ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花の民さんもお迎えに


毎日16時30分に、創一と秋生の学校が終わります。

最近私は忙しくて、ほとんどギャツォさんや夫ヤンペルに迎えに行ってもらっていたのですが、2日前は仕事の合間の時間ができたのでお迎えに行ってきました。


そしたら、秋生のクラスのお迎えに花の民さんが来ていました。

P_20160613_162535_R.jpg


P_20160613_162609_R.jpg


P_20160613_162614_R.jpg

頭にのせていらっしゃるのはほおずきやお花。

三つ編みも豪華で格好いい花の民さん。

花の民さんもお子さんのお迎え。

外国人母の私もお迎え。


創一と秋生が通う学校には、イスラム教徒の子ども、仏教徒の子ども、ヒンドゥー教徒の子ども、キリスト教の先生、チベット語を教えるお坊さんの先生など、本当にさまざまな人が入り混じっています。

ですが、多数少数関係なく、それぞれ自分の宗教や文化に従って、ストレスなく好きなように過ごしているように感じます。


いろんな子どもが通っていて、いろんな母親がいるけれど、みんな気楽な感じでいい感じだなぁなどと花の民さんを見て改めて思いました。



--ブログのランキングに参加しています--

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

更新の励みになりますので、お手数でなければ応援よろしくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト

| ラダック式?子育ての事 | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1842-ba993a61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT