fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

命はつながれてゆく


昨日はブログでお知らせした通り、次男あきおの誕生日でした。

実は数日前より、ザンスカールにいるヤンペルのお母さんの調子が悪いと言う報告を受けていて、ヤンペルは今日28日に家を出てザンスカールに向かうように段取りをしていました。

ところが、昨日の昼ごろ、実家にいるヤンペルの兄弟より連絡が入り、もういつどうなるかわからないから今すぐにザンスカールに向かうようにとのこと。

連絡を受けて数分で慌てて準備をしてヤンペルはザンスカールへと旅立ちました。

私にとっても大切すぎる存在であるヤンペルのお母さん、もちろん一緒に行きたいと思ったし行きたいとも言ったのですが、やはり私がザンスカールに行くと必要のない気遣いをどうしても実家のみんながしてしまうことになるだろうとのヤンペルの判断で、一緒に行くことは諦めました。

子供達も、大好きなおばあちゃんに、もしかしたら今を逃したらにどと会えないかもしれないと思い、一緒に行きたいと涙ながらに訴えていましたが、学校の進級試験があったりといろいろな事情があって諦めました。

昨日の昼2時すぎに家を出たヤンペル。

長時間のドライブ、ヤンペル一人での移動だったので、事故に遭ったりしないかとすごく心配していたのですが、日が変わる前、夜11時半ごろには到着したと今日の朝報告がありました。

実家に到着したヤンペルによると、一番深刻だった状態よりは少しよくなっているとのこと。

一緒に暮らしているヤンペルのお姉さんも、今日の朝ザンスカールに向けて出発し、まさに今山道を越えているとことです。

ヤンペルのお母さんはその歳にしてはすごく元気だったとはいえ、やはり高齢も高齢なので、ヤンペルも私もだいぶ前から覚悟はできていて、できることはしてきました。

その最たるものが去年の10月に決行した、ザンスカールでの私たちの結婚式。

結婚式以降、お母さんはいつも「これで悔いが無くなった」と言っていました。

私たちもお母さんも、大きな悔いは残らないとっても幸せな関係を築けていたのだと今改めて思います。

でも、できることならお母さんには以前のように元気になってもらって、もう一度だけ会って、ヤンペルを産んでくれてありがとう、私を大事にしてくれてありがとうと感謝を伝えたいと思うのも正直な私の気持ちです。

ヤンペルが出発してから、みんなで少し暗い気持ちで過ごしていましたが、せっかくのあきおの誕生日、ヤンペル抜きでしたが楽しくお祝いしました。

昨日の夜は、私が焼いたケーキを、デサルちゃんやティンレー君やヤンドルちゃん(この子もいとこです)、お姉さんと一緒に食べました。

20201027210649631.jpg


20201027210653148.jpg

20201027210656168.jpg

お祝いに、カタ(白い布)をかけてもらう秋生。

20201027210646434.jpg

ロールケーキにクッキーを並べて飾り付けしました。

20201027210632672.jpg


お昼はあきおのリクエストによりパンケーキ
20201027210642601.jpg

20201027210637264.jpg


お母さんからヤンペルへ、そして秋生へと、命がしっかりとつながれていて、これからもつながれていくのだなと深く感じた、そんな1日でした。

ヤンペルのザンスカール滞在、いつまでになるか全くわからないですが、大切なお母さんとの残された限りある時間、有意義に過ごして欲しいと思います。


------------------
ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動します)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

にほんブログ村



いつも応援、ありがとうございます!!


関連記事
スポンサーサイト



| 日々のつぶやきごと | 16:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/2842-d82a0c06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT