fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヌブラ・トゥルトゥクで王宮発見


2泊3日で、夫ヤンペルがヌブラへ視察に行っていました。

今日の夕方帰ってきたヤンぺル、大興奮でトゥルトゥクの王宮初訪問したと大量の写真を送りつけてきて、私にとってはかなり衝撃的な素晴らしさだったので、皆様にも紹介します。

王宮 Yabgo Royal Palaceへの看板
20220422211739870.jpg

さすが温かいトゥルトゥク、もう緑が濃い。
20220422211730057.jpg

雰囲気はラダックというより、パキスタンのフンザに近い印象です。

王宮入り口
20220422213455832.jpg

入場料は100ルピーだったらしい。

20220422213446301.jpg


王宮の中のヤンペル
20220422211725997.jpg


20220422211721860.jpg
入り口と入り口の壁、独特で素敵な雰囲気が写真から伝わってきます。

20220422211717702.jpg
博物館にもなっています。

顔が切れていますが、この人が王子様らしい。
20220422211714963.jpg
ザ・トゥルトゥク名物、石の鍋(ドルトック)。

ラダックに越してきてから初期の数年、この石鍋をトゥルトゥクから買ってきて、いや難しいと、ヤンペルと喧嘩を繰り広げていたことが懐かしく思い出されます。


20220422211711358.jpg
・・・・・古い雰囲気の壁と木。

王宮中庭
20220422211656853.jpg

そして・・・・王様〜!!!
20220422211735274.jpg
めちゃくちゃわかりにくいですが、銅でできた蛇の杖を持っていらっしゃるらしい。

この方、ヤンペルも私も仲良くしているムスリムのマジードさんの義父だと判明。

ラダック中でいろんなご縁がつながっていて嬉しいです。




私もヤンペルも、今までこのトゥルトゥクの王宮の存在自体を全く知らなかったのが本当に悔やまれます。

大興奮ヤンペル、近いうちにこの素敵な王宮見せにあなたも連れてくと息巻いておりますが、ちょっと忙しいのでいつになるか。 (実は今回も一緒に行こうと誘われたのですが忙しくて無理でした。)


これからトゥルトゥクを訪問されるお客様には、ドライバーやガイドに伝えて必ずご訪問いただけるようにしたいと思います。

そして今回のヌブラ視察のヤンペルからのお土産は、この銅と真鍮のスプーンでした。
20220422211745313.jpg

ものすごくわかりにくいのですが、TURTUKと刻印されていて特別感あり。

王宮への小道で一本200ルピーで売られていたそうです。

ラダックに住んで12年経ちましたが、まだまだ知らないこと多いと実感。

これからもお客様に最大限楽しんでいただけるように素敵な場所をヤンペルと一緒に発掘したいと思います。


ーーーーーーーーーー


ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動し、その時点で自動的にポイント加算が完了しますので、ランキングサイトのページは閉じていただいて大丈夫です🙇‍♀️💦🙏)

①👇

②👇
クリックでの応援いつも、いつもいつも本当にありがとうございます!!感謝しております!
関連記事
スポンサーサイト



| 各地域の情報 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/3350-ac0fcc4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT