ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インド家族旅行 2回目のゴア編


1月2日

コチンからマンガロールへ。

ヤンペル、やはり手が痛いらしい。

ヤンペルは我慢強い性格なので、痛いと言っているということは相当深刻な状況なのだろう。

マンガロールの空港から一人でデリーに戻って治療を受けたいと言っている。

もちろん思うようにしてほしいと伝えるけれど、ヤンペル抜きで私たちが旅行することを心配している。

とりあえず病院に行くように勧める。

病院では重いものは持たないようにすれば旅を続けてよいと言われ、一緒に旅を続けることになる。



1月3日

ゴアに向かう。

海好きのヤンペルが帰りもゴアによりたいと言っていたからだ。

ゴアでは2泊することに決めた。

1泊目は南ゴアMajorda Beachの近くの安宿。

前回のゴアで海がトラウマとなった創一は、ビーチに行くのを最初嫌がっていた。

しかし、海に到着したとたん、すべて忘れて大はしゃぎしていた。

P_20180103_162703_R.jpg

P_20180103_162732_R.jpg

P_20180103_162651_R.jpg

ヤドカリをクショに見せる直人
P_20180103_165355_R.jpg

ヤンペルはゴアに着くまでしんどそうにしていたけれど、ビーチについたとたん、創一と同じようにはしゃぎまわっていた。

海の幸とビールをビーチで楽しめば、痛みのことなど忘れるらしい。


子供たちは疲れて爆睡
P_20180104_055123_R.jpg



1月4日
北ゴアのAnjuna beachに移動する。

この日は素敵なホテルに泊まる。

P_20180104_124333_R.jpg
ビーチもいいけれど、ホテルのプールも楽しい。

バルコニーでスイカを食べる子供たち
P_20180104_133603_R.jpg

センスの良いお部屋に感激
P_20180104_134004_R.jpg

もしまたゴアに来ることがあれば、絶対にこのホテルに泊まりたい。

午後、中も外も砂だらけになった車を洗車に出す。

その間、近くで見かけた移動式サーカスと遊園地に出かける。

P_20180104_181301_R.jpg
まさに手作りのサーカス。

ダンボの世界だ。


P_20180104_181738_R.jpg

P_20180104_181821_R.jpg





P_20180104_182630_R.jpg

P_20180104_183424_R.jpg

この旅行中に一度はサーカスを見たいと思っていたので、ゴアで見ることができてラッキーだった。

サーカスが終わった後は、隣の遊園地に移動する。

移動式の遊園地だけれど、思ったよりも本格的だ。

スリル満点のバイクと車のショーは、一人50ルピー(90円ぐらい)。

入場料はヤンペルと私と創一の3人分で良いと言われた。



こんなにすごいショーなのに、入場料が安すぎると思う。


創一と秋生とヤンペルは、観覧車に乗る。

P_20180104_190605_R.jpg

回転が異常に早い。

観覧車は直人は年齢制限で乗れないので、二人で赤ちゃん用のジェットコースターへ。

P_20180104_185913_R.jpg

P_20180104_190200_BF_R.jpg

みんなでマジックショーも見に行った。
P_20180104_191211_R.jpg

生演奏のドラム、明らかに手作りの小道具や大道具、次から次へと惜しげなく披露されるマジック。

素晴らしいショーだった。

ただ、マジシャンが真っ二つになったところでショーが終わりとなったため、子供たちはマジシャンが死んだと思って恐ろしがっていた。

一人50ルピーx3名分の見学料では安すぎると思う。

最後は車のアトラクション。

P_20180104_194418_R.jpg
予想外にも、手回し式だったので私も回してみた。

今日も忘れることのできない思い出に残る一日となった。

移動式サーカスや遊園地を見かけたら、次も絶対に立ち寄ろうと思う。


ブログのランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 家族旅行の記録 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/2159-76a428f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT