FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新しいコンチェ2着@まさかの日本

素敵なコンチェを2着いただいてしまいました、しかも日本で!

コンチェというのは、私がいつもラダックで来ている伝統衣装のこと。

最初は一週間に2・3日ぐらい着るつもりだったのですが、着てみると想像を絶する快適さに驚き、毎日着ています。

6月ごろから着始めて9月下旬に日本に帰国するまで、コンチェを着なかったのはたった一日だけ。

ラダックに様子を見に来てくれた父と母と一緒にザンスカール川でラフティングに挑戦した時はさすがに洋服を着ました。


さて御存じの方もいらっしゃると思いますが、10月に私はテレビに少しだけ出演しました。

女優の平山あやさんがなんと陸路マナリ経由でレーに住む私に会いに来てくださったのです。

その時に「スタジオ撮影であやさんが着るための素敵なコンチェを選んでくれませんか?」というとっても楽しいお仕事の依頼がありました。

それならば!と張り切ってラダック一おしゃれなお店「ジグメットクチュール」にスタッフの方をご案内して、コンチェを2セット(シャツ、ズボン、ベルト、コンチェで1セット)オーダーメイドするお手伝いをしたのでした。

この記事のタイトル「新しいコンチェ2着」というのは、実際にひらやまあやさんが着てスタジオで撮影された衣装のセットと、もう1つのコンチェセット。

これらを撮影後に譲っていただいたのです!!

オーダーのお手伝い後、私は出来上がったものを見ていなかったので、送って下さったコンチェを見て感激。

さすがジグメットクチュール。

オーダーした私が言うのも何ですが、め・・・っちゃくちゃ可愛いです。

生地よし、形よし、センス良しで素敵なコンチェ、ラダックで着てみんなを驚かせるのが楽しみ。

(ラダックの人たち、結構おしゃれに敏感で新しいコンチェを着ていると、どこで作ったの?などと聞かれるのです)


ちなみに平山あやさん、タフで可愛くてしっかりしていらっしゃって、すごくすごく素敵な方でした。

マナリ経由の陸路の為に買われたノースフェイスのものすごく暖かいフリースの上下もいただいてしまったのです。

ということで、私とヤンペルはすっかりあやさんのファンになってしまいました。

日本帰国の目的の一つに「平山あやさんの出演した映画を見る!」を加えて早速実現。

私は見たことがあったのですが、WATER BOYSを借りてみんなで観賞しました。

こんな御縁はめったにないこと、これからも陰ながらファンでいようと思います。

また来ます!と言ってくださったあやさん、いつかまた会えるといいなぁ。

頂いたコンチェにかじりつく創一
konche.jpg
関連記事

| ありがとうございます(涙) | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤッタネ!

とってもとっても喜んでおります。


さて、私はインド人と結婚してラダックに住んでいます。

私の国籍は日本。

我が息子創一も日本の国籍です。

ということで、私たちがインドで暮らすためにはVISAが必要なのであります。

最初にインドに引っ越しす時に発行してもらったのはX(エックス)ビザ。

Xビザというのは、観光目的ではなくその他さまざまな目的のために発行されます。

「インド人の家族と一緒に住むため」にXビザを申請したところ、発行されたビザは1年有効でした。

このビザをインドで延長延長しながらこれまでインドで暮らしてきました。

この延長手続きが、非常にめんどくさいのです。

延長の為にデリーに飛んだ事もありました。


・・・皆さまッ!

わたくしたちはこの度、この延長制度が15年間必要のない「PIOカード」という素敵な物を手に入れたのであります!!!

PIOは、Persons of Indian Originの略だそうで、外国籍のインド系の人のことを指します。

15年有効のビザのようなものですが、永住権カードとも呼ばれています。

これを取得すると今後の手続きや出入国が格段に簡単になります。

もうラダックから出る時に政府の機関に届け出をしてハンコをもらう必要がないのですね!

もうインドを出国する時に面倒くさい書類を提出する必要がないのですね!

ビザ延長の煩わしさから解放されたのですね!

このPIOカード、私達はインドで申請をしたためものすごい手間と時間がかかりました。

8月にいろんな書類をそろえて外務省に郵送。

9月にデリーの外務省に進捗状況を確認、そこでまた追加の書類を要求されて取り寄せ。

夫が先にインドに帰ったので、何度も何度も、何度も外務省やその他機関に通いつめて、昨日ついにPIOカードを手に入れたと報告がありました。

やった~!

ばんずゎ~い!




関連記事

| 日々のつぶやきごと | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創一、日本で急成長


もうすぐ2歳になるわが子創一。

日本で急成長中でございます。

どんどん言葉を覚え、ごなん(ご飯のこと)、ぐうにゅう(牛乳)、おふろ、食べたい、食べてる、食べる、むち(虫のこと)などなど、すごい勢いでしゃべりまくっています。

今のところ、創一の言語は日本語。

でもラダックに帰ったらラダック語が優勢になるのだろうなぁと思います。

よく、創一くんは何語をしゃべるの?と聞かれます。

創一は今のところ、英語、日本語、ラダック語の3つの言葉を理解しているようです。

英語は私と夫がいつも会話をしているので。

日本語はラダックにいる間も私が努めて創一には日本語を使っているので。

ラダック語は夫が一生懸命しゃべりかけているので。

これからきっと日本語に触れる機会よりも、英語とラダック語に触れる機会がぐっと多くなると思います。

ですので、創一が正しい日本語を覚えるよう頑張るぞと気合を新たにしている私です。

日本でほかにできるようになったこと、それはおむつ卒業。

出かけるときには念のためおむつを履かせていますが、出先でもばっちりトイレを教えてくれます。

これからラダックの冬を迎えようとしている私には、とてもありがたいこと。

これは嬉しい成長です。

もう一つの成長は11月頭に卒乳したこと。

2歳までは飲ませる!!とずっとみんなに宣言していたのですが、なんとなく思い立って卒乳を試みました。

おっぱいが大好きだった創一なので、すっと卒乳するのは難しいと思っていたのですが、聞き分けよく卒業・・・。

母はなんだかさみしいぞ・・・。

でも、移動や生活がぐっと楽になりました。

それからご飯をばくばく食べるようになり、2重あごが急成長!

おい・・・
soichi gohan suki (1) (338x450)

すぃ~~!
soichi gohan suki (2) (338x450)



ラダックに帰って親戚や友人達がびっくりする顔を思い浮かべて、楽しみにしています。
関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さらば思い出のスーツケース


添乗員の仕事を初めてから、ずっとずっと使っていたスーツケースを廃棄しました。

添乗員のスーツケースは丈夫さと大きさが命ッ!と思い、初めて添乗をアサインされた時に渋谷の東急ハンズで一番大きくて丈夫なスーツケースを購入したことをよく覚えています。

最初に訪れたトルコから、マダガスカル、コスタリカ、ペルー、チュニジア、アフリカ・・・・。

転職してタクラマカン砂漠、リビア、アルジェリア、インド、パキスタン、キルギス、チリ、ボリビア、カイラース、チベット、キリマンジャロ・・・・・・

ラダックに引っ越してからも活躍してくれていたスーツケース。

ずいぶん前に壊れていたのですが、ずっと使っていたスーツケース。

suite case (338x450)


あまりに使いにくいので、このたびスーツケースを父から譲り受けることにしました。

思い出のスーツケースはヤンペルが粉々にして、大ゴミで処分。

ちょっぴりさみしいけれど思い出は胸の中にしっかりと刻み込まれています。

さらば思い出のスーツケース。

たくさん働いてくれて、ありがとうございました!


関連記事

| 日々のつぶやきごと | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

畑作業は楽しいナ

日本全国、さらには上海まで出かけていた私たちですが、旅の合間に父が大切にしている畑のお手伝いなどもしました。

えだまめの収穫、土をこす作業、ピーマン収穫、なすび収穫、まき割り、草むしり。

久しぶりに畑仕事をしてとっても気分がすっきり。

そのことを母に伝えたところ、土を触るということは地球を触るってことだからねぇとのコメント。

なるほどッ!

創一も靴を履かせてもらって
hatake (12) (338x450)

いっちょまえにスコップを持って畑へ繰り出し
hatake (11) (338x450)

ピーナツを収穫
hatake (5) (338x450)

hatake (8) (450x338)
たくさん取れました。

収穫したてのピーナツで母お得意のピーナツ豆腐を作ってくれました。

大ッ変おいしゅうございました。

父ちゃんは木を切ります
hatake (14) (338x450)
この時はチェーンソーで。 斧でも割りました。

--おまけのそういっちゃん--
ビリー大好き~
hatake (1) (338x450)
こっち向いてよビリーさん


関連記事

| 日々のつぶやきごと | 15:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

和歌山にも行ってきたのです


JRパスが終わったあとは、家族旅行の始まりです。

私、ヤンペル、創一、母、父の母の5人、4世代で、和歌山に行ってきました。

勝浦までくろしおに乗って約4時間。

ホテル浦島に2連泊しました。

ホテル浦島は私が小さいころにも、親戚みんなで集まって泊まった思い出の場所。

なんとカメ(・・・型の船)が迎えに来てホテルまで連れて行ってくれるのです。

ホテルの広大な敷地内には温泉がたくさんあって、私は創一をひきつれて巡りまくりました。

静岡で買ってもらった富士山のおかげで、創一は泣き叫ぶことなくお風呂をプチ楽しんでいました。

疲れたおばあちゃんが乗った車いすを
hotel urashima (15) (338x450)
真ん中に割って入って押す創一

ごほうびに膝に乗せてもらって大喜び。
hotel urashima (7) (338x450)


買い出しのためにカメに乗ってホテルを離れる母を部屋から見つけて創一は号泣していました。


階段でばあちゃんをおんぶするヤンペル。
hotel urashima (26) (338x450)

それをうらやましがっておんぶをしてもらうちゃっかり者の創一。
hotel urashima (25) (338x450)


大宴会場での楽しすぎるお食事
hotel urashima (21) (450x338)

ひーばーちゃん「よ~食べるなぁ~」
hotel urashima (19) (338x450)

満・足・・・。
hotel urashima (17) (450x338)

さすが和歌山、ミカンが安くておいしいのです。
hotel urashima (27) (450x338)

お決まりの写真スポットにて
hotel urashima (14) (450x338)

カメの前で。
hotel urashima (6) (338x450)
楽しかった!また来ます!

風呂狂のわたくしには、たまらない2日間でございました。



---おまけ---
くろしおの中でへいらっしゃいごっこ
hotel urashima (3) (338x450)


関連記事

| 日々のつぶやきごと | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JRパス最後の大トリは


日本帰国後大変お世話になったJRパス。

その最後の大トリの旅は静岡でした。

静岡には、私とヤンペルの大好きな方がいらっしゃるのです。

ラダック、そして私たちの小さな小さな旅行代理店を大変気に入ってくださっているジェントルマン。

6月に2回もラダックに来てくださった凄い行動力の持ち主です。

静岡では、本当に本当に盛りだくさんの楽しい思い出をいただいて帰ってきました。

富士宮にある工藤夕貴さんのカフェに連れて行ってもらいました。

shiba san fuji (16) (450x338)

なんて素敵な雰囲気なのでしょう~。

野菜ジュースにソイラテ、全部とってもおいしかった。

ちなみにこのカフェにはお会計の際にじゃんけんをして勝つか負けるかすると、5パーセント割引になるというシステムがあります。

ヤンペルが代表で挑戦して見事に5パーセント割引を勝ち取っていました。


次に訪れたのは「氷穴」

入口にて
shizuoka homon (27) (450x338)

shizuoka homon (8) (450x338)

きちんと防寒をしないと!

ジャケットをお借りして中に入りました。

夫ヤンペルが創一を抱っこしていたので、氷で滑らないでよねッ!と注意した瞬間にしりもちをついた私。


氷穴の最深部

shiba san fuji (110) (450x338)

ここで、ほかのグループが集合写真を撮っていました。
shiba san fuji (113) (450x338)
と思ったら、ど真ん中でヤンペルが集合写真に映りこんでいました。

写真を見た皆様から、絶対「誰これ!?」と言われているはずです。

本人いわく「集合してるから、何か素敵なものがあるかと思って近寄ったら集合写真だった」とのこと。

・・・でもみんなピースしてたよ・・・。

紅葉の美しい樹海を通り抜け、もとすこに連れてきてもらいました。

shizuoka homon (21) (338x450)
買ってもらった富士山を手にポーズを決める創一

shizuoka homon (24) (450x338)

うまく富士山をセッティングできて満足げな夫ヤンペル。


まかいの牧場も訪問。

ひさしぶりのヒツヂをたっぷり鑑賞。
shizuoka homon (19) (450x338)

なんと陶芸まで体験させてもらいました。

shizuoka homon (17) (450x338)
1歳11か月で初陶芸に挑戦。

shizuoka homon (9) (338x450)
とっても上手ですよ~ by親バカ

shizuoka homon (13) (338x450)
ここで一番上手だったのは、悔しながらヤンペルでした。

・・・悔し~!!

出来上がりは来年の1月ごろだそう。

仕上がりを見るのが、超楽しみです。



夕食はなんとフフフフランス料理。

夜景の見える素敵なレストランに連れて行ってくださいました。

shiba san fuji (33) (450x338)

全部めちゃくちゃ素敵でおいしかった
shiba san fuji (27) (450x338)

shiba san fuji (25) (450x338)


そして翌日は奇岩博物館を訪問。

こんにゃく石やさくら石など、奇岩を鑑賞。

shizuoka homon (5) (338x450)
創一、奇岩にタッチ!

この博物館のハイライトは、お宝探し!

shizuoka homon (1) (450x338)
30分お宝さがし放題になるコーナーがあって、そこで我を忘れてお宝を探しまくる私。

気が付いたらのどが渇いた創一がお宝水をスコップでゴクゴク・・・。

ギャーーーーッ!やめなさいーー!



次の訪問地は昨日に引き続き「馬飼の牧場」。

陶芸に熱くなりすぎたヤンペルがお気に入りのハンチング帽を忘れてきたのです。

まったくもう~。


最後はおいしすぎるゴマダレうどんをいただいて、新幹線の駅まで送っていただきました。

笑いっぱなしの楽しすぎる2日間でした。

優しい笑顔で出迎えてくださった奥様やおばあ様、娘さん達・・・。

忙しいのにいろんなところに連れて行ってくださった事・・・。

もう、感謝、感謝、感謝です。


お土産に頂いたタワシのことは、また別の記事で・・・。

shizuoka homon (7) (450x338)
関連記事

| ありがとうございます(涙) | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本を不在にしておりました


しばらくブログの更新をお休みにしていました言い訳がございます。

インドはラダックから日本に帰省をしている私ですが、日本を飛び出して上海に旅行に出ておりました。

誘ってくれたのは、母典子と、祖母、ゆうゆうちゃん(母の姉)。

創一も入れて計5名で上海ツアーに参加してきました。


夫ヤンペルは日本とインド以外の外国に行ったことがありません。

そこで、母たちはぜひヤンペルも一緒に行こうと言ってくれたのですが、上海に行ってしまうとヤンペル日本に再上陸できない・・・。

ということで仕方なくヤンペルが帰国をした後に皆で行くことにしたのです。

仕方ないとはいえ、夫がダラムサラへのツアーで働きまくっているときに小龍包を食べ、足つぼマッサージや上海雑技団に絶叫する駄妻でございます。

ツアーではいろんな出会いがあり、楽しいひと時を過ごすことができました。

上海は昔母と二人で素敵な旅行をした思い出の場所。

また行きたいな、今度はヤンペルちゃんも一緒に。

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールで事故が起こりました


夫ヤンペルが2日に関空を発ち、インドに帰りました。

仕事のために一旦ジャンムーに行き、今はデリーに帰ってきたそうです。

たった今電話をしたところ、彼はデリーのマジュヌカティラの近くで行われているお祈りに参加しているとのことでした。

11月4日の夜、カルギル~ザンスカールのパドゥム間を結ぶバスが事故を起こし、25人が傷を負い、11人がなくなってしまったとの事。

犠牲になったのは、みんなザンスカールの人だったそうです。

お亡くなりになられた方々のために、お祈りが各地で行われているとのこと。

ザンスカールは私の夫の実家であり、私の大切な場所。

そこに住む人たちが悲しみに暮れていると思うと心が痛みます。

また、私の義母が事故の前日にザンスカールからレーへとバスで到着していたと夫から報告を受けました。

一日遅いバスに乗っていたらと考えてしまいます。

本当に他人ごとではない恐ろしい事故。

8月のマナリ~レー間で起こった悲惨な事故のことも思い出してしまいました。

亡くなられた方々の冥福を心から祈ります。

残された家族の悲しみを考えると言葉がありません。

関連記事

| お知らせ | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感謝の再会2@名古屋

さて、動物園に連れて行っていただいたあと、夜は9月のラダックツアーのメンバーと再会。

九州の集まりに続いて、名古屋でも皆さんが集まってくださいました。


宴会場所は名古屋駅の「世界の山ちゃん」。

私たちの為に12名も集まってくださるなんてなんとありがたいこと・・・。

なんとわざわざ東京からかけつけて下さった方も!

久々(約一カ月ぶりです)の再会に懐かしい話で盛り上がりました。

また、ラダックツアー後いろんな変化があったよ~とお聞きしたことも嬉しいことでした。

かんぷゎ~い!
Miyoshi san Zoo (144) (336x450)

幻の手羽先、土手煮、味噌カツなどなど、名古屋メシを堪能。

nagoya homon (12) (450x338)


創一はいただいたお絵かきセットでみゆうちゃんにあそんでもらっていました。

Miyoshi san Zoo (86) (450x338)

なんども書いて消せる魔法の絵本
gift (1) (338x450)


さらにありがたいことに、沖縄在住で参加できないから・・・とわざわざ沖縄名物を送って下さった方が!!

オリオンビール(私の大好物)、沖縄の塩、シイークワーサー(これも大好物)などなどなどなどたくさんの贈り物に感激でした。

okinawa yori (1) (450x338)

okinawa yori (2) (450x338)
ぬおーーー!ありがたいさーー!

さらに、持って帰るのが大変だからと滋賀まで郵送してくださったミヨシさんにも感謝。

また、岡山在住の方からもラダックの人に届けてね、と文房具の山と写真、そして素敵な本が届いていました。
gift (6) (338x450)


その他お土産をもらったり、なんだか幸せすぎで混乱でした。

いただいた新幹線のシールブックで遊ぶ創一
gift (4) (338x450)

頂いたポストカード
gift (3) (338x450)
ギャワリンポチェが!!


この日の宿泊は小牧のスーパー銭湯。

なんと次の日にはわざわざミヨシさんが迎えに来てくださって、名古屋駅のコメダでモーニングをいただいたのでした。

nagoya homon (4) (338x450)

シロノワール
nagoya homon (3) (338x450)

生レモンスカッシュ
nagoya homon (2) (338x450)

なつかしおいしかった~。

ミヨシさんの奥さんが作ってくださったバルーンで創一はたくさん遊んでいました。
nagoya homon (6) (450x338)

新幹線の出発時までお見送りをしてくださってもう、ただただ感謝です。

皆様また逢う日まで!

ありがとうございました!
関連記事

| ありがとうございます(涙) | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創一The日本満喫


ラダックではこれは出来ないでしょう!

大阪のおばあちゃんの隣の人から、充電器がなくなって動かなくなってしまった車をもらいうけました。

家の前の坂道でエンドレス車運転。

彼は最高に楽しんでおります。



帰国まであと少し。

The日本のおもちゃです。

我が子よ、思いっきり楽しむのだぞ~!
関連記事

| 日々のつぶやきごと | 06:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創一人生初の動物園に大興奮@愛知

旅もいよいよクライマックス。

次は再び愛知県にやってきました。

愛知県は私にとって特別なところ。

大学が愛知県だったので、カナダへ留学していた時期も含めて5年間住んでいました。

今はラダックに暮らす私ですが、愛知県で過ごした濃い年月を今でも大切に思っています。

さて、今回愛知にやってきたのは、またQさんツアーのつながりに導かれて。

九州だけでなく、愛知県でも皆さんが集まってくださったのでした。

わざわざ名古屋駅まで出迎えてくださったのは、ミヨシさんご一家。

なんと東山動物園に連れて行っていただきました。

私は動物園はもちろん人生初ではないのですが、創一は初体験。

夫ヤンペルは今まで一度ダージリンの動物園に行ったことがあるそうです。

ちなみに私も添乗員としてダージリンの動物園を訪問したことがあります。


さて、東山動物園着後、なんと奥様手作りのお弁当をいただきました。

真心のこもったお弁当に感涙。

Miyoshi san Zoo (102) (450x336)

すごくおいしくて嬉しくて、最高でした。

驚愕だったのが、ミヨシさんの娘さんのみゆうちゃん。

か・し・こーーーーい!

そして、か・わ・いーーーい!

3歳児とは到底思えない大人の女性ぶりに、創一もメロメロに。

終日みゆうちゃんを追い回していました。

創一「お待ちくだされ~」
Miyoshi san Zoo (9) (450x338)

創一がおもちゃを奪い取っても、全部全部「いいよ!」と譲ってくれるみゆうちゃん。

すばらしい・・・創一も見習うように!の一言でした。


モノレールにも乗らせてもらって、動く乗り物にも乗らせてもらって、観覧車にも乗らせてもらって、動物もたくさん見て実に楽しい時間を過ごしました。

素敵なミヨシさんご一家に
Miyoshi san Zoo (22) (450x338)

感謝感謝です。
Miyoshi san Zoo (20) (450x338)

動く乗り物でも手をつなごうとする我が子。
Miyoshi san Zoo (12) (450x338)

象さん~
Miyoshi san Zoo (36) (450x338)


初動物園、さらにみゆうちゃんと手をつないで終始ご機嫌!
Miyoshi san Zoo (127) (450x336)

おさるさんがたくさんいました。
Miyoshi san Zoo (58) (338x450)

観覧車、久しぶりに乗りました。
Miyoshi san Zoo (138) (450x336)

シロクマ~
Miyoshi san Zoo (139) (336x450)

ほんとうに、楽しい一日でした。

ありがとうございましたッ!

---おまけ---

東山動物園での夫のつぶやき

「デリーの動物園にいる動物たちはかわいそうだね。水不足で劣悪な環境に陥っているらしいから。日本の動物園はすごいねぇ。動物たちが幸せそうでいいねぇ」

関連記事

| ありがとうございます(涙) | 04:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウェスティンホテルで優雅なお食事


私の尊敬してやまない素敵なお姉さまと、大阪のウェスティンホテルでフレンチのディナーをいただきました。

九州からの帰りに大阪に立ち寄り、優雅なひと時を過ごしたのでした。

姉さんと初めて会ったのは昨年末、冬のラダックにてでした。

最初のきっかけは、私がラダックに本を運んできてくださいませんかと厚かましいお願いをしたこと。

それからというもの、彼女が持つ波長がなんだか居心地が良くて、勝手に姉さん姉さんと慕うようになったというわけです。

彼女とは実に不思議なご縁があります。

それは私の父に関して。

なんと父と彼女は元同僚だったのであります。

そしてこの夏に私の父と母がラダックに遊びに来てくれた時のこと。

偶然同じ時期に彼女もラダック入りをしていて、それなら!と一緒に空港まで父と母を迎えに来てくださったりしたのです。

そのほかにもボナペティで一緒にディナーをいただいたり、ワインやお酒のお土産をいただいたりと思い出は尽きません。


さて、この日の高級フレンチディナー、厚かましくもごちそうになってしまいました・・・。

九州ツアーで晴れてタコ好きになったヤンペルにぴったりの前菜
norzom san dinner (1) (338x450)

オサレな何か
norzom san dinner (6) (450x338)

!!!!寝てる!!!!!
norzom san dinner (4) (450x338)

うろつきまわる創一。
norzom san dinner (3) (450x338)
窓の外の川を泳ぐ鯉に助けられた母でした。

デザーーート!
norzom san dinner (2) (450x338)
甘いもの大好きな私には天国でした。

来年のカーラチャクラのため、インドに来られる予定の姉さん。

私たちもちょっとだけでもブッダガヤに行こうかなと相談しています。

次会えるのを楽しみにしています!

トジチェ&カッディンチェ!
関連記事

| ありがとうございます(涙) | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生初の素敵な体験


30歳を目前にして体験した、人生初の出来事。

それは滝行!

Qさんと、Qさんツアーのメンバーお一人に導かれ、貴重な体験をさせていただきました。

朝6時45分、博多駅に集合して、電車で滝のある場所に向かいました。

駅で導師にお会いして、一路滝場へ。

深い森の中に入っていくとこんなお寺が。
Japan visit 2011 (172) (450x338)

このお寺には穏やかなお顔のお地蔵さまがたくさんいらっしゃいました。

Japan visit 2011 (171) (450x338)

滝の前で笑顔のショット

この滝に入ります!

Japan visit 2011 (179) (450x338)


滝衣に着替え、おののきのため完全に笑顔が消えた
Japan visit 2011 (178) (450x338)

「ねぇねぇ、無理だと思ったら出てきていいんだよね」と私に聞いて恐ろしがるヤンペル。

一応「いいんじゃない?」と答えた私でしたが・・・

導師の「私がハイって言うまで出てきたらだめだよ」という言葉にヤンペルの恐怖はピークに。

そしてついに・・・
Japan visit 2011 (181) (450x338)

入った~!
Japan visit 2011 (187) (450x338)
そして何やら途切れながら唱えている~!


ヤンペルが無事終了して次は私の番です。

Japan visit 2011 (185) (450x338)


Japan visit 2011 (194) (450x338)

私も知っている限りのマントラを唱えまくりました。

最初のうちは寒くて、そして口の中に入ってくる水のせいで途切れてしまいましたが、徐々に慣れて途切れずに唱えることができました。

滝に打たれながら、あぁヤンペルがプクプクと途切れながら唱えていたのはこういうことだったのだ・・と理解したところで自然に笑みがこぼれたところをヤンペルが目撃。

あとから、「あなた、滝の中で笑っていたね・・・アイ・キャント・ビリーブ!」としつこく言われました。


その間創一は、お寺のおぼっちゃんに素敵な車などを貸してもらい、父と母の激動の滝行にも全く気づかず楽しく遊んでおりました。

Japan visit 2011 (196) (450x338)

滝行が終わると、不思議なぐらい体が暖かく感じられ、そして頭がスッキリしていることに驚愕。

ヤンペルも「体が軽い」と大喜び。

なにか体を覆っていた皮が一枚はがれたような、そんな感じでした。

お寺にもちゃんとお参りをしました。
Japan visit 2011 (201) (450x338)

あぁ、素晴らしきかな、滝行!!

ぜひ日本に帰ってきたときには滝に打たれたいと真剣に思います。

そのあと食べた温かいうどんのおいしいことにも再度びっくり。


そして、せっかくだからと連れて行ってもらったのが南蔵院というお寺です。

ここには全長41m、高さ11m、重さ300トン、世界最大のブロンズ製の涅槃像があります。

涅槃像の中にも入らせていただきました。

心臓部分には、ミャンマーから送られた仏舎利が!!!

これには家族で五体投地をしないわけにはまいりませんでした。


これはなんでしょう
Japan visit 2011 (211) (450x338)

お釈迦様の足でした
Japan visit 2011 (208) (450x338)


そのあと博多駅に戻り、インド料理屋でカレーを食べて、九州の旅は終わりを迎えたのでした。

新たな世界が広がりました、感謝感謝、感謝です!






関連記事

| ありがとうございます(涙) | 20:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Qさんメンバーに再会!@博多


別府の次にやってきたのは、博多!

博多では、9月に衝撃感動のラダックツアーを実現してくださったQさんとそのメンバーの方たちとお会いすることができました。

平日の夜で、お忙しいはずなのにわざわざ集まってくださった皆さん・・・。

ほんとうに幸せです。

集合したのは博多駅近くの海鮮居酒屋さん。

夢の飲み放題においしいお料理!

お子様連れの方がいらっしゃったりして、旅の思い出話だけではない、濃い濃い時間を過ごすことができました。

q san nomi kai (2) (450x338)


ツアー中にもそう思ったのですが、Qさんの周りには明るく前向きなプラスのパワーが満ちていて、Qさんと話していると笑いが絶えないのです。

q san nomi kai (3) (450x338)
Qさんは滝行中のため、アルコールとお肉抜き。

炭酸水を飲むQさんに倣って、私もひたすら炭酸水でした。

そして嬉しいことに、ツアーに参加されたメンバーの皆様から、ラダック旅行後に自分がいい方向に変わっている気がする!というお声をいただいたり、さらには、チャダル絶対に来てくださる宣言まで。

私たちがお手伝いしたラダックツアーで、ラダックのことが好きになっていただいたのだと思うと感無量です。

濃い時間をいただいたことに、感謝!

話に夢中になりすぎて、撮った写真はまさかの2枚でした。

皆様またいつかラダックにお越しくださいね!
関連記事

| ありがとうございます(涙) | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |