fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポプラを植える


自宅の土木作業にまい進している今日この頃。

昨日と今日は、ポプラの苗木を植える作業でした。

私は旅行代理店の仕事が忙しくて、少ししか手伝えなかったのですが、オフィススタッフのギャツォさんが手伝ってくれて2日で終了しました。


ヤンペルによると、このポプラを大切に育てて、創一や秋生が家を建てるときに建築材料として利用する計画なのだそうです。


blog 2013 apr (23)

blog 2013 apr (26)

今はまだ細い細い苗木ですが、ポプラの木が太く背が高くなるまで、家族みんなで仲良く楽しくここで暮らしたいです。


昨日の夕暮れ
blog 2013 apr (25)


blog 2013 apr (24)

ちょっと天気が悪くて、雪もちらついていた昨日今日でした。

関連記事

| 異文化体験記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばあちゃんの字


ちょっと前の記事で、ばあちゃんから届いた手紙を紹介しました。


ブログを見てくれた友人から「きれいな字!」と嬉しいコメントをもらったので、この写真を掲載します。

blog 2013 apr (27)



これ、今秋生が使っている布おむつなんです。

もともとは私の母が、私たちを妊娠している時につけていた腹帯。


それが長男創一が生まれた時に、布おむつに変身。

そして今は次男秋生がこの布おむつを使っています。



この綺麗過ぎる字は、先日紹介した手紙を送ってくれた私のおばあちゃんが書いたもの。


秋生のおむつを替えるたびに、おばあちゃんのこと、そして私を生んでくれた母のことを思います。



関連記事

| 日々のつぶやきごと | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

贅沢な食生活を送っています


スリナガルの道路を経由してやってきた野菜や果物を、毎日これでもかというぐらいありがたくいただいています。


小ぶりで皮が硬いけれど、とても美味しいなすび
blog 2013 apr (11)

フレッシュピーマンは野菜炒めに
blog 2013 apr (12)

そして何よりの楽しみは、ひと玉120ルピー(日本円では240円ぐらい)のスイカ

ヤンペル、ガブリガブリ
blog 2013 apr (16)

ヤンペル「秋生はまだだめよ」
blog 2013 apr (17)

秋生「美味しそうに食べるねヤンペル父さん」
blog 2013 apr (15)


ガブーーーーーーーーー!!!
blog 2013 apr (18)

創一「母ちゃん、あごからスイカの汁が垂れてるよ」



ヤンペルがデリーから持って帰ってきてくれたマンゴーはあと二つ。

明日と明後日でマンゴーが終わりかと思うと寂しいですが、私たちにはスリナガル経由でやってくるスイカがありますので、気を取り直して生きていけます。


関連記事

| 未分類 | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仲良し兄弟に癒されまくる


インド政府に対する恨みつらみの募る今日この頃ですが、仲良しな二人を見ていると癒されます。

兄ちゃんおきてよ
blog 2013 apr (19)


兄ちゃんおきた
blog 2013 apr (22)

いちゃいちゃ
blog 2013 apr (20)





挙句の果てに二人であくび
blog 2013 apr (21)

しかも、てをつないだまま
関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋生の新しい帽子


ちょっと前の記事で創一の新しい帽子を紹介しましたが、今回は秋生の帽子です。


blog 2013 apr (8)


blog 2013 apr (9)

デザインは違いますが、創一兄ちゃんとおそろいの帽子です。


blog 2013 apr (7)


blog 2013 apr (6)


ますます仲良し兄弟っぽくて、二人の頭を見ているだけで笑顔になります。
関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビザが出た


1月からずっと手続きに奔走していた次男秋生のインドビザが、昨日発給されました。

殴り書きのような手書きのビザ、1年マルチプルです。

「やったー!」とか、「ついに・・・!」「インドありがとう!」とかそういう感動は一切無く、ただただこんなに労力と時間を費やしたことに改めて静かな怒りを感じるというのが正直な気持ちです。


しかも、ビザの有効期限は秋生の日本パスポートを発行された、1月中旬にさかのぼった時点から一年とのことで、ますます怒りを煽られます。

デリーに行って、レーに戻って、待たされて待たされて、ヤンペルが大金はたいてデリーに行って、レーに帰ってきて、毎日毎日役所に行って、ようやく発給された殴り書きのビザ。

ワイロめいた1000ルピーもヤンペルがデリーで役人に払いました。


「インド、どんだけやねん、マハトマガンジー天国で号泣してるぞ」とインド政府のトップを自宅に呼びつけて説教しまくりたいです。

私とヤンペルがあまりにインド嫌いとビザの件で怒りまくっていたら、創一もインドに怒り爆発。


創一「インド僕が壊す!」

母「どうやって壊すの」

創一「石でエイエイエイって壊す!」


ほんと心のそこから、石などでインド壊したいです。


インド好きの皆様、インドに住まわせてもらっていながら文句ばかりで大変申し訳ありません。


インドめ、絶対いつか仕返ししてやる!!!!!!!!!!!!


関連記事

| 異文化体験記 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラダックで野菜炒め



冬の間手に入れるのがほとんど不可能だったピーマンやトマト、ナスビ、インゲンマメ、etc...。



スリナガル経由の道路の車の通行が許可されてからは続々といろんな野菜が車に乗って到着しています。

車に乗ってやってきた野菜のおかげで、値段は少し落ち着きましたが、ちょっと前までは馬の背中に乗ってゾジラ(スリナガルからカルギル間にある峠)を越えてきた野菜が非常に高額な値段で売られていました。


馬にゆられて峠越えをしてレーにやってきた野菜は、びっくりするほど値段が高いのです。



ですが、野菜がお店に並んでいるのを見て、車で野菜が運ばれてくるのを待ち切れず、奮発してピーマンとかトマトとかをヤンペルに買って来てもらって、豪華野菜炒めを作りました。


興奮しすぎて写真を撮り忘れてしまいましたが、冬を無事越したという感慨深い思いをかみしめながら輸入物の野菜で作った炒め物、大変おいしく頂きました。


馬の背中に乗ってやってきた野菜だと思うと、運んでくれた人たちに土下座して感謝したい気持ちになりました。



ラダックで冬を越すと、豊富な種類の野菜のおいしさとかありがたさが身にしみます。



おまけ

今日の秋生

blog 2013 mar (5)

まだちゃんちゃんこが欠かせません。
関連記事

| 異文化体験記 | 15:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばあちゃん


今年に入ってから、岡山に住んでいるおばあちゃんからたくさんのハガキが届きます。

創一と秋生にとってはひいばあちゃんです。


文面から、最高に私たちの事を愛してくれていることがにじみ出ていて思わず望郷の涙。

blog 2013 mar (3)

この写真を見て涙をちょちょぎらせる母のりこの姿が思い浮かんでまた涙。


本当は一月末に日本に帰る予定だったのがダメになってしまって、がっかりさせてしまったお婆ちゃん不孝者の私たち。



ほんとにほんとにゴメンネの気持ちでいっぱいです。


こんな時、普通に日本で結婚して子供を生んでればたくさんひ孫の顔を見てもらえたのにと後ろ向きな気持ちになってしまいます。


私のおばあちゃんおじいちゃんは、ありがたい事に4人とも元気でいてくれています。


ブログの記事でいつも日本に帰ったらあれ食べたいとかこれ食べたいとか書いているけれど、本当は何よりも一番おばあちゃんおじいちゃんたちに会いたいです。


みんなみんな応援してくれているから私はラダックで暮らしていけてるんだよと会って直接伝えたいです。


関連記事

| 日々のつぶやきごと | 15:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年カーラチャクラの日程


カーラチャクラの日程、ダライラマ法王の公式サイトに掲載されているという事を、読者の方から教えていただきました。

公式サイトのスケジュール>> http://www.dalailama.com/teachings/schedule

上記サイトによると、カーラチャクラ潅頂は、2014年7月3日から14日まで。

日程もわかって、まだ1年以上先の事ですが、いよいよ現実味が増してきました。
関連記事

| お知らせ | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年カーラチャクラ潅頂@ラダック


かなり前からラダックザンスカールの人たちの間で話題に上っていたビッグニュースについてお知らせします。


2014年の夏(おそらく7月)ダライラマ法王がラダックにてカーラチャクラ灌頂を行われる事が決定しました。


すでにラダックで放送されているラジオで「カーラチャクラ潅頂2014」の実施のお知らせが3度にわたって放送されました。



ですので、日時こそ決まっていないものの、開催されるのは間違いないでしょう。


ラダックでダライラマ法王によってカーラチャクラ潅頂が行われるのは2度目。

第一回目は1976年9月。

チョグラムサルのジウェツァル広場にて行われています。


この時のカーラチャクラ潅頂、夫ヤンペルはお母さんのおなかの中にいたそうです。


ヤンペルは、この世に生れてからはカーラチャクラ潅頂を見学した事がないので、2014年のラダックカーラチャクラを非常に非常に楽しみにしています。


おそらくラダックザンスカール中の人が、この上なく楽しみにしていると思います。

来年のカーラチャクラ潅頂の時期、夫曰くトレッキングなど長期レーを不在にするご旅行の手配は不可能だろうと言っています。

馬方やコック、ガイドなどは、間違いなく仕事を断って儀式に参加するだろうとのこと。

また、ホテルやゲストハウスなども世界中から押し寄せる観光客やチベットサポーターなどで埋まりつくすだろうと思います。


私の自宅は、ダライラマ法王の広場であるジウェツァルのド真ん前、徒歩1分の場所にあります。

カーラチャクラの折には、ザンスカール中の親戚が私の家に押し寄せてくるでしょう。


ザンスカールの親戚の前では、「ザンスカール人と結婚した日本から来た嫁」を演じなければいけない、そして皆好奇の目で私を見てくるので、本音を言うとめっちゃめんどくさいです。




夫ヤンペルに親戚たちは任せて、私は部屋にこもってようかな・・・無理かな・・どうしようかな・・・嫌だな・・・カーラチャクラが10日間として、一体皆何日いすわるんだろう・・・3親等内以外は出入り禁止にしようかななどと今から異様にネガティブ思考。


でもカーラチャクラは私も夫と同じく人生初。

とてもとても楽しみで、こんな機会は二度とないと思うので、絶対参加しようと思っています。


日時の決定はまだ先かと思いますが、情報入り次第ブログでお知らせします。


前回ブッダガヤで行われたカーラチャクラ潅頂2012年の際には、世界中から10万人以上の人がブッダガヤに押し寄せたと聞いています。

2014年夏、ラダックはとんでもない事になりそうです。


関連記事

| お知らせ | 14:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スリナガル道路再オープン

一旦開いたスリナガルの道路が早速閉ったとお知らせしていましたが、昨日めでたくまたオープンしたそうです。


通行が許された小型車は、今日の朝にレーに到着したそうです。


天候次第ではまた閉ったりする事もあるかもしれませんが、スリナガル道路再開通のお知らせでした。

関連記事

| 天候・道路・電気・ネット・航空券等ラダックの現地事情 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レー発着のフライト増便しました

ストライキの甲斐あってレー発着の便が増えました。

Go-Airがシーズン中は毎日一便増便しました。


また、Jet Airwaysも増便を検討しているとのこと。



これで、異様に値上がりしていた航空券の価格が、少しは落ち着くことを期待します。


以上取り急ぎ報告の記事でした。

Hidden Himalaya上甲
関連記事

| 天候・道路・電気・ネット・航空券等ラダックの現地事情 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土木作業で指負傷


昨日は一日、自宅にて土木作業をしていました。


先日と同じく、蟻のように石を運んで運んで運びまくっていました。


疲れもピークに達した午後、油断して右手中指の爪部分を石ではさんでしまいました。


おかげで血豆のようなものが爪の中にできて、昨日は激痛に苦しんでいました。


私「もう料理とかできない、ヤンペル君今日の夕食お願いね」

ヤンペル「ハイわかりました」


ということで、昨日の夜はヤンペルがスキュー(ヤンペルお得意のラダック料理)を作ってくれました。


ヤンペルがデリーから持って帰って来た豚肉で私が作った茹で豚もスキューに投入。


豚肉入りスキュー、間違いなくラダック初。


ヤンペル帰着後、毎日食べて食べて食べまくっていた豚肉は昨日の夜で終了。


夢のような一言が私の口からポロリ。

「もう豚肉食べたくない」



今日は昨日負傷した爪の痛みはだいぶましになっています。


・・・でも夕食にヤンペル様の手料理を食べたいから、包丁にぎれないふりをしておきたいと思います。


関連記事

| 異文化体験記 | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年 杏のお花見予想 by Hidden Himalaya



昨日吐きそうになりながら敢行した、杏のお花見に関する調査の結果を報告させていただきます。


この冬、大変大変寒かったので遅く咲き始めるのではないかしらと思っていたのですが、実際現地に行ってみると、今年は日本と同様、例年よりも少しお花が早く見ごろを迎えそうです。


雪が少なかったのが早咲きの原因かなぁなどと地元の人は言っていました。



各地の情報収集をもとにした私の感想ですが、カルギル以外のお花見の名所(スクルブチャン、ダー・ベマ、アルチ、サスポール等)は今から1週間~10日後ぐらいに満開を迎えるとおもいます。


満開が持続するのは約1週間~1.5週。

ただ、村や場所によって標高の差や気温の差があるので、この村では見ごろが終わっているけど、あの村では満開、別の村ではまだ咲いていないという具合に、ご旅行中はいろんな状態の杏の樹を見ていただく事になります。



そして大本命のカルギルに関してですが、カルギルの杏の花は、前述の場所よりも1.5週から2週間ぐらい遅れて咲き始めます。


ということで、カルギルまで行かない場合は、4月の中旬頃がベスト。

カルギルとスクルブチャンなど複数の場所に行く場合は、中旬過ぎがベスト。

カルギルのみの場合は、4月中旬~下旬にそれはそれは美しい杏のお花見を楽しんでいただけると思います。

また、別の方面では、ヌブラのトゥルトゥクも杏の花が咲きます。

この「トゥルトゥクでお花見」に関しては、他よりも遅い時期に咲きはじめると聞いた事がありますが、ちょっと情報が乏しいので夫に調査を依頼してわかり次第ブログで報告したいと思います。


Hidden Himalayaでお花見の手配をさせていただく場合には、調査に次ぐ調査で発見したとっておきのお花見スポットを、存分にご紹介させていただきます。


またある程度どこが早く咲くか、どこが遅く咲くかなどの推測をして、ご旅行の時期に合わせたプランの提案などもできますので手配をご希望の方はお問い合わせください。



お花見は私たちにとって失敗のできない大切な仕事なので、また1週間~2週間後には夫と一緒に調査に出かける予定です。


さてここから写真で昨日の様子を報告です。


ニェモで皆さんはサモサと豆プリーとチャイをお楽しみ。

blog 2013 mar


私は秋生と車で待機。


まだコーヒー色でないインダス川

blog 2013 mar (9)


タクマチック村で杏の時期にホームステイ先となってくださる家にごあいさつ

blog 2013 mar (20)


blog 2013 mar (30)


blog 2013 mar (12)


おいしいお昼ご飯(チュタギ)をごちそうになりました。

blog 2013 mar (29)

The!ホームステイ


blog 2013 mar (4)


お家の屋根からの風景
blog 2013 mar (7)


タクマチック村の風景


杏の花が満開になったらさぞかしきれいな事でしょう。
blog 2013 mar (32)



blog 2013 mar (2)


ラダックらしい雰囲気の漂う村です
blog 2013 mar (11)

まだ杏はほとんどつぼみの状態で咲いていませんでしたが一本だけ満開になっている木がありました。

blog 2013 mar (8)


ギャーーーー!もう咲いてるのーーー!ちょっと早すぎる――ッ!と焦りまくる私を見て、村の人たちが「この木はいつも早く咲くんだよ。村全体で満開になるまでにはあと1週間から2週間以上はかかるから安心しな」と言ってきました。


私「絶対?絶対?ほんとに?」

村人さん「・・・・・多分。」

私「多分じゃ困るんだけどなーーッ!!まぁいいです、また様子見に来ます。」

ナムギャルさんのごり押しで、満開の杏と我が子を無理やり写真に撮らされました。
blog 2013 mar (10)
創一の口の中に入っているのは杏の種。



次に訪れたスクルブチャン村でも、1-2本の杏の樹にお花がついていました。

blog 2013 mar (13)


つぼみが赤くなってきていました。

blog 2013 mar (20)


まだまだ咲くのはだいぶ先かなぁという樹も。

blog 2013 mar (9)


スクルブチャンの村人
blog 2013 mar (24)
ラダックスタイルを貫いていて、とってもかっこいい・・。



仕事を終えて、帰っている途中、たくさんのブルーシープに遭遇。
blog 2013 mar (25)

かわゆいお尻・・
blog 2013 mar (17)

おッナイスショット!
blog 2013 mar (33)


夕暮れ時の帰り道
blog 2013 mar (26)


帰りついた時はすでに20時を回っていて、さみしそうにヤンペルが家で待っていました。


ヤンペルは秋生にむしゃぶりついてさみしさを癒していました。
blog 2013 mar



以上昨日の報告でした。


引き続きしつこいぐらいに杏のお花見情報を発信したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

関連記事

| 春のラダックでお花見 | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

杏のお花見の調査に行ってきました


今日は、アルチ、サスポール、タクマチック、スクルブチャンと言ったお花見の名所に、開花状況の調査や素敵なホームステイの手配の再確認のため出かけていました。

夫ヤンペルがどうしても家を空けることができなかったので、友人のパッサンさんとナムギャルさんと、ドライバーのこれまたパッサンさんと一緒に、秋生と創一を連れて日帰りで強行出張してきました。


ラダックでの遠出はひさびさ、一年ぶりぐらい。

私は車によって嘔吐寸前でした。


一応おむつをたくさん持っていったのですが、車を泊める度に秋生は外でおしっこをしてくれて、結局1枚しかおむつを濡らしませんでした。

ありがたい・・・・。

そして家に帰りついて1分後、トイレでうんち。

この賢い子は何やの・・・・と一家全員感激しています。


ただ、今日は疲れ果てたので詳しい調査報告は、後ほど写真付きであらためてさせていただきたいと思います。



Hidden Himalayaはラダックのお花見に全力投球ですッ!


関連記事

| 異文化体験記 | 00:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カシミーリー野菜市場が移転します


短期旅行の方にはあまり関係のない報告ですが、サブジマンディールと呼ばれる輸入物の野菜を売る市場が移転します。


もともと、メインバザールからほど近い、ホテルリンジーの正面にあったこの野菜市場。

カシミーリーと呼ばれるイスラム系のおじさんが経営する小さな店がまとまって営業をしていました。


なんでも今年からその場所が駐車場になるとかで、政府によって建物が取り壊されてしまいました。

真冬の間に取り壊しは始まっていたのですが、立ち退かない野菜売りのおじさん達が、半壊状態の市場の中で寒さに震えながらほそぼそと営業をしていました。

ですがこのたび完ッ全に建物がこわされたため、ついに、バザールからは程遠いバススタンドに移転することになったとのこと。


レーでは育てる事の出来ない、スイカとかマンゴーとかブドウとか、なすびとかオクラとか、卵とかトマトとか、割といろいろなものを売っていたので、夏は毎日繁盛していたこの市場。

移転するとレーに住んでいる奥様方は困るだろうと思います。

ちなみにメインストリートで地元の素敵なおばちゃんたちが自分たちで育てたものを売っている、いわゆるローカルベジタブルマーケットは、そのまま変わっていません。


以上レーの奥様方から関心を集めまくっている「野菜市場の移転」についてご報告でした。
関連記事

| お知らせ | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レストラン「ノルラック」オープン


冬の間、レーでお客様にお勧めできるレストランと言えば、メインストリートにあるフレンズコーナーというレストランのみでした。

冬中ずっと閉っていたのですが、少し前に私がよく行く「ノルラックレストラン」が開店しているのを見かけましたので報告です。

ノルラックレストランは、Hidden Himalayaのオフィスからも歩いて1-2分と便利な位置にあってお値段も高くなくておいしいのでシーズン中はよく通います。


場所は、ゴンパソマ(メインバザールにあるお寺、ジョカンとも呼ばれます)のメインゲートの近くの2階。

ベジタリアンのレストランです。

わりと何を頼んでもおいしいのですが、私はバターハニーパンケーキが好きで3回に1回はパンケーキを頼みます。


秋生が一緒なので、外食は今はする気が起こりませんが、シーズンを迎えてオフィスに頻繁に出勤するようになったら早速行ってみたいと思います。



関連記事

| ラダックのレストラン | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スリナガルの道路が一時的に閉っています


昨日、「小さい車は通れるようになりました」と報告したスリナガルの道路ですが、表題のとおり今日早速に通行止めとなってしまったそうです。


原因は悪天候だそうです。


ただし、天候が落ち着けば5-6日後にまたオープンするだろうとのこと。


まだまだ開いたばかりで、不安定な状態の陸路です。


前にも記事にしたのでくどいようですが、旅行者の皆様は道路状況だけでなく、スリナガルにおける治安状況についても事前にしっかりと調査をされる事を(できればお避けになるよう)お勧めいたします。



以上Hidden Himalayaから早々と道路通行止めのお知らせでした。
関連記事

| 天候・道路・電気・ネット・航空券等ラダックの現地事情 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スリナガルの道路が開通しました

ちょっと前から、カシミーリーの野菜売りの店に若干の野菜(ピーマンやなすびなどラダックの冬には手に入らない野菜)が到着していました。

これらの野菜は、スリナガルの峠を馬の背中に乗せられて運ばれた野菜です。

この野菜が到着していたので、もうすぐ車の通行が始まるなと思っていたのですが、今日スリナガル/レー間の道路が正式にオープンしたと情報が入りました。

ただ、通行が許可されているのは、トラック以外の小さな車のみ。

トラックやバスなど大きい車の通行許可は今のところ8日に出されるとのこと。


ということで、スリナガル側を出発した小さな車たちは、今日の夜中か明日の朝にはレーに到着する予定だそうです。



昨年この道路が開通したのは4月25日でした。

今年は昨年よりも一ヶ月弱早いオープン。

例年になく早い開通だと皆話題にしています。

早期開通の原因は、やはり積雪の少なさ。

今年の夏は水不足に悩まされるのかなと皆心配をしていますが、とにかくオープン。


今まで高額なフライト代を払うしかチョイスがなくて、大困りだった地元の人たちは、大変喜んでいるようです。



以上、Hidden Himalayaより、スリナガルへの道路開通のお知らせでした。
関連記事

| 天候・道路・電気・ネット・航空券等ラダックの現地事情 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創一の新しい帽子


親戚の人が、どんどん手編みのものをプレゼントしてくれます。

今回頂いたのは、創一の帽子。

創一は帽子をあまりかぶりたがらないので、いつも帽子をかぶらずに外に出ています。


おそらくそれを見て帽子を持っていないと勘違いされて、帽子を編んで下さったのだと思います。


blog mar 2013 (6)

創一の帽子は既製品のものがあるのだけれど、やっぱり手編みの帽子が素敵。

関連記事

| 異文化体験記 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT