fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

理解不能なシステム


先週あたりから、長男創一、次男秋生、三男直人は、年度末の進級試験に取り組んでいます。

長男は大型の私立学校「Ladakh Public school」、次男と三男は、小規模な私立学校「Leh Valley school」に通っています。

いまだに全員の学校は封鎖中なので、特別措置の試験が行われています。

秋生と直人の試験は、オンラインで送られてきた問題を、オンラインで先生と繋がりながら時間以内に解いて提出というスタイルなのですが、長男の学校が実践している試験のシステムが、全く理解できません。

試験は毎朝ネット経由で送られてくる問題を、朝9時から10時の間に、ノートに書いて解く。

そしてその次の手順がいくら考えても意味がわかりません。

家で解いた回答を、10:00-11:30の間に、学校に生徒自ら提出に行くという驚愕のシステムなのです。

最初創一が「家で試験して、その後ノートを学校に持っていく必要があるらしいから連れて行って」とヤンペルに言ってきた時、ヤンペルも私も「それはありえないよね。もういちど先生の指示をしっかり聞いてみようか?」と言ったのですが、創一が再度確認してもやはり「学校に持って行くらしい」とのこと。

ちょっと先生の指示を見せてごらんと、一緒に確認したら、確かに「学校に提出に来るように」と指示が出ていました。

ということで、毎日毎日毎日、創一は学校にテスト用紙を持って出向いています。

家で問題を解くという時点で、しようと思ったら不正はいくらでもできるので、不正対策ではない。

先生が生徒がネット経由で送ってくる解答を採点するのがめんどくさいから?

でも今までもホームワークはネット経由送り続けていて、採点もされていたと思うんだけど・・・・。

学校から車で1時間以上離れた遠いところに住んでいる生徒もいるので、提出できる期限を10:00から11:30までと幅を設けるという素晴らしい配慮がなされているらしい。

(今はスクールバスなどもないから、お父さんとかお母さんが運転する車の中でもテスト解き放題だよね)

先生にノートを提出してサインするらしいのですが、1秒もかからないらしい。

この1秒もかからない提出のためだけに、ヤンペルやラクトゥプ君が創一を乗せて車で往復をしているのですが、この学校への往復が全ての仕事の完全なる邪魔になっているので、心の底からシステムの改善を希望します。


ーーーーーーーーー

ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動し、その時点で自動的にポイント加算が完了しますので、ランキングサイトのページは閉じていただいて大丈夫です🙇‍♀️💦🙏)



クリックでの応援いつも、いつもいつも本当にありがとうございます!!感謝しております!!




関連記事
スポンサーサイト



| ラダック式?子育ての事 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/3215-3da99782

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT