ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クマ怖い


ザンスカールにある夫の実家のトイレは、生活をする部屋から大変離れています。

一旦玄関から外に出て、2階へ上がって、さらに奥の方にあります。

当然水洗トイレではなく、ぼっとん式であることは全く私たちにとっては問題ではありません。


問題はクマ。


実家の皆さまが、口々に「深夜にクマが来る」「朝起きたらロバが玄関前でクマに殺されていた」「クマにガラス割られないように鉄格子取り付けた」などと言っていらっしゃったのを思い出しては、冗談ではなくちびりそうになりました。

激しくお腹を壊していた一家5人は、ひっきりなしに夜じゅうトイレに通っていたのですが、トイレにはなぜか一切電球が設置されていないので、トイレを開けるたびに、クマが飛び出てくるのではないかと大緊張でした。

実家の皆さまによると、ザンスカールに生息しているクマ様は人間さながらの大変良い頭脳をお持ちでいらっしゃるらしい。


深夜人間が寝静まった頃、ドアをあけて家の中に侵入。

アラック(ザンスカールの焼酎のようなお酒)の瓶のふたをあけ、がぶがぶ飲むx5本。

ご丁寧にちゃんと飲み終わった瓶のふたをすべて閉めて退出していたそうです。

本当に犯人はクマなのか?、近所のおじさんの犯行ではないのか?と質問しましたが、絶対にクマの犯行だと全員一致の意見でした。


地域全体で管理している穀物庫にもクマ侵入。

大麦の粉や豆などが入っている袋を引き裂き、混ぜて、がつがつ食べ、満腹になったらドアをちゃんと閉めて退出。

ちゃんとドアを固定する部分も閉めていたそうです。


頭脳派のザンスカールグマ怖すぎる!!!



夫の実家のあるホンチェット村

PA230502_R.jpg

ロバだらけ、動物だらけなので、クマが襲いに来るのもうなづけます。
PA230509_R.jpg


夫のお母さん
PA230507_R.jpg


こグマではなく我が子
PA240618_R.jpg



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑我が家のクマ

応援よろしくお願いいたします m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

| ザンスカール | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1994-d7a35e0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT