ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギャツォさんのパスポートいずこ



衝撃の事実に、大変驚いております。

昨年から申請の手続きをしているギャツォさんのパスポート。

確認のために何度もカルギルやザンスカールにギャツォさんが直接出向いて、ようやくあとは発給されるのみとなっていました。


ところが、大問題発生。

ついにパスポートが発給されたとギャツォさんあてに電話でお知らせがあったそうです。


その内容は、ギャツォさんの本籍はザンスカールであるので、絶対にザンスカールで受け取らなければいけない、とのこと。


ギャツォさんは冬の間レーに滞在していて、ザンスカールにはいません。

「ぼくはレーにいるのでレーで受け取らせてほしい」とお願いしたらしいのですが、それは規則上無理と取り合ってもらえなかったそうです。

そのパスポートがどうなったか。


なんと、配達人がチャダルでほかの郵便物と一緒にザンスカールへと配達することになったのだそうです。


ザンスカールの人でさえ川に落ちたり、荷物が水に全部落ちて丸ぬれになったりする、何が起こるかわからないのがチャダル

ザンスカールにギャツォさん本人もいないことがわかっているのに、チャダルでパスポートを運ぶなんて、本当に意味が分かりません。

そもそも冬の間に、不定期とはいえザンスカールへの配達サービスがチャダルで行われていたことにも驚愕です。

配達人が川に落ちたりしたら、だれが責任とるんだろう、まったく。


そんな話をギャツォさんとしたのが約3週間前。

3週間たった今現在も、どこにギャツォさんのパスポートがあるのか、残念ながら不明です。

ギャツォさんのパスポート、ザンスカールにあるのでしょうか、それともレーにあるのでしょうか、はたまたインドに戻って行ってしまったのでしょうか。


とにかく、いつかギャツォさんが無事にパスポートを受け取る日が来ますようにと祈るばかりです。

関連記事
スポンサーサイト

| 異文化体験記 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1719-d138626e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT