fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牛に遊んでもらう我が子たち

我が家に隣接している空き地には、毎日必ず牛が草を食べにきています。


すごくわかりにくいですが、写真中央少し右に、牛一頭と我が子ひとりがいます。

20201102195344680.jpg

これまたわかりにくいですが、写真中央、壁の上に我が子一人がよじのぼっています。
20201102195337711.jpg


我が子たちはみんな大の牛好き。

ヒカルも牛が大好きですが、塀を越えて牛に会いにいくことができないので、上三人のお兄ちゃんに「アウ・アウーーー!!(牛ここに連れてきて)」と指示出し。

もちろん大好きな末っ子様のご要望に応えて、一生懸命三人で牛を追って、ヒカルの前に連れてきてくれました。
20201102195528080.jpg


ヒカル大喜び。


20201102195503701.jpg

ラダックザンスカールでは、牛を呼びつける時には「クシュー、クシュ〜」と言いながら指をすり合わせるのですが、ヒカルの血の中にもしっかりとそのルールが刻み込まれているらしく、クシュクシュと言いながら一丁前に指をすり合わせて牛を呼びつけていました。


牛を手懐けるため、畑に残っていた野菜の葉っぱなどを持ってきて、大量に牛にあげています。

本当は堆肥作りに使うためにヤンペルが残していたのですが、ヤンペルがザンスカールに滞在している今がチャンス、子供達は牛に思う存分葉っぱを食べさせていました。

20201102195508205.jpg

20201102195603419.jpg


牛のお尻にキャベツをのせて、もう一頭の牛が気づくかどうか実験中。
20201102195609320.jpg


なかなか気づかないので、ここにあるよと教えてあげる創一。
20201102195618056.jpg

毎日毎日牛に遊んでもらっているというかじゃんじゃん葉っぱをあげているので、牛も味をしめて、子供達がいるとさっさと寄ってくるようになりました。

もはや、この牛たちは我が家の葉っぱで育っている感じなので、我が家の牛として認定して、乳搾りでもはじめても良いのではないかと思うほどです。


------------------
ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動します)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

にほんブログ村



いつも応援、ありがとうございます!!

ユーチューブでも少しづつ動画を紹介しています
これからもっと充実させますので、ぜひぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします ^^



関連記事
スポンサーサイト



| ラダック式?子育ての事 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/2847-70a57ae2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT