fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天才美容師か


昨日の朝起きたら、4男ヒカルの前髪が美しく切りそろえられていました。

20210729174533491.jpg

20210729174537622.jpg


なにこれ、髪の毛切る吉日の大イベントまでは髪の毛絶対切らない予定だったんだけど。

と思って、「誰かヒカルの髪の毛に何が起こったか知ってる人いないのーーーー!!??」と叫びまわっていたところ、秋生が「あ!!そういえば昨日の夜ヒカルがハサミ持って何かこそこそしてた、はさみ取り上げようとしたらギャーギャー言って逃げていってた」と教えてくれました。

・・・・ということはヒカル、自分で前髪散髪したらしい。

危ない、危なすぎるんだけど、天才的に上手にカットできてて凄すぎます。
20210729174543974.jpg

この髪型、ヒカルが切ったそのままで手直しなどは一切していません。

ちなみに我が子たちの初カットの記録は以下の通りです。


次男秋生 http://zanskar555.blog117.fc2.com/blog-entry-1681.html

(残念すぎた三男の初カット)


4男ヒカル、もう自分で切っちゃいましたが、できれば我が家恒例の「頭にパンをのせて切る儀式」を遂行したいと切に希望しています。

ザンスカールの伝統によると、できれば3歳で初カット、どうしても事情があれば2歳になったら切ってもいいらしい。

ヒカルは自己カットの1日前である27日に2歳の誕生日を迎えたばかりでした。

誕生日の翌日という凄すぎるタイミングでの神がかった自己カットでした。

(赤ちゃんなのにすでに自分の髪の毛を切るタイミングを完全に把握・・・まさかまた神童・・・? 吉日かどうかはちょっと忙しくて調べきれていないのですが、きっと吉日だったはず。)

ヤンペルによると初カットの儀式において一番大事なのは、なんと言っても「頭頂部の一掴み分の髪の毛」らしいので、前髪はまぁ・・・・ギリギリセーフということでノーカウントとしたいと思います。

ちなみにヤンペル、昨日の夜までヒカルの前髪に異変が起こったことに気づいていませんでした。

あまりに気づかないので、ヤンペルの目の前にヒカルの顔を持っていって「何か気づかないの?」といってもしばらく気づきませんでしたので「髪の毛みてよ髪の毛」というとようやく気づき、「ギャー」とか「ヒー」とか言いながら、私が勝手に切ったと勘違いして怒りながら「悲しすぎる、もう丸刈りにすれば!!!」と文句をいったりしていました。

まさかまさか、ヒカルの長い長い前髪を一番鬱陶しく思いながらも、髪の毛初カットの儀式を一番楽しみに待っていたのは、他ならぬ私でしたので、私もプチショックを受けています。

それにしてもヤンペルの鈍感力、いつもながら尊敬に値するレベルです。

----------------
ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動します)
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

にほんブログ村

いつも応援、ありがとうございます!!



関連記事
スポンサーサイト



| ラダック式?子育ての事 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/3143-172d3ff1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT