fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かーちゃん


ほぼ全ての会話が成り立つようになってきた4男ヒカル。

主にラダック語(いや、夫の故郷のザンスカール語かな)と日本語を喋り始めています。

観察していると、ほぼ五分五分の割合かなと思います。


ヒカルの喋るラダック語一例がこちらです。

行こう!という時はラダック語の「チェン」。

ドアを開けて欲しいという時はラダック語で「ぺー」など。

自分の意に反することをされた時や、文句を言う時は、どうして?とか何ーー?と言う意味の「チーーーー!」

なお、牛の鳴き声は、モーモーではなく、ラダック風に「ポーンポーン」で表現しています。




ちなみに、ヒカルの最初の発語は「パン」でした。

先週あたりから、「かーちゃん」と激しく言うようになり、私を探してはかーちゃんかーちゃんと言っています。

創一も秋生も直人もヒカルも私のことをかーちゃんと呼ぶので、ヤンペル不在の今、全員のかーちゃんコールが激しくなにかと忙しいです。

4男ヒカル、最近は知恵もついてきました。

私がヒカルのトイレのお世話関係で一番機敏に動くということを学び、尿意や便意を催していなくても、お尻を指さして「ぶりぶり・・・」と騒ぎ立てるのです。

普通に「かーちゃん」と呼んでも忙しい時はさっさと来ない、でもおしっこやうんちの時は何を差し置いても素早くやってくるということを理解。

騙しが頻発するので、もうかーちゃん騙されないよ・・・と思っても、「ぶりぶり・・」と激しく騒ぎ立てて熱演するのでつい騙されてしまいます。

私が来ないと、後ろを向いてお尻を指さしながら近寄ってくるので、抱っこしてトイレに連れて行こうとすると、その瞬間にくるっと前を向いて抱っこを要求し、「んーふー、んーふー」(ラダック語ではそれは違うという意味)と言ってトイレに行くことを拒否。

抱っこしてしまったら最後、それからしばらくは床に下ろそうとしても全力でしがみついて離れないので仕事がはかどりません。

上3人がそんな行動をしていた記憶があまりないので、4男ヒカルは息子4人の中で一番策士な気がします。


------------------
ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動します)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

にほんブログ村



いつも応援、ありがとうございます!!

ユーチューブでも少しずつ動画を紹介しています
これからもっと充実させますので、ぜひぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします ^^




関連記事
スポンサーサイト



| ラダック式?子育ての事 | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/2996-62c2ce3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT