これは、ラダックで良く見かけるとっても悪い習慣。

大人は注意しないんですね、このポイ捨て。

私の母はそういう事にとっても厳しく私を育ててくれたので、こういうマナー違反は絶対に我慢が出来ません。

「道路汚しちゃだめでしょ。そこのゴミ拾いなさいよね。」とやんわりやさしく注意する私。

ぼっちゃんとお譲ちゃんは一旦拾ったものの、数歩歩いてまたポイ。

・・・・・・何、その大人を小バカにした態度。

「拾いなさいって言ったでしょ!!!道路汚さないでって言ったでしょ!!!汚いでしょ、汚いでしょ!そのゴミを見なさい!!今すぐ拾いなさい、今すぐ今すぐ今すぐ!!!!!!今すぐ!!!!」

と、つい大声で叫びまくったため子供は恐れおののき、さっさとゴミをポケットにつめこみ逃げさってしまったのでした。

きっとあの子たちはこれからもゴミを捨て続けるのだと思います。

周りの大人がちゃんと徹底的に注意しないから。

親が悪いことだとちゃんと教えないから。

周りの大人たちも、こんな風に子供にカミナリを落とす大人を初めてみてちょっとびっくりしたと思います。

我が創一が「ゴミをポイっと捨てるのは、ものすごく最低に恐ろしく悪い事。」なのだと認識するには、私のゴミのポイ捨てに対する態度が一貫していることが大事だと信じているので、この恐ろしい態度は残念ながら絶対に変えれませんし、変えるつもりもありません。

そういえば、夫がティッシュペーパーを道にポイっとした時は、即「離婚」という言葉を持ち出したなぁ。

彼らには大したことないことでも、私にとってはその人の人格を決定する程の事なんだとわかって欲しいです。

悪いことは悪い、カミナリおばさんも時には必要なんじゃないかな。

・・・ねぇ創一君?

関連記事
スポンサーサイト



| 異文化体験記 | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/449-ca898b2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT