fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米麹完成


つい先ほど、数日かけて仕込んでいた米麹が完成しました。

ふわふわ、しっとり、極上の米麹ができてみんな大喜びです。
20220308210752911.jpg


20220308210801960.jpg

今回は800グラム弱の米麹ができあがりました。

今回もインドのバスマティ米で作っています。


日本米で米麹を作ったことがないのでなんとも言えませんが、バスマティ米は、粘り気がなくて、失敗する可能性が少なそうで、もしかしたら日本米で作るよりもむしろ米麹作りに最適かもしれません。

バスマティ米で作っても、バスマティ米の澱粉が、しっかりと麹菌のアミラーゼ酵素の働きによって分解されてブドウ糖が生まれ、十分すぎる甘味を感じられます。

いつも思いますが、もやし(麹菌)すごすぎる!!!

米麹の良い香りに誘われて「米麹ちょうだい」と寄ってくる息子たち。
20220308210810069.jpg


20220308210805973.jpg

米麹がすごく良い感じの甘さなので、お菓子と思っているようす。

写真に写っているのは直人ですが、創一も秋生もヒカルも、完成した米麹の前に列を作ってガブガブと食べまくっていました。

今回米麹を作ったのは、味噌を仕込むためと、醤油麹を作るため。

子供達がたくさん食べたし、味噌作りにも醤油麹作りにも、結構な量の米麹を使うので、創一の「甘酒作って」のリクエストにこたえるには残念ながら今回作った米麹では量が足りません。

米麹が出来上がるには、50時間以上発酵させる必要があります。

その50時間の間の一番のストレスは停電。

停電の時には別の方法で保温する必要があります。

それに加えて発酵させる準備段階である、お米を水につけて、水を切って、お米を蒸してという作業にも結構な時間がかかります。

ですので、米麹はなかなか頻繁には作る気にならない発酵食品なのですが、久しぶりに作って、子供達の反応を見て、やはり自家製米麹は最高すぎるということを再認識。

ということで、創一のリクエストに応えるべく、またすぐに米麹を作りたいと思います。

現在は、米麹の発酵完了と同時に、納豆の発酵をスタートさせています。

納豆の発酵が終わるのは明日の夜なので、そのタイミングで米麹の発酵が始めれるように準備したいと思います。

・・・ラダックでの発酵生活・・・・最高に楽しいです!!!

ーーーーーーーーーー

ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動し、その時点で自動的にポイント加算が完了しますので、ランキングサイトのページは閉じていただいて大丈夫です🙇‍♀️💦🙏)

①👇

②👇
クリックでの応援いつも、いつもいつも本当にありがとうございます!!感謝しております!
関連記事
スポンサーサイト



| ラダックでクッキング | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/3335-d8d8ac33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT