ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北海道へ行ってきました --十勝そして夕張へ--


楽しい思い出とともに富良野を後にして、私たちが向かったのは十勝。

十勝はまきばの家というところに泊まりました。

ここでは牧場ステイを楽しみにしていたのですが、寒い季節に突入していたので、期待していた羊ずらーっ、牛ずらーーっは残念ながら見れませんでした。


まきばの家では1棟貸しのコテージに宿泊。

あまりにも素敵なコテージだったので、ヤンペルは大興奮で細部を写真撮影し、間取りをメモするようにと指示。

ヤンペル「冬用の小さい家をこんな風にラダックに建てる!」

メモしたり細部の写真を撮ったりするので忙しく、残念ながら素敵なコテージの写真を撮るのを忘れました。


完全にオフシーズンで散歩の雰囲気ではありませんでしたが、雪の積もる牧場内の散歩を決行。

P_20151202_151318_R.jpg


P_20151202_151306_R.jpg


P_20151202_155226_R.jpg


すると目の良いヤンペルが「遠くに羊が大量にいる!」と言うではありませんか。

早速行ってみるとなんと1000匹の羊。


小屋で飼育されている羊にちょうど餌をあげる時間だったので、牧場のスタッフさんに頼んで見学させてもらいました。
P_20151202_153230_R.jpg

P_20151202_153151_R.jpg

ヤンペルは、「ザンスカールにも、ひつじがいます。わたしのいえにもひつじがいます」とスタッフさんに自慢していました。


そしてお楽しみの夕食。
P_20151202_183937_R.jpg

おいしい鉄板焼きでしたが、カキの殻が大爆発したため恐ろしい思い出となりました。


食後のデザートは

P_20151202_201819_R.jpg

P_20151202_201309_R.jpg

季節外れの花火。

宿の方が、売れ残った花火をくださったのです。

極寒の花火大会、一生の思い出です。


十勝で一泊した後は、夕張へと向かいました。


夕張ではユースホステルに泊まったのですが、私にとっては3回目、母にとっては2回目という思い出深い場所。

ここに家族で再訪できるなんて・・・と感無量でした。

P_20151203_181157_R.jpg


P_20151204_064131_R.jpg


P_20151204_064100_R.jpg

思い出の地を巡る北海道の旅、本当に幸せでした。

関連記事
スポンサーサイト

| 日々のつぶやきごと | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1690-c4c425f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT