FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

不在


私と秋生が入院をしていた時、創一は母のりこが面倒を見てくれていました。


さすが我が母。

いろいろな手を尽くして、創一と遊んでくれました。


母が預かって持って来てくれた絵本大活躍。

blog 2013 Jul (7)


入院する前に母が取り付けてくれた、ちえちゃんからのプレゼントの飛行機モビールも大活躍。

blog 2013 Jul (28)


なんと自分で書いたらしい。

blog 2013 Jul (23)


blog 2013 Jul (24)


彼によるとこれは階段らしい。
blog 2013 Jul (25)


これはのり母作
blog 2013 Jul (26)



私が病院から帰ってきたら、自慢そうにメガネとかんむりを披露してくれました。

blog 2013 Jul (206)


blog 2013 Jul (207)
創一「のりばあちゃんと作ったの~」


昨日オフィスに出勤した時も、この格好で行きました。



入院中、夜はやっぱりさみしくなって泣いたりして母を困らせたこともあったそうです。

創一がさみしがるのは当然で、それはわかっていました。


ですが、母がこんな風に素敵に遊んでくれているのもわかっていたので、安心して秋生の看病に専念することができました。



入院後初めて外泊が許された時、創一が「秋生がいないとさみしい、母ちゃんいてくれてありがとうね」と言ったのには泣けました。


関連記事

| ありがとうございます(涙) | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荷物


入院している時、まるでタイミングを計ったかのように日本から荷物が届きました。


いつもは頂いた荷物の中身の写真を撮影しているのですが、写真を撮るどころではなかったので、写真はありませんが、それはそれはたくさんの心のこもった贈り物をいただきました。


送って下さった荷物はもちろんもちろん嬉しいです。

ですが、それにもまして日本から応援してくださっている方がいるのだと、自分たちだけで秋生の病気と戦っているのではないと本当に入院中の心の支えになりました。


秋生がよみがえった今、応援して下さった皆々様の気持ちが通じてこのような結果になったのだと、しつこいですが感謝の気持ち以外ありません。


おまけ

昨晩の子供たち
blog 2013 Jul (214)
秋生の寝像の悪さも戻ってきました。


関連記事

| ありがとうございます(涙) | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

杏仁豆腐


入院する直前に、のんきに杏仁豆腐を作りました。


ラダック産の杏の種を、お気に入りのお店で買ってきて、一晩水につけてせっせと皆で作った杏仁豆腐。


大変な皮むきを創一も長い時間手伝ってくれました。
blog 2013 Jul (30)

私に似ず、この子は器用かもしれません。

うまい具合に皮をむいでいました。

blog 2013 Jul (29)


ミキサーにかけて、杏仁エキスを絞って、鍋にかけました。


チリンで買った茶漉しも大活躍。
blog 2013 Jul (31)


もっと使いにくいかと思っていたのですが、購入して大正解の茶漉し。
blog 2013 Jul (32)

さすがチリンの職人さんの手作り用具。

これからも大切に使いたいと思っています。


残念ながら杏仁豆腐が出来てすぐに入院したので私はほとんど食べれませんでした。

ですので、また機会を改めて杏仁豆腐を作って味を報告したいと思います。


関連記事

| 異文化体験記 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリンの写真


秋生の病気のおかげで、全くブログの更新ができていなかったのですが、一ヶ月間それはそれはいろんな事がありました。

たくさん報告したい事がありますので、徐々に記事をアップしたいと思います。



まずは、すでに一ヶ月ほど経ってしまったのですが、お客様に同行してチリンに行った時に撮った写真を公開したいと思います。


鍛冶屋のおじいさん
blog 2013 (77) - コピー

チリンと言えば
blog 2013 (31)
楽しいお買いもの


私も真鍮の茶漉しを手に入れました。


彼の家のダイニングルーム
blog 2013 (74)


こんなストーブが我が家にも一台ほしい。
blog 2013 (75)


お客様が買われた、真鍮の小物入れ。
blog 2013 (76) - コピー


何度見ても素敵な食器
blog 2013 (43)


秋生リラックス
blog 2013 (41)
懐かしい、このころは元気元気元気でした・・。


村の共同の水場で創一は楽しそうに遊んでいました。
blog 2013 (78)


blog 2013 (79) - コピー


おばあちゃんに抱っこしてもらう秋生
blog 2013 (87)


blog 2013 (88)

やっぱり大好きな村、チリンです。


関連記事

| ツアーレポート | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入院前の話


まだ数日おきに病院に行って術後の経過を先生に診てもらっていますが、もう大丈夫です。

今日は久しぶりにオフィスを開けて、バリバリと仕事をしました。


夫ヤンペルはザンスカールに出張中。

夫のお姉さんも大事な結婚式に出席するためにザンスカールに行っているので、ギャツォさんと母のりこが一緒に来てくれました。

本当は私とのりこ母も夫の姪っ子の結婚式に参加をしなければいけない予定だったのですが、秋生の事を一番に考えて今回は欠席しました。


私の母と夫の母は、実は今まで一度もあった事がありません。


今回いい機会だから、母に無理してもらってでも初ザンスカール訪問で初対面を計画していたのですが、これはまた次の機会に持ち越しとなりました。



そんなわけで、徐々にですが日常が戻ってきています。



秋生が入院する直前の話です。


調子が悪くなった秋生を看病してくれる母のりこ
blog 2013 Jul (11)



症状が悪化する秋生には、やはり祈祷。

blog 2013 Jul (21)


blog 2013 Jul (22)


blog 2013 Jul (15)

お祈りをしているのは、特別な祈祷ができるランドゥムのお坊さんです。

もともとは秋生のためではなく、夫のお姉さんが、体の中から生き霊を取り除くためにお祈りをしてもらっていたのですが、秋生の調子が悪かったためついでにお祈りをしてもらいました。


それでも良くならない秋生に、お守りが取り付けられました。
blog 2013 Jul (27)



入院したり手術をしたりして、心が折れかけていた時には、正直申しまして「お祈り全然効果なかったじゃん!あの盛大なお祈りはなんだったの!」と思って嘆き暮らしていました。



ですが、落ち着いた今は、あの時のお祈りとかお守りが絶大な効果を発揮して、秋生がすくわれたのだと思うようにしています。


秋生が無事に元気になってくれている事、神様仏様に感謝する思いでございます。

関連記事

| 異文化体験記 | 05:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

回復

昨日今日で、ようやくもとどおりになるかもしれないと思える状態にまで秋生が回復しました。


少し前の話になりますが、創一の左足の骨にひびが入って長いギブス生活、その後ギブスが取れたにも関わらずよろよろと歩いていた時にも、もう二度と正常に歩けないかもしれないなどと相当暗い気持ちになっていました。

創一はあの時の心配は何だったんだろうと笑えるほど走り回りまくっていますが、子供の怪我や病気の事になると、悪い方向悪い方向に最悪の事態を想像してしまって、どんなに周りが大丈夫問題ないと言ってくれてもついマイナス思考に陥ってしまう弱い母親です。


だから、あんなに心配をする事は二度とないだろうなどと思っていたのですが、今回の秋生の件はその時と比べ物にならない大変ショックな出来事でした。


入院をした時も手術をした時もその後も、もうダメかもしれないと思い続けていました。


診断された病名については、英語の専門用語で病名を知らされていたので、入院そして手術、その後と正確な病名は把握していなかったのですが、外泊を許された時にインターネットで調べて初めて日本語の正確な病名を知りました。


秋生がかかった病気について調べれば調べるほど恐ろしく、病名をブログに書いてしまうとさらに皆様に心配をかけると思いますので本当に申し訳ありませんが報告できません。



ですが、医師からは経過良好と言われ、そして冒頭で書いたように母親である私自身が今のところ大丈夫なのではないか思える状態になり、ようやく明るい気持ちを取り戻しつつあります。




実は今、私の母のりこがラダックにきてくれています。

もともと創一の足がおかしかった時期に心配で様子を見に来てくれるという理由、そして夫ヤンペルがツアーに同行しっぱなしの超忙しい時期に手伝いに来てくれるという理由で母のラダック訪問が決定したのです。


これはもう偶然としか言いようが無いのですが、なんと母が来た日の夜に秋生が不調に陥り、その後病院に行くのに付き添ってくれたり、さらに私と秋生が入院、手術の時には、家でずっと創一の面倒を見てくれていました。

特に手術後は病院に毎日朝、昼、晩のおいしいお弁当を持って来てくれて、何よりも私の心の支えとなってくれました。



母にはずいぶんと心配をかけて泣かせてしまいましたが、特に昨日は秋生がどんどんと回復している様子が目に見えてわかり、ようやく笑って秋生の入院や手術の事を話せるようになりました。

夫ヤンペルは何に優先しても秋生と私に付き添いたいと言っていましたが、私が説得して、もともとの予定通り大切な大切なお客様に同行して仕事をしてもらっていましたので、本当に母には助けられました。

それにスタッフのギャツォさん、夫のお姉さん、夫の育ての親(そういう人がいるのです)など、いつも頼りにしている人たちが本当に親身になって手伝ってくれました。

また、愛する親戚やお客様からの応援のメールを携帯電話で見ては心から励まされていました。


入院中に日本から送って下さった大きい荷物が届いては励まされ、わざわざ心配の電話を頂いて励まされ、このありえない事態のおかげで、改めて自分がどんなに人に恵まれているかを思い知りました。

秋生の病気の事や治療の事で落ち込んで泣いたのはもちろん、人の温かさに触れてありがたくて泣いて、私だったら同じように励ましたり手伝ったりすることができるかしらと泣いて、恥ずかしながらひたすら涙にくれた日々でした。


このように秋生の回復の報告ができる事は、応援してくださっている皆様のおかげだと心から思っています。


本当に本当に、本当にありがとうございました。

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

退院


ばたばたしていてご報告が遅れましたが、10日に秋生を連れて退院しました。

先日の記事で書いた通り、手術後の経過も良く秋生は日に日に元気を取り戻しています。


怪我などではなく原因がわからない病気での入院及び手術でしたので、まだ完全に安心はできませんが、元通り元気な秋生に戻ってくれると思えるようになりました。

母親として出来る限りの事をしてあげたいと切に思っている今日この頃です。

私と秋生が退院して一番喜んでいるのは、長男創一。

家族みんな、秋生が元気を取り戻しつつある姿を見ては、普通の日常を送ることができるありがたさを心から感じています。




たくさんの応援やご心配のメッセージ、本当に感謝しています。

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 02:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外泊


秋生と一緒に入院してから初めて外泊の許可が出ましたので、秋生を家につれて帰ってきて夜を家で過ごしています。


許可が出たというよりは、今日はお医者さんがなぜか来ず許可はもらえなかったので、夜勤の看護婦さんに懇願して、夜の10時に秋生の注射が終わってから家に帰ってきました。


ゆっくり寝たいのはやまやまですが、入院中携帯電話では不可能だったいろいろな仕事を猛烈に片付けています。


そんな私に味方してか、幸い今は電気もネットも来てくれています。


ゆっくりはできないけれど、やっぱり我が家は最高です。



秋生の手術後の経過は、とりあえず問題ないと言われています。



朝早くまた病院に戻らなければいけません。

まだ入院生活が続きますが、母として、ヒドゥンヒマラヤ日本人スタッフとして今が踏ん張り時と思って乗り切ります。



ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

また、たくさんの温かい応援のメッセージに励まされ、そして大変感謝しています。



関連記事

| 異文化体験記 | 03:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒドゥンヒマラヤのCMが誕生しました


嬉しすぎるので、7月10日までブログの一番上に来るように設定しました (^^)v。


ですので、実際は次の記事が最新です。





プロの方が作って下さったHidden HimalayaのCMです。





伝統衣装を着て歩いているのは私なのだそうですーー!!

CMの中の私の顔色が若干現実よりも白いような気がするのは気のせいだと思います。


ラダック、そしてHidden Himalayaへの愛情がいっぱい詰まった素敵なCMアニメーションに感激の涙です。


なんとこれは絵とかCGとかではなくて、全て3Dの作品を撮影したものなのだそうです。

針金とセロファンで10日もかけてセットを作って下さったと聞いて倒れそうになりました。

しかも撮影もプロのカメラマンの方がして下さったとの事。


背景に流れている歌は、ティンモスガンの尼さんたちのお祈りの声だと夫ヤンペルが分析していました。



日本のテレビで流しても違和感無いクオリティー、だってプロだもん・・・・。


あまりに素敵すぎるHidden HimalayaのCM、一日100回ぐらい見ています。


このCMに見合ったサービスを提供しようと改めて心に誓いました。


作って下さったJさんと皆様、ありがとうございましたx1億万回



関連記事

| ありがとうございます(涙) | 01:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋生



ブログの更新ができず、ご心配のメッセージをたくさんいただいてしまいました。


実は次男秋生が6月末から大変調子が悪く、病院に通っても良くならず、結局入院していました。


そしておとつい手術を行い、ようやく回復の兆しがあらわれて落ち着きましたので報告させていただきます。


今回の秋生の入院を経験し、ラダックで子供を育てるということの大変さを痛感しました。

あまりに日本と違う病院のシステムと環境に気が狂いそうでした。

今は手術が終わって落ち着きましたが、もちろんまだ入院しているため、オフィスは閉めている状態です。

ですが、事前にご連絡をいただきましたお客様には、ギャツォさんたちの手をかりて、精一杯お手伝をさせていただいていますのでどうぞご安心ください。

また、ご旅行についてのご相談等にも、携帯電話を利用してゆっくりではありますが、病院よりメール返信をしています。


いろいろとご不便をおかけしますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。



関連記事

| 未分類 | 15:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |