ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪の宿はあげれない


今オフィスにおります。

お客様が日本から持ってきてくださった私の大好物「雪の宿」を食べながら猛烈に業務にいそしんでおります。


ギャツォさんに一袋(2枚入っている小さい袋)、ヤンペルに一袋、断腸の思いで 差し上げました。

あとは全部私が食べます。


最近は隣の八百屋兄弟に私の甘いもの好きがバレバレで、朝の出勤時、私が手におやつを持っていないかどうか、ものすごいチェックしてきます。

一昨日はラダック産のマドレーヌみたいなのが売られていたので、10個100ルピーで購入してオフィスに持ってきました。


P_20160629_120217_R.jpg



出勤する私の手にマドレーヌの袋が握りしめられているのを見た八百屋さんに手招きで呼びつけられて、半分ぐらい奪われました。


でも問題ありません。


奪われたと大げさに書きましたが、断食中でおなかを減らしている八百屋兄弟が大喜びでマドレーヌを食べる姿は大変ほほえましく、むしろもっと食べていいよと追加で差し上げたぐらいです。

10個のうち1個は私、1個はギャツォさん、あとは八百屋兄弟がお召し上がりになりました。

問題ありません。


自分が手作りしたお菓子とか、ラダックで買ったケーキとかであれば、隣の八百屋さん兄弟に惜しみなく差し上げることができます。



でもごめんなさい、雪の宿はカケラたりともあげれない。



オフィスの机の上にうっかり乗せて置いておいたら、八百屋さんに見つけられて間違いなく6袋ぐらいは持っていかれるので、かばんの奥底にひそませておきます。



なんと心の狭い・・・と罵倒されても、ごめんなさいこれは私の大好物なのであげれません。


--ブログのランキングに参加しています--
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


ぽちっと応援していただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


関連記事
スポンサーサイト

| 日々のつぶやきごと | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1864-af3002ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT