ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

創一 危機一髪


7月中旬、長男創一の通う学校で試験があり、その後約2週間の夏休みでした。

夏休み用に、もちろん宿題がたくさん出ていたのですが、いくらせかしてもサボって遊びまわっていた創一。


私ももうちょっと厳しくせかした方がよかったのかもしれませんが、試験の結果を受け取りに学校へ行ったとき、担任のモニカ先生に宿題の詳細について尋ねたところ、「あーー、宿題はこれとこれと・・・。でも子供だし、夏だし、宿題せずに遊びなさーーい」と言われ、「・・・そんなもんなのね、しなくてもいいのね」と甘く考えていました。

休み明け、学校に意気揚々と登校した創一ですが、学校が終わって帰ってくるなり、「クラスの半分ぐらい提出してた、宿題をしたノート持ってきて無かった人は先生に怒られた」と青い顔をして私に助けを求めてきました。



・・・先生宿題せずに遊べって言ったよね・・・・あれ冗談だったんだね、怒怒怒怒。

創一「先生には宿題やったって言っちゃったから、明日までに全部やって、先生に提出する」。


創一も宿題を全くしなかったわけではないのですが、しても適当な紙に書いたりして、提出できるようなものではありませんでした。

ですので、2週間でやることを全くのゼロの状態から、夕方から翌日の朝までにやろうとするド根性創一。


宿題の内容は以下の通り。

・数字を50から1まで書くのを1ページx5回

・筆記体でoneからfifteenまでを1ページx5回

・ヒンディー語のアルファベットを1ページx5回

・3文字の英語の単語(ant、bat、catなど)を5回

・チベット語のアルファベットを1セットx5回


「母ちゃん手伝って(そばで追い立てて)」という創一の懇願を聞き入れ、そばで「ハイ、次、ハイ次ーーーッ、休憩しないーーーッ!」とげきをとばしましたが、到底一晩では終わりません。

その夜に、大雨が降ったのです。

終わらなかった宿題ノートをもって、創一は青い顔をして学校に行ったのですが、なんと大雨のせいで休校に。


帰ってくると「、今日一日で宿題終わらせる!」と、丸一日ひたすら宿題をして

DSC_0582_R.jpg


DSC_0584_R.jpg


DSC_0585_R.jpg


DSC_0583_R.jpg


DSC_0586_R.jpg



ついに夕方宿題完成。

その間ずっとげきを飛ばし続けた私は、くたくたでした。

その甲斐あって宿題が終わった時には、「母ちゃん、ありがとう・・・」といつになく感謝されました。


その翌日、創一は嬉々として登校したのですが、大雨の甚大な被害を受けて、なんと一週間の休校になったとの張り紙が学校のゲートに張り出されていました。


創一「昨日全部やらなくても良かったね」

母「・・・・・・・・」


ということで昨日休校があけたので、宿題のノートを提出したそうなのですが、誰よりも褒められたらしく、それはそれは得意気に帰ってきました。

この経験を肝に銘じて、次の休みの宿題はたとえ先生にやらなくてもいいと言われても、ちゃんと計画をたてて親子で取り組もうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

| ラダック式?子育ての事 | 12:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いろいろアクシデントがありつつも
無事宿題が終わって良かった!ですね!!^^

…母もこれは大変でしたね… 経験あります、、
おおいにあります…

そして!
創一くんの字のなんと美しくくっきりしていることか!
ちょっとびっくりしました…




| 蔵西 | 2015/08/11 12:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1622-866df8ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT