ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とっても気の利くヤンペル君 


レーで病院に入院する時は、ベッドとシーツ以外は、基本的にすべて持参です。

毛布、枕、病院で食べる3食、さらには必要な薬や注射器なども、全て誰かに持ってきてもらわないといけません。

手伝ってくれる人がいないと、ラダックでの入院は絶対に無理です。



看護婦さんやドクターの指示に従って薬や注射器を買ってきてくれるのは、ギャツォさんがしてくれていました。


夫は自宅で息子2人の世話と、入院中の私へのことづけものを用意してくれていました。


ヤンペルが用意したものが摩訶不思議すぎて、あごが外れそうになりました。

・歯ブラシ

歯ブラシのストックはたくさんあるのに、やんペルが私に選んだのは、秋生のためにストックしていた乳児用の歯ブラシ。

インドの歯ブラシは日本の歯ブラシよりもサイズが大きいです。

私が乳児用の歯ブラシでせっせと歯を磨いていると、周りにいた全員がものすごいじろじろ見てきました。

ヤンペル、家で私が歯ブラシをしているところを見たことがないはずがない。

乳児用の歯ブラシなんて秋生以外に使ったことがないのに、妻が弱っていることをいいことに小さな嫌がらせか?


・食事

入院前3-4日と入院の初日は、食欲が全くなかった私。

それでも食べないといけないので、ヤンペルにおかゆを作ってもらって、ギャツォさんに届けてもらっていました。

退院する直前、ようやく固形物を食べる気になったので、ヤンペルが「何かリクエストはないか」と聞いてきてくれた時に「日本米とのりだったら、ちょっとだったら食べれるかも」と電話でリクエストしました。


そして届いたのは、この入れ物。

f1dd320a12088e7b57513bc89fdf03ef_R.jpg

この大きすぎる入れ物いっぱいに、ぱっさぱさのインド米がぎゅうぎゅうに詰められていました。

3-4人前はありました。


ヤンペル「日本米の炊き方自信なかったし、ギャツォさんも一緒に食べるかと思って」


そして添えられていたのは、まさかの超でかい全型の韓国のりひとパック。


私が韓国のりをそれはそれは大切にとっておいたのをヤンペルは覚えていたのでしょう。

入院中の妻に、私が食べるのを楽しみにしていた韓国のりを食べさせたいと思ったのかもしれない優しすぎるヤンペルの気持ちが伝わってきて涙がちょちょぎれました。

韓国のり、楽しみにしてただけあってそれはそれはものすごく美味しかった。

でも、小さいサイズののりも大切にとっておいていたし、入院してる時には小さいサイズののりの方がだいぶ食べやすいんだけどなぁヤンペル君。


ものすごい大きなのりは、ラダックの人たちには黒い紙に見えたらしい。

隣のベッドのおばさまと付き添いの人たちが「あれまー、黒い紙食べてるよ・・・」と話しているのが聞こえてきました。


ちぎってものりが大きすぎて、直においているように見えますが、下にお椀があります。
5e121132eb1ea7b4ef5654fb5a6e4eea_R.jpg
食事のための机みたいなものは当然ありません。

ですので、こぼさないように注意して食べる必要があるのですが、最新の注意を払っても大きいのりは食べるたびにこごれが飛び散ってベッド中がのりだらけになりました。


ヤンペル、なんて気の利く夫なんだ!!!!!!!!!!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト

| 異文化体験記 | 15:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

優しいご主人ですね。

初めまして!

入院は大変でしたね。
そんな時、家族の有難さが分かり良かったですね。
いつも幸せそうな家族の様子がブログから伝わりほのぼのします。
ありがとうございます。

ラダックに近い将来行く楽しみが出来ました。
お会い出来るのを楽しみにしてます。

| Sunanda k | 2014/03/12 19:28 | URL | ≫ EDIT

Re: 優しいご主人ですね。

はじめまして、ラダック在住の上甲です。
ラダックでの入院は、本当にカルチャーショックなことが多くて、なんだかんだ言いながらも、夫のサポートがとってもありがたかったです。
喧嘩も良くしますし、嫌になることも実はあるのですが、ありがたいことに幸せに暮らしております。
こちらこそ、ブログを読んでくださって、しかもコメントを下さってとても感謝しております、ありがとうございます。
ラダックに是非是非お越しください。
すてきなラダックご訪問になるよう、全力でお手伝いさせていただきます。
いつの日かお会いできることをとても楽しみにしております。


> 初めまして!
>
> 入院は大変でしたね。
> そんな時、家族の有難さが分かり良かったですね。
> いつも幸せそうな家族の様子がブログから伝わりほのぼのします。
> ありがとうございます。
>
> ラダックに近い将来行く楽しみが出来ました。
> お会い出来るのを楽しみにしてます。

| jokosachi | 2014/03/12 22:58 | URL |

頑張って

大変でしたね。「鬼みたいな頑健な上甲さん」と思っていたのに・・・。寒い所での退院後の養生には暮々も勤めてください。とにかく早い回復を祈っています。
東北圏の、私には残念ながらTVを見ることができず残念でした。その内BSかなんかで再放送があるでしょう。その時には逃さないようにします。
その節にはお世話になりました。あれからもう3年を経過しました。復興は未だ、まだら模様ですがお蔭さまでここ岩沼は先行しているようで、宅地も整備されそろそろ家屋の建築が始まります。海岸堤防もほぼ出来上がり、内陸部には海岸と平行に走る県道のかさ上げ工事(二つ目の堤防の役目をさせる)も始まっています。兎に角「前へ」です。
そうそう、2月にはオーロラを見に行って来ました。それでは暮々も早い回復を!

| nakanishi takeshi | 2014/03/14 06:38 | URL |

Re: 頑張って

中西さん
お久しぶりです。
メッセージ、本当にありがとうございます。
鬼みたいに頑丈な上甲の名がすたる入院でした。
やはり子供を二人産んだからでしょうか、それとも寒すぎる環境が祟ったのでしょうか、自分が入院するなんて思いもかけていなかったので、これからは少し健康にも気をつけて暮らしていこうと気を引き締めています。
もうあの大地震から3年経つのですね。
少しづつでも、前へ前へ希望ある未来への前進を感じていらっしゃるとのこと、とっても嬉しくメッセージを拝見しました。

オーロラを見に行かれたとのこと、相変わらずお元気で素敵なご旅行を続けていらっしゃる中西さんの姿が目に浮かんで、とっても元気になりました!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

> 大変でしたね。「鬼みたいな頑健な上甲さん」と思っていたのに・・・。寒い所での退院後の養生には暮々も勤めてください。とにかく早い回復を祈っています。
> 東北圏の、私には残念ながらTVを見ることができず残念でした。その内BSかなんかで再放送があるでしょう。その時には逃さないようにします。
> その節にはお世話になりました。あれからもう3年を経過しました。復興は未だ、まだら模様ですがお蔭さまでここ岩沼は先行しているようで、宅地も整備されそろそろ家屋の建築が始まります。海岸堤防もほぼ出来上がり、内陸部には海岸と平行に走る県道のかさ上げ工事(二つ目の堤防の役目をさせる)も始まっています。兎に角「前へ」です。
> そうそう、2月にはオーロラを見に行って来ました。それでは暮々も早い回復を!

| jokosachi | 2014/03/14 19:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zanskar555.blog117.fc2.com/tb.php/1270-88088801

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT