ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヴィエンチャンの思い出


さて、久しぶりになってしまいましたが、タイ・ラオス旅行記の続きを掲載したいと思います。

荷物がなくなったりと、大慌ての一行。

プチぼったくりにもあって、少々疲れた私達でしたが、ヴィエンチャンで足マッサージを受け、おいしいものを食べまくり、一気にテンション復活。

特にラダックでは不可能なおいしいフレッシュジュースに大興奮。

Thai and Laos 2015 Jan (142)

寝る秋生、はしゃぐ創一
Thai and Laos 2015 Jan (141)

マンゴージュース、スイカジュース、バナナジュース・・・。

Thai and Laos 2015 Jan (144)


嗚呼、今すぐ飲みたい・・・・。


そして私達が気に入ったのは、このピザ屋さん。

Thai and Laos 2015 Jan (147)


薄焼きの生地で、具もたっぷり。

薪の本格的な釜で焼かれたピザは美味しすぎて2回も通ってしまいました。


このフレッシュジュースとピザにありつくためだけにまたヴィエンチャンに行ってもいいとさえ思う私でした。

ヴィエンチャン滞在は1泊のみ。

そして目指すはラオスの古都、世界遺産ルアンパバーン。


寝台バスの席を大人分3席予約し、いざ出発。

バスに乗り込むと、全席ベッドみたいになっていて感動、これなら10時間大丈夫だわと意気揚々の私。

Thai and Laos 2015 Jan (148)


Thai and Laos 2015 Jan (149)



Thai and Laos 2015 Jan (150)


子どもたちもバスに揺られて熟睡するわ・・・と思っていたら大誤算。

尋常でなく横揺れるバスに、創一が悪夢を見たのか狭い空間で転がりまわる。

秋生の上を創一が転がって、秋生もうなされギャン泣きしたりと本当に地獄のような10時間でした。

ヤンペルも私もほとんど一睡もせずにルアンパバーンに到着したのでした。

そもそも大人三人と創一と秋生で3席で足りると思っていたのが大間違い、ケチらずに余裕を持って席を取ればよかったねと猛省。

そんな両親の苦労も知らず、寝台バスに乗ったことがとっても思い出に残った創一。

「寝るバスすごかったね!!!あのバスだいすき、また乗りたいまた乗りたい!!」

父母「・・・・・・・・・・創一のうなされがなかったらもうちょっとマシな10時間だったよね・・・・・」



関連記事
スポンサーサイト

| 異文化体験記 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1513-c8356a18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT