fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人参に感動


最近、ショックだったことがあります。

前から口を酸っぱくして、

「ナムカには甘いものをあげないで下さい。」

「ナムカにはチューインガムとか渡さないでください。」

と周りの人に懇願して暮らしてきました。

その甲斐あって、徐々に、「この子には甘いものをあげることはぐっと我慢しよう」という雰囲気になってきていたのです。

ところが、最近抱っこさせてー!と言ってくださったおじさまに創一を預け、5分ほど目を離していたところ、おじさま、チョコレートを創一の口に…。

子供は甘いものがもちろん大好きなので、創一もぺろぺろと舐め食べておりました…。

これには、母ショック。

歯磨きをすぐにしたけれど、私なりの変なこだわりがあって、とても悲しい気分でした。

いつもいつも甘いものばかり赤ちゃんに食べさせようとするラダックの人々。

赤ちゃんが喜んで食べる姿を見るのが皆様の幸せなのだとは重々わかっているのですが、これだけは私にとっては絶対に譲れないことなのです。

ところが今日!いつもカワ茶(ブラックティー)を飲んでいるレストランに行き、私はみさおさんとおしゃべり、創一はキッチンでおじさんに遊んでもらっていたところ、なんと創一が生の人参を持って嬉しそうにこっちにやって来たのです。

皮もむいていない、洗って半分に切っただけのただの人参だったのですが、私は大いに感動をしました。

これからもここに通い続けようと決意した、とっても衝撃的で嬉しい出来事でした。

ヤクテイルレストラン、大絶賛です!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト



| 異文化体験記 | 21:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ニンジン素晴らしいです!甘いもの、すごくよくわかります。甘いものをどんどん赤ちゃんからあげていますよね。
そして、甥っ子姪っ子に会うときは大量のお菓子を渡します、旦那。それ以外に渡すものがなく、みんなも喜ぶし、仕方ないかと思っていましたが、やっぱり駄目ですね!変だなと思う習慣は変だ!と言って行こうと思いなおしました。どうしたらわかってくれるかなぁ・・・

| 晴子 | 2011/06/09 00:29 | URL | ≫ EDIT

甘いもののほかに

どうしても、どうしても理解してもらえません。
厳しい母親だと周りには思われていると思います。
甘いもののほかには、携帯電話をおもちゃにさせて持たせるのもいやです・・・。
変なこだわりですが、これだけは譲れない…。やはり私は日本人です…。

| jokosachi | 2011/06/09 17:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/414-6bfba782

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT