ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラダック料理のレストランがオープンしました


Hidden Himalayaのオフィスの近くに、ラダック料理の簡易レストランができました。

P_20160705_124908_R.jpg

看板には、堂々と「ラダック料理」と書いてあります。

チベット料理を出すレストランは、レーにはたくさんあるのですが、地元料理の極みである「ラダック料理」は実はレストランではお召し上がりいただくことがほとんどできないのです。

このレストラン、というか食堂と呼んだほうが良いでしょうか、中は非常に簡単な作りです。

日本の立ち食いスタイルを彷彿とさせる雰囲気。
P_20160705_125100_R.jpg

日本で旅行会社に勤めていた頃、仕事帰りに一人で立ち飲み屋に出没していたのを懐かしく思い出しました。


これまた簡易なキッチン。
P_20160705_125053_R.jpg


メニュー
P_20160705_124950_R.jpg

値段が一切記載されておりません。

また記載してあるメニューは一切用意できないという適当ぶりでしたが、次から次へと常連客(地元のお兄ちゃん)がやってきていて、なかなか繁盛している様子でした。

私はパバ&タントゥルか好物のテントゥクと迷った末、無難なテントゥクを選択。

P_20160705_130558_R.jpg

シェフが玉ねぎを焦がしたらしく、黒いものが大量に浮いていたのが若干気になりましたが、それもご愛嬌。

大変おいしくいただきました。


ちなみに、パバ&タントゥル。

ラダックザンスカールの人たちの魂を震わせる、真のソウルフードです。

P_20160705_131331_R.jpg
隣の人たちが大喜びで食べていたので写真を撮らせてもらいました。

真ん中がパバで、白いのがタントゥル。

たぶん相当なことがない限り、これを観光客の方が口にすることはないと思われます。

ヤンペルも子供たちも、親戚の皆様も、みんなみんなこれが大好きです。


ザンスカール人の妻ですから、私もこれが大好きです!

と申し上げたいところですが、正直申し上げまして、私はそれほど積極的には食べません。

さらに正直に申し上げますと、親戚の前では、おいしがっているふりをして頑張って食べます。


パバタントゥル、是非日本の皆様にお試しいただいて、感想を聞きたいです。


--ブログのランキングに参加しています--

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

お手数ですが、応援よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| ラダックのレストラン | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1878-a4081f29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT