FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

月食@ラダック


昨日は月食でした。

ラダックでももちろん神秘的な月が夜空に浮かび上がりました。

親戚から月食だよ!という電話をもらってすぐに屋根の上にあがると、満天の星空に浮かぶ不思議なお月さま。

夫が写真を撮りました。

gesshoku.jpg

夫にしてはまずまずの出来です。

本人は「ヤルビエフォルミ来た~!」(フランスの写真家オリビエフォルミをヤンペル風にもじったもの)と大喜びでした。

日本の母からも、素晴らしい月食を楽しんだよ!と報告を受けました。

離れていても同じ月を見上げていたのですね。

さて、ラダックのご老人の皆様は、月食や日食などの天文の変化を不吉なものだと恐ろしがるそうです。

平和な日々が続きますようにと祈る私たち一家です。

おまけ
月食の記念にチューをしながらピースをしてくれる創一
Soichi and  Sachi 2011 Dec


関連記事

| 日々のつぶやきごと | 14:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もチャダル視察、しかし・・・


昨日12月10日、夫はチリンへ出かけていました。

昨年も行われたザンスカールの人たちによる、チャダルロードの視察のためです。

私が書いた昨年の視察の記事>>http://zanskar555.blog117.fc2.com/blog-entry-145.html

昨年は1泊2日で盛大に行われましたが今年は日帰りで視察が行われました。

ところが非常に残念なことに、全くと言っていいほど昨年から工事が進んでいなかったようです。

昨年の視察から、一年で約100m程の工事が完了していたらしく、それを見たザンスカール人たちは意気消沈。

「来年は視察になど来ない!」と怒り騒ぎ出す人たちもいたそうです。

みんなでランチを食べて、さっさとレーに戻って来たザンスカールの皆様でした。

さすがザンスカール人のランチ
Chiling 2011 Dec


さて、レーは大変暖冬な今年ですが、チャダルへのザンスカール川の凍結は少しづつ進んでいるようでした。


Chiling 2011 Dec (11)

端の方から凍り始めています。
Chiling 2011 Dec (8)


夏の間は泥色のザンスカール川とインダス川ですが、冬になるとこんなに素敵な色に。

Chiling 2011 Dec (4)

私の大好きな透き通ったトルコ色。

早く来年の1月に歩きたい~~!と写真をみて夢を膨らませる、ザンスカール嫁でした。

私「創一、チャダルに一緒に行く?」

創一「一緒に行く~~!」

関連記事

| お知らせ | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おなかを下しても元気なわが子


ここ3日間、夫は町へ出稼ぎに、私と創一は家に引きこもっています。

創一がおなかを下しているため、寒いオフィスに連れて行くことを控えているからです。

本当は早くヌブラやパンゴンツォの報告、そしてプロの写真家の方にとってもらった一家の写真を使って記事を書きたいのですが、自宅のネットは遅すぎて残念ながら不可能です。


家にいる間、私はゆっくりと洗濯や皿洗い、食事を作ったりとまるで主婦のような生活です。

創一はラダックの音楽に合わせて踊りまくっています。

おなかを壊していても、とっても元気なわが子です。

最近の創一の口癖は「のり母さん」。

のり母さんとは私の母のことなのですが、絵本を見ていても女の人が出てくるたびに「のり母さん?」。

壁に飾ってある父と母の写真を見ては「のり母さん!」「かずじいちゃん!(これは父のこと)」と大喜び。

私はそれを聞きながらとても切ない気分。

次会えるのは来年の今頃かなぁ・・・。


さて創一は、最初は怖がっていた夫のお母さんのことも最近は大好きになったよう。

家にいる時でも「アビレ」「アビレ」(ラダック語でおばあちゃんのこと)としきりにアビレに会いたがっている様子。

おばあちゃんおじいちゃんみんなと相思相愛で何とも幸せなわが子です。

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラダック仏教徒協会による集会が行われました

先日起こってしまったポカルゾンでのイスラム教徒による仏教徒への投石事件以来、大きな集会が今日ゴンパソマで開かれました。

今日はイスラム教の「モハラム」というお祈りの儀式の日でした。

町を行進しながら自分の体を痛めつけて血を流し、それをお供え物として神アッラーにささげる大きな儀式です。

作夜から今日のモハラムに向けての練習のような行為が町で行われるなど、イスラム教の結束が目に見えて強まっていました。

今日は夫が朝から仕事をしに町へやってきていたのですが、恐ろしいモハラムを見るのが嫌だったので、私と創一は家で待機していました。

去年は私もモハラムの行進を目にしましたが、それはそれは恐ろしい地獄絵図のような光景でした。

おびただしい数のイスラム教徒が一同に介し、なにやら歌のような号令のようなものを叫びながら金具の武器で自分の頭や胸を突き刺す。

思い出すだけで吐き気を催すような恐ろしい光景を今でもはっきりと覚えています。

夫によると、今日行われたモハラムで流された血は、例年よりもはるかに多かったとのこと。

モハラムの行進は午後3時ごろに終わったそうです。

私は午後5時前に町を通ったのですが、すでに町中に水がまかれ、流された血はほとんど洗われていました。

そんな「モハラム」がメインストリートで行われた今日、その近くに位置するレーのゴンパソマで、LBA(Ladakh Bhuddist Assosiation/ラダック仏教徒協会)によって大きな集会が開かれました。

ミーティングが行われた時間は午後4時から30-40分間。

モハラムが終わってすぐのタイミングです。

今日集会に集められた参加者は、カルギル地域からやってきてレーにすんでいる仏教徒。

レーにすむカルギル地域出身の仏教徒(ザンスカール地域を含む)、ポカルゾンやムルベクの仏教徒住民がゴンパソマに集められました。

夫もザンスカール出身とのことでオフィスにやってきたLBAのスタッフに招集されて集会に参加したとのことです。

ここ数年におけるポカルゾンやその他の地域で起こっている事件について、カルギルの警察組織などが全く関与せずに問題をほったらかしにしているので、LBAが直接カルギルの警察組織に訴えるかどうかを検討している・・・。

また、カルギル地域からやってきてレーにすんでいる仏教徒によって新しい協会を設立するかどうか検討しているとの内容だったそうです。

また、この事件が起こって以来まだ何も起こっていないけれど、モハラムも終わり興奮しているイスラム教徒に対する注意を喚起するようにと指導があったそうです。

明日またカルギルの警察に訴えるかどうか、新しい教会を立ち上げるかどうかの結果報告のための集会が開かれるそうです。

まだこの話は本当に水面下で内々に検討されていることとの事なので、今後の動向に気をつける必要があります。









関連記事

| お知らせ | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎日ゴンパ参り

今日は午後、夫のお母さんのリクエストに応えて、スピトゥク僧院へお参りしてきました。

ザンスカールからレーにやってきていたティンレーおじさんと、息子のジョルダン君も一緒。

夫の運転で、みんなでお参りです。

創一は行く前から「ゴンパ?ゴンパ?」と大はしゃぎ。

到着すると同時に車を飛び出し、階段を駆け上がり、大きなマニ車を回し、小さなマニ車もくまなく回し、自動的に超お祈りモードに突入。


ぜいぜい言いながら登るお母さんを尻目に、創一は頂上の護法尊堂・ゴンカンへいち早く到着し、靴を脱ぎ、靴をそろえて中へ入ってゆきました。

spituk with ama ley (1) (450x338)

かっこいい~!
spituk with ama ley (3) (450x338)

創一が脱いだ靴
spituk with ama ley (6) (450x338)
愛しいわ~!


中へ入ると手を合わせてぶつぶつ言いながらお参りをはじめ、メインのお堂では五体投地・・・。

母から預かった小銭を、ほぼすべての尊格の前にお布施として捧げていました。

この創一の敬虔な仏教徒ぶりに、母もティンレーおじさんも大喜びでした。

みんなで記念撮影
spituk with ama ley (4) (450x338)

スピトゥク僧院からの眺めを楽しむ皆様
spituk with ama ley (8) (450x338)

母子でお参り
spituk with ama ley (7) (450x338)



本当はバクラリンポチェにお会いするためにスピトゥクにお参りしたのですが、残念ながらリンポチェはサンカル僧院にいらっしゃるとのことでした。

バクラリンポチェへの謁見は次の楽しみにとっておこうと、みんなでまたお参りする約束をしてゴンパを後にした私たちでした。

今日ラダックは真っ青に晴れ渡っていて、ゴンパ参り日和でした。

観光客ゼロのスピトゥク僧院。

大好きな親戚のみんなとゆっくりとお参りできる幸せをほのぼのと感じました。


私と夫と創一は、お客様について明日からヌブラへ。

ということで、明日も明後日もお参りです。



関連記事

| 異文化体験記 | 00:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1泊2日でヌブラへ出張行ってきます

お知らせです。

明日からヌブラに出張に行ってきます。

夫も創一も一緒に行くので、申し訳ありませんが12月3日・12月4日はオフィスは開けることができません。

また、メールのチェック等も帰り次第迅速にさせていただきますので、なにとぞご了承のほどよろしくお願いいたします。

明日は早朝5時にレーを出発して、カルドゥンラで日の出を迎える予定です。

今日は真っ青に晴れたレー、明日からもピカピカに晴れてほしいなぁと祈るばかりです。

昨年解放されたトゥルトゥクまで行ってくる予定なので、帰ってきたらブログで報告したいと思います。

行ってきます。
関連記事

| お知らせ | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スクールキッズのような我が子


まだ学校には行っていない我が子ですが、最近の外出時のいでたちは、まるでスクールキッズだねとみんなに言われます。

PB240047.jpg

理由は創一がしょっている
rigzin to mona

素敵なかばん。
rigzin to mona (2)

ひとちゃん手作りのトーマスバッグ。

出かける時はいつもこのスタイルです。

みんなに「スクール ア チャダ~?」学校に行くの~?と聞かれ得意げな創一。


特別寒い時には・・・・
soichi 2sai (7) (450x338)

ザンスカール帽(ガラムトピー)をかぶって、ティンレーおじさんに作ってもらったザンスカールナンブーのジャケットを着て颯爽とお出かけです。



関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 12:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |