ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カルギル出張の収穫


4月17日、18日に決行したカルギルのお花見調査。

充実の情報収集と美しい写真を撮れたことは、それはそれはHidden Himalayaにとっての大きな収穫となりました。

そのお花見に関する収穫とは別に、カルギルに出張に行ったことは我が家にとって大きな収穫でした。

それは、卵。

レーでとっくの昔に売り切れた卵が、カルギルではまだ販売されているらしいという素晴らしい情報を聞きつけ、探し回ったところ本当にありました。

P_20160425_125614_R.jpg

卵を売っていた男の子は、私を見て「新鮮卵だよ」と言いましたが、どこから運んで来たのと聞いたら、即答で「レー」と言っていましたので、間違いなく4-5か月経った卵です。

確かに私は外国人だけど、もうラダックの冬を7回も越しているのですよと言いたい気持ちをぐっとこらえて、1トレイ購入。

同行してくれていたドライバーさんは2トレイ購入し、みんなで意気揚々とレーに持って帰ってきました。


ということで、久しぶりに卵を手に入れた私は、狂ったようにお菓子作りを楽しんでいます。


カルギル卵たっぷりのマドレー
P_20160423_173626_R.jpg

P_20160423_182605_R.jpg


パイナップルパイの艶出しに大活躍のカルギルの卵
P_20160421_113044_R.jpg


カルギルの卵が入ったオールドファッションドーナツは、ふわふわ。
P_20160425_125218_R.jpg


他にもパウンドケーキにクッキーにと使いまくっていたら、もう10個ほどしかなくなってしまいました。

2トレイ購入するドライバーさんを横目に見ながら悩んだ結果、もうすぐ道があいて新鮮な卵が到着するのを見越して、1トレイしか買わなかったのが悔やまれます。

あと1週間ほどしたら新鮮卵がレーに来ると信じて、のこりわずかなカルギル卵をじわじわと消費したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

| 異文化体験記 | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1756-e5eda748

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT