fc2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あぁおめでとう!


そんなこんなで参加した親友の結婚式。

失踪事件もなんとか解決して振り乱れた髪におどろく皆様の視線を感じつつ披露宴会場へ。

ちなみにですが、夫ヤンペルとわが子創一には、本当に申し訳ないながら失踪していた公園で2次会まで待っていてもらいました(約3時間半)。

おいしいお食事とおいしいお酒が入りなんとか気持ちが落ち着きました!!
yuri widding (25) (338x450)

瓶ビール!
yuri widding (24) (338x450)

ちなみに哀れ夫は公園近くのコンビニでお弁当を買うつもりがちらしずしを調達(エビ入りを間違ってチョイス)。

新婦の美しさに大絶叫の私でした。
yuri widding (21) (338x450)
自慢のきれいすぎる親友。

久々の友人との再会に大喜びでついついお酒が進みます。
yuri widding (15) (338x450)

友人代表のスピーチも無事に終了
yuri widding (4) (338x450)
カーディガンもしくはショールを忘れ、終始虫刺されあとがたくさん残る二の腕を披露した恥ずかしい友人代表。

二次会では、ようやく家族そろってお祝いをすることができました。

こんなところで強運を発揮。

抽選にあたり、レタス栽培セットをもらいました。

yuri widding (2) (338x450)
「レーで育てたいと思います!」

お二人とも幸せそうで、私は嬉し泣きでした。

おめでとう!ありがとう!そしてごめんなさい!!!!

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

代々木で


10月22日から23日にかけて、代々木で開催される「アースガーデン」に私がヒマラヤの石で作った携帯のストラップが出店されることになりました!


ティクレさんからお誘いを受けて、オリジナルのデザインを作ってたくさん作りました。

売り上げの一部をチベットのサポートに使ってくださるとのこと。

レーにはかわいい携帯ストラップを売っているお店がほとんどないので、最初はデザインを考えて作ってもらっていたのだけれど、このストラップたちは作り方をおばちゃんに教えてもらいながら、ちょっとづつ作ったのです。

mobile (2)


mobile (4)


mobile (6)


mobile (7)


mobile (8)


mobile (10)



販売数は70個。一つ360円です。


それよりも、ティクレさんの素敵な作品が多数出展されるので、ぜひぜひお店をのぞいてみてくださいね。

ティクレさんの作品たちはこちらを見てみてください>>http://tibeyasu.blog104.fc2.com/

私たちのお店は、「HIDDEN HIMALAYA & ティクレ」の名前でクラフト作家登竜門のクラフト長屋での出店されるそうです。


アースガーデン詳細
2011年10月22日(土)23日(日)
@代々木公園イベント広場・ケヤキ並木
10:00-17:00 入場無料・雨天決行

関連記事

| お知らせ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親友の結婚式に参加 ヤンペル失踪編

今回の一時帰国の目的、それは親友の結婚式に参加することでした。

ということで、10月2日に最高に素敵な結婚式に参加をさせてもらったのでした。

式が始まる前のわたくし。

yuri widding (1) (338x450)

200円で出来上がった恐ろしい落ち武者カット@レーも、4000円でこんな風に!!!

でも黒い。

ちなみに着用しているドレスは新婦に借りました。


そこでまさかの夫ヤンペル失踪(創一と共に)。

神社で神前式が厳かに行われたその時、ぐずりだした我が子と共に式場から少し離れたところで夫は遊んでいました。

yuri widding (32) (338x450)


その後式が終わり披露宴の会場へ向かうバスに飛び乗ったとき、夫と創一が取り残されていることに気づき真っ青に。

手をふりまくってそこで待ってて!という必死の合図も気づかず楽しそうに遊ぶ二人・・・。

披露宴会場についてすぐに神社に電話をしたけれど、「日本人みたいな外国人と子供の姿は見えないようですね」という返事にさらに真っ青に。

友人の妹の助けを借りてあわてて神社に引き返したものの、本当にいない!!!!

真っ青を通り越してもう真っ黒です(もともとか・・・)。

きっと実家にもどりはじめているんだと自分に言い聞かせあきらめて披露宴会場に戻ろうとしたところ、公園があったので最後の頼みとよってもらったところ楽しそうに遊ぶヤンペルと創一の姿・・・・・・・。

失踪中に夫により撮影された悲しげな池の写真
yuri widding (29) (338x450)

楽しく遊ぶ失踪中のわが子
yuri widding (27) (450x338)

迷子になったら、絶対にその場を動かないようにしましょうね!!!!!!!!

携帯電話を二人とももっていないんだから!!

汗だく、さらに慣れないヒールで走り回り、親友の結婚式に大幅に遅刻をして、外国に住む常識はずれの日本人ぶりをみんなにさらけ出してしまったのでした。

あぁ、でも今回は興奮してバスに飛び乗ってしまった私が悪いと反省です。

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャオ・チクリン5に参加@日本帰国


チャオ・チクリン5.

略して「CC5」!!!

去る9月末から10月の始めにかけて、竹林ショップ・5周年記念のイベント「CC5」が盛大に執り行われました。

日本に帰国して成田に降り立ち、向かった先はあきる野市にある素敵すぎるお店「竹林shop」。

今年の春ラダックにパシミナの原毛を求めてこられた際に、私たちがお手伝いをしたのが出会いでした。

今回は、竹林ショップ5周年を記念してのイベントに呼んでいただいたのでした。

parva san party (6) (338x450)


新聞にもイベントのことが紹介され、またおなじみのお客様もたくさん来られて、終始大大大大盛況の竹林ショップでした。


主催者である、ぱるば氏によるラダック・パシミナ・遊牧民についてのスライドショーも盛大に行われて、私とヤンペルはラダックの伝統衣装を着て、すこーーーーしだけ、お手伝いをしました。

インド人スーパーシェフによるタンドーリ料理も登場。
parva san party (32) (338x450)

これが、私たちが宿泊させてもらった竹林工房!
parva san party (22) (338x450)

センスが良すぎる・・・。
parva san party (23) (338x450)

竹林カフェも5周年記念で臨時オープン
parva san party (28) (338x450)

かっこをつけるそういっちゃん@竹林工房
parva san party (14) (338x450)

5周年記念のおかげでtocoro cafeの素敵なお二人ともめぐり合いました。
parva san party (3) (338x450)
コーヒー、スウィーツ・・・絶品でした・・・。

ヒドゥンヒマラヤ5周年記念の際には、ラダックにぜひ・・・


そして10月1日の記念日の夜には、おいしいお料理と、火を囲んでのダンスパーティー!

得意技の「モモ」を作るヤンペル
parva san party (5) (338x450)

いろんなお料理がずらーーっと!
parva san party (4) (338x450)

私たちはラダックの音楽に合わせてつたない踊りを披露しました・・・。



それにしても3泊も古民家を改築した、素敵な素敵な建物に泊まらせていただき、おいしいお食事をごちそうになり、温泉まで!!!

parva san party (2) (338x450)

楽しい時間を、ありがとうございました!
関連記事

| 異文化体験記 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛行機大好きそういっちゃん


乗り物が大好きなわが子創一。

飛行機に至ってはその最たるもので、乗る前からワイワイと大騒ぎをします。

飛行機に乗り込むと窓の外の景色を楽しんで、ねぇねぇお母さん!あれを見てくださいよ!と寝ている私を無理やり起こして素敵な景色について教えてくださいます。

さて、今回利用したのはマレーシア航空。

デリー~成田、関空~デリーの経路で、復燃油込で大人一名43000ルピー(80000円弱ぐらい)でした。

マレーシア航空利用の決め手は、インファント(幼児)料金の安さ(創一は往復5000ルピーぐらいでした)と乗り継ぎの便利さでした。

ほかの中国系の航空会社も、安い料金のものはたくさんあったのですが、インファント料金にずいぶん差があったので、今回はマレーシア航空を使って帰ってきました。

創一は11月22日で2歳になります。

インファント料金の適用は2歳の誕生日までなので、11月21日に日本を出る予定の我ながら計画的なご利用です。

創一がインファントではなくなったら、次回はどこの航空会社を利用しようかなぁと、これまた飛行機大好きな母は楽しみながらの計画です。

デリーの空港で我が子大はしゃぎ

ぐるぐる回し機で。
Delhi airport (5) (338x450)

階段も登って
Delhi airport (4) (338x450)

穴から這い出て
Delhi airport (3) (338x450)

滑り台でご満悦
Delhi airport (2) (338x450)

マレーシアでもご機嫌。
oyako.jpg

・・・クアラルンプールの空港に熱帯雨林があったのには度肝を抜かれました(驚きすぎて写真なし)。



関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デリーに住み着きたいと思ったひととき

デリーに住んでいる友人のお招きを受け、アフガニチキンというものを食べに連れて行ってもらいました。

集合場所は、サケット地区のシティーウォーク。

超大型複合施設です。

スーパーあり、おしゃれ雑貨屋あり、おいしい料理ありで、レーのような場所に住んでいる私にとっては一日いても飽きない場所です。

残念ながらゆとりがないから何も買えないのですが、ミーハーな私は大喜び。

体重と身長を測定する機械に夫婦で飛び乗り、キャッキャキャッキャはしゃいでしまいました。

これです。
taijukei.jpg
20円弱で一気に体重と身長が測定できます。

しかも、データがプリントアウトされるので記憶力が悪い私にも最適(でも記録した紙を早速なくしてしまいました)。

ちなみに過酷な夏を乗り切った私の体重は知らぬ間に3キロ減退していました。

身長はなぜか伸びていました(160cm→163cmだったと思います)。


友人の招きを受け、次に向かった先は絶品アフガンチキン屋さん。

デリーで一番おいしいと聞いていたので、ものすごく期待して行ったのですが、期待以上のおいしすぎるチキンに舌が抜けそうになりました。

炭火!炭火!
afgani chiken (5)


窯の中で焼かれる絶品アフガンチキン
afgani chiken (4)

暗くてわかりにくいですが、今でもこの写真をみるとよだれが出ます。
afgani chiken (3)

ハンカチーフのようなアフガンチキンを包むクレープ。
afgani chiken (2)

デリーに行ったら絶対立ち寄ろうねと固く誓うわが一家でした。

また、ラダックでは購入できないものが買えることもデリーの魅力。

大人気の映画「3idiot」の英語版もたやすく入手。

3idiot.jpg


さらに、大好きな南インド料理も名店でおいしくいただきました。

ターリーと
sagar ratna (2)

お好み焼きみたいな食べ物
sagar ratna (1)

この南インド料理はサガールラトナというコンノートプレイスのレストランにて。

やっぱり大都会デリーは便利ですね。

それにおいしい食事が楽しめる。

ほんの少し、デリーにも住めるかも!という考えが頭をよぎりましたが・・・・・いやいや、やっぱりあせもと蚊は嫌だし、あの青い空を眺めて暮らす贅沢にはかなわないと思い直しました。

ごちそうさまでした、デリー!
関連記事

| ありがとうございます(涙) | 08:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デリーであせものそういっちゃん


デリーに来るたびに我が息子は、あせもと虫刺されに悩まされます。

ラダックは乾燥しているので、全く汗をかかない創一なのですが、デリーに来ると、頭の上にシャワーがついているかのようにずぶ濡れになります。

寝ているときも汗をかきまくり、起きた時にはシーツが人型になります。

そして、あせもが発生、それに群がる蚊。

デリーは創一に会わないようで、やっぱりラダックの子だなぁとつくづく思います。

そんな状況の中親たちは暑いデリーでのビールを楽しみます。

Delhi chonphel san house (5)

後ろは夫の友人、チョンベルさん
Delhi chonphel san house (3)

デリーはアルコールの種類が豊富でうれしい!

キングフィッシャーウルトラをはじめ、ラダックでは絶対に手に入れることのできないビールの数々。

ポテトチップスも種類豊富でうれしい!
Delhi chonphel san house (2)

チョンベルさんに貸してもらった自転車。
Delhi chonphel san house (1)

デリーの楽しい夜はこうして更けてゆくのでした。


関連記事

| 異文化体験記 | 07:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デリーでの再会@超豪華レストラン


デリーで再会したのは、なんとQさんツアーの皆様。

私たち一家は、ヤンペルのビザの手続きを行わなくてはいけないため、Qさんツアーのメンバーよりも3時間ほど早くデリーに到着したのでした。

そうなのです、私たち一家は、Qさんツアーの出発と同じ日にデリーに飛んだのです。

この日は奇跡の絶景フライト・・・。
flight from Leh (2)



ヌン・クン峰、夫の遠征したザンスカールの氷河や湖に終始大興奮でした。

同じ日にデリーに向かう!これも何かの縁でしょう!と皆様から素敵なお招きを受け、最後の豪華晩餐に参加をさせていただいたのでした。

事前に素敵なディナーですよ!と聞いていたのですが、まさかここまでとは・・・。

お・・・・
gouka dinner (3)

おしゃれーーーー!
gouka dinner (2)

お・・・・・おいしい~!
gouka dinner (1)

想像を絶するおしゃれで洗練された空間とおいしいお料理に、大興奮してもう涙が出てしまったほどでした。

それに何より素敵な皆様とお話をたくさんさせていただいたこと!

おいしいビールに話が弾み、ツアー中は聞けなかったあんなことこんなことを、これでもか!というぐらいおしゃべりしてしまいました。


私は今日本に帰国中ですが、実はこれからツアーのメンバーの皆様と、九州・愛知でお会いすることになっています。

本当に楽しみ!

Qさんと一緒に。
Pangong tso q san to (2)


素敵なご縁に感謝、感謝です。
Pangong tso q san to (1)

黒すぎる夫婦。

夫の前髪も、私のボリュームのありすぎる髪型も素敵すぎますね(涙)

関連記事

| ありがとうございます(涙) | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創一、一人で乗馬


9月、シルバーウィークのQさんツアーの中で、私が特別うれしかったこと。

それは、我が子創一、一歳9か月が一人で乗馬をしたことです。

我が子は動物が大好きなのです。

牛を見ても鳴きまねをしながらよしよしをしますし、犬も大好き。

当然乗馬も大喜びで参加していました。

マト村の付近での絶景乗馬!


メンバーの皆様。

Qsan tour (18)

最初少し怖がっていらっしゃった方もすぐに慣れていらっしゃいました!

実際に創一が乗馬をしたのは、私が抱っこをして一時間ぐらいのことでした。

Qsan tour (19)

そして乗馬が終わった後、夫ヤンペルが創一を一人で馬の上に置いてみたところ・・・・
Qsan tour (22)

お?お?
Qsan tour (24)

おぉぉぉ!!!!
Qsan tour (23)

一人でも全く怖がらずバランスをとる創一に、母びっくり。

ラダックの空は、この日も青かった!
Qsan tour (13)


関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Qさんツアー

今年のシーズン最後の大仕事は、「Qさんのツアー」でした。

なんと総勢16名のお客様をご案内させていただいたのでした。

ガイドは夫ヤンペル、そして添乗員は私+わが子創一。

Hidden Himalaya初の家族ツアーでした。

レーの空港でお会いしてから、そのままアルチへ。

ラマユルでは、月面ハイキング(クライミング!?)にたっぷりの瞑想。

レーでは乗馬に祈祷師訪問。

そしてクライマックスはパンゴンツォという神秘の湖をを訪問して、ホームステイ!

2月の添乗以来、久々に創一を連れてのお客様への同行だったので、非常に緊張したのですが、ものすごくパワフルで適応能力のある皆様のおかげでなんとか無事に終えることができました。

さて、今回の旅のリーダーであるQさんという方は、宇宙と仲良しという本を執筆された素晴らしい方です。

決断力、判断力、行動力、体から湧き上ってきている「力」が目に見えそうなぐらいでした。

Qさんの企画力に、ヒドゥンヒマラヤ日本人スタッフは脱帽する思いでした。

ホームステイでの超ローカルフード、ラマユルまでの絶景道路で見た彩雲、パンゴンツォの岸辺で瞑想をする皆様、瞬さんの残念そうな顔、祈祷師訪問の際の夫ヤンペル、オールドラダックゲストハウス訪問、ナムギャルツェモ、デリーでごちそうになった世にも豪華なお食事・・・。

ラマユルでのQさん ご自身の本と一緒に
Qsan tour (10)


彩雲
Qsan tour (7)


ポーターを引き受ける創一
Qsan tour (4)

マニ車大好き創一
Qsan tour (1)

ドライバーさんに遊んでもらうわが子
Qsan tour (6)

ラマユルへの道中で
Qsan tour (9)

ラマユル月面ハイキング
Qsan tour (13)

パンゴンツォ・スパンミックでの1時間は私にとっても特別な時間でした。
Qsan tour (28)

Qsan tour (29)
天気は終始、最高でした!


すべてが心に残っています。

素敵なメンバーの皆様に大いに刺激を受け「経験値がかなり上がった」ツアーでした。


ほんとうにほんとうに、ほんとうに・・・ありがとうございました!

この出会いに感謝するとともに、またいつの日か皆様にお会いできますようにと願っています。







関連記事

| ありがとうございます(涙) | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついに滋賀県に到着!


しばらくぶりのブログの更新です。

デリーから成田へ飛び、そのあとあきるの市で行われた素敵なイベントに参加、そして親友の結婚式でスピーチ、ついに我が実家滋賀県に到着しました。

創一もおじいちゃんおばあちゃんが用意してくれていたものすごいおもちゃで遊びまくり、我が駄犬、愛するビリーにかまってもらっています。

JRパスという外国人と外国人の配偶者等しか購入できない、新幹線などが乗り放題のパスを買ったので、日本中をうろうろしてきたいと思います。

落ち着いたら、怒涛のブログ更新をする予定ですので今しばらくお待ちください!!!

以上喜びの報告でした。

関連記事

| 日々のつぶやきごと | 12:49 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |