ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウドンタニの思い出


私達が立てた旅の計画はただひとつだけ。


「タイとラオスに行く」ということだけ。

なぜタイとラオスか。

理由は簡単、タイとラオスは夫ヤンペルが事前のビザ取得なしで簡単に訪問できる国だから。

それ以外はいつどこにいくとか全く決めていませんでした。

できればラオスの古都ルアンパバーンに行けたらいいなぐらいの超適当な計画。

本当はバンコクからラオスの首都ヴィエンチャンに夜行バスで向かう予定だった1月24日。


ところが、お客様より「今の時期にしか見れない絶景が私達の行き先と同じ方向にある」と素晴らしい情報を頂いたのです。

それが「ウドンタニ」だったのです。

それは是非いかなければ!ということで、夜行バスの行き先をウドンタニに変更。

早朝ウドンタニに到着し、トゥクトゥクをチャーターして向かった先はとある池。

Thai and Laos 2015 Jan (112)

この時期にしか見ることのできない絶景に出会うため、池に到着後はボートをチャーター。


私達をのせたボートは
Thai and Laos 2015 Jan (114)


池の中へ中へと
Thai and Laos 2015 Jan (115)



進んでいきます。


Thai and Laos 2015 Jan (116)


Thai and Laos 2015 Jan (124)


おわかりいただけるでしょうか。
Thai and Laos 2015 Jan (123)


池一面に咲く蓮の花が・・・。

Thai and Laos 2015 Jan (125)


Thai and Laos 2015 Jan (135)


Thai and Laos 2015 Jan (133)


Thai and Laos 2015 Jan (131)


Thai and Laos 2015 Jan (126)


Thai and Laos 2015 Jan (132)


携帯電話のカメラなので、あまりよく写っていないのが残念ですが、この光景には心から感動、感激。

Thai and Laos 2015 Jan (140)

天国?
Thai and Laos 2015 Jan (139)



蓮の花が美しく咲くのは日の出から11時頃まで。

タイミングもピッタリで、一番美しい状態の蓮の花を堪能することができたのでした。


こんな素晴らしい絶景の情報を教えてくださったお客様に、またまた感謝。



そして私達はウドンタニからヴィエンチャンへの国境越えローカルバスに乗り込んだのでした。


さて、次回の記事では、一行がこの旅最大のハプニングを迎えます、乞うご期待!!


関連記事
スポンサーサイト

| 異文化体験記 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1509-a3b31f76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT