FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カレールーを作ってみた


インドに暮らす私ですが、いわゆるインドカレーよりも断然ダントツ1000パーセント日本のカレーが好き。

日本のカレールーをこよなく愛し、いただいたり日本から持ってきたカレールーを大切に使ってきましたが、残念ながら使い果たし、寂しい思いで暮らしてきました。

仕方ないのでしぶしぶ、インド出てに入る材料でカレールーを自作しようと奮い立ち、先日カレールーを作って、それでカレーを作りました。

ネットでいろいろ調べると、どうやら必要なのは、小麦粉、バター、スパイス、そしてマンゴーチャツネとのこと。

マンゴーチャツネはご存知アマゾンインディアで取り寄せました。

ひと瓶225グラムで140ルピーでした。

100パーセントナチュラルと書いてあって、瓶の雰囲気も良い感じ。

チャツネじゃなくてチャンダと書いてあって果たして私が求めている正しいものか全くわからないけど、まずは果敢に挑戦してみることに。

20201022210427500.jpg

スパイスはおなじみ、すでに複数のスパイスが調合されたガラムマサラを使用。

適当な性格なので、適当に材料を炒め合わせ、ルー作りが完了。

20201022210423981.jpg

このルーを使って、できたカレーがこちら。

20201022210144983.jpg

具は、庭から掘り出した大量の人参と玉ねぎ、寂しいながら以上です。

「あの素晴らしく美味しい日本の企業が血の滲む努力を経て作ったカレールーに比べたら、絶対美味しく無いから覚悟して食べてね」とみんなに事前忠告をしてから食卓にだしました。

そういうと、子供達は皆「えー、日本のカレールー入ってないの・・・」と心から残念がっていました。

私の心の奥底の本音を言うと、「手作りよりもなんでも日本の既製品が美味しい」と思っているので、みんなと同じく、カレールー入ってないと美味しく無いんじゃ・・・と思っていました。



それが、まさかの大逆転。

子供達のおかわり止まらず、美味しすぎると食べまくる。

私も確かに日本のカレーの味に近い再現率だと思いました。

成功の秘密は、やはり思い切ってカレーを作るために取り寄せたマンゴーチャツネだと思います。

このマンゴーチャツネが甘さと独特のスパイス感を加えてくれたのだと確信。

今後はカレールーなしでも、大喜びでカレーを作ることができます。

なんでも挑戦して見るのが吉!と久しぶりに思いました。



------------------
ブログのランキングに参加しております。 
もし可能であれば、1日一回下のバナーふたつをクリックして応援していただけると、ポイントがたまって順位が上がってたくさんの方に読んでもらえる可能性が増えるので、大変嬉しいです。
(ボタンを押すとランキングサイトに移動します)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

にほんブログ村



いつも応援、ありがとうございます!!


関連記事
スポンサーサイト



| ラダックでクッキング | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/2840-69983017

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT