ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プクタル


15時半にプクタル着。

それから日が落ちるまで、心行くまで見学しました。

季節がら、観光客、参拝客は私たち以外はゼロ。

お坊さんも小僧さんも、何かのお休みだったらしく、自分の村に帰ってしまっていてほとんどいらっしゃいませんでした。

でもその分、カギ番さんや長老のお坊さんが手厚くもてなしてくれて、ゆっくりとお参りすることができました。


PA250768_R.jpg


お部屋に招き入れてもらって、お茶をごちそうになりました。

PA250778_R.jpg

トレッキングでかいた汗が冷えたところに幸せなミルクティでした。

ミルクティで一息ついた後、いよいよ僧院のお参りへ。


カギ番のサンゲさんが案内してくれました。
PA250860_R.jpg


プクタルを象徴する、伝説のシュクパ(お香の木)
PA250767_R.jpg


その直下に建てられているチョルテン。
PA250793_R.jpg


この石を抱えてチョルテンの周りを7周すると子宝に恵まれるらしい。
PA250836_R.jpg


ギャツォさん第二子希望
PA250837_R.jpg

PA250838_R.jpg


わたくしももちろん、必死でぐるぐるまわっておきました。
PA250842_R.jpg


このチョルテンは洞窟の中にあります。
PA250873_R.jpg


洞窟の奥は神秘的な空気で満たされていました。
PA250806_R.jpg



美しい壁画
PA250830_R.jpg


PA250855_R.jpg



立体曼荼羅
PA250824_R.jpg


人間の皮で張られた太鼓
PA260955_R.jpg


頭蓋骨でできた容器(カパーラ)

PA260956_R.jpg


写真は撮りませんでしたが、湧き水のある部屋や、外国人観光客が入ることを許されていないチョルテンの部屋などを特別に見学させてもらいました。

ギャツォさんもチョルテンの部屋に入ったのは初めてだと喜んでいました。


実は一か所、地元の人にも開放されていない秘密のお堂があります。

サンゲさんにちょっと「入ってみたいなぁ~」と言ってみましたが、彼自身もその部屋には入ったことがないとのこと、そこは当然入らせてもらえませんでした。

サンゲさんによるとそこにはヤクやヤギなどのミイラが祀られているそうで、冬に行われるプクタルグストルの時だけ解放されるとのこと。

プクタルグストルは、パドゥムからチャダルでのみ訪問することができます。

いつかプクタルグストルに来たいなぁと本気で思いました。


ずっと憧れていたプクタル僧院。

正直、こんなに不思議で美しい僧院は初めてでした。

僧院の衛星電話でヤンペルに無事の到着を報告。
PA250884_R.jpg


そうこうしているうち日が暮れて、一番星が輝きだしました。
PA250888_R.jpg


宿泊は、僧院のゲストハウスにて。

他に宿泊する人がいなかったので、ギャツォさんと二人で貸し切り状態でした。

この時期ゲストハウスに泊めてもらえると思っていなかったので寝袋持参だったのですが、お布団もちゃんと用意してくれて、サンゲさんが夕食も作ってくれて大変快適でした。

夜は星を見に何度も外に起きだしました。

PA250898_R.jpg


PA260926_R.jpg


PA260936_R.jpg


翌朝

PA260941_R.jpg

出発前にもう一度僧院の見学へ。

PA260981_R.jpg


PA260979_R.jpg


PA260969_R.jpg


プクタルを1泊で離れるのは、正直もったいなく去りがたい気持ちでいっぱいでしたが、必ずまた来ると誓って、元来た道を帰りました。

PA260996_R.jpg


PA261019_R.jpg


1泊2日のプクタル訪問でしたが、忘れられない思い出となりました。


ブログのランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッと応援よろしくお願いいたします m(_ _)m
スポンサーサイト

| ザンスカール | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プクタル --しもやけが治る--



アンムーからプクタルまではもちろん徒歩。

普段全く歩くことが好きじゃない私がガツガツ歩いたので、一緒に行ったギャツォさんがびっくりしていました。


チャダルのときも意外に私が歩きまくるのでみんなびっくりしていたことを思い出しました。

12時にアンムーを出て、途中のチャー村でお昼ご飯休憩後、プクタルについたのが15時30分。


PA250730_R.jpg
チャー村の子供たち



PA250732_R.jpg


PA250736_R.jpg
結構な崖っぷり。


PA250739_R.jpg
頼りになるガイド、ギャツォさん。

気心知れたギャツォさんとの二人旅、とっても楽しかったです。


プクタル僧院に到着。
PA250748_R.jpg

明るいうちに到着できてよかった!




出発する前はひさしぶりのトレッキングが不安で歩けるかな、途中で倒れないかな、馬で行きたいな、などとゴネゴネ言ってギャツォさんにプレッシャーを与えていたのですが、プクタルについたらギャツォさんが「地元の人と全く同じ」と言ってくれてなんだかうれしかったです。


私の歩き具合によっては途中のチャー村で宿泊をする予定だったのですが、全く必要なく、一日でプクタル着。

ガツガツ歩いたおかげで、早々と発生していたしもやけがなんと全部治りました。

そのかわり、両方の小指の爪が圧迫されて真っ黒になり激痛が。

しもやけが一旦なくなって大喜びの私。

プクタル僧院に祝福されてるわ・・・と本気で思ったのでした。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログへ
よろしくお願いいたします!

| ザンスカール | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プクタル --パドゥムからアンムーへ--


念願のプクタル訪問が今回叶いました。

創一も一緒に行く予定にしていたのですが、羊や牛の世話が楽しすぎて、ついてきてくれませんでした。

ということで、ヤンペルに子供たちの世話を任せ、ギャツォさんと二人で行ってきました。

アンムーまで、車で3時間。

冬間近の美しいツァラップ川に沿ってのドライブ。

PA250717_R.jpg


PA250721_R.jpg


この道は超悪路。

何度も工事で足止めを食らいました。

PA250715_R.jpg


イチャール村出身の酔っぱらいの巡礼集団がヒッチハイクをしていたので、乗せてあげました、というより無理やり車のドアをこじ開けて乗り込んで来られました。

PA250725_R.jpg


マナリまで出てツォペマへの巡礼へ行くそうですが、みんな手にチャンやシングリ、アラクのボトルを持ってがぶがぶ飲んでいました。

彼女たちがこの先トレッキングルートから転げ落ちないよう心から祈りました。


ウフティ村というピピティン僧院の近くにある親戚の家を9時に出発して、お昼の12時ちょうどに道の終点に到着。

トレッキングの話は次の記事で紹介したいと思います。


ブログのランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

| ザンスカール | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールで水を得た魚


ザンスカール滞在中の子供たちの様子。


ギャツォさんのお姉さんの家で

PA230476_R.jpg


PA230474_R.jpg


PA230477_R.jpg


PA230472_R.jpg


直人大喜び
PA230483_R.jpg

夫の実家 ホンチェット村で乗ロバ
PA230514_R.jpg


いとこが数え切れないほどたくさんいて、一緒に楽しく遊んでいました。
PA240614_R.jpg


氷が大好きな子供たち
PA240544_R.jpg



PA240567_R.jpg


氷をべろべろ
PA240628_R.jpg


べろべろ
PA240637_R.jpg


ガイドのツプテン家へお邪魔した時の一コマ
PA271113_R.jpg


男子は乗り物が好きですね。


ウフティ村では、生まれたばかりの子羊が
PA271103_R.jpg

PA271089_R.jpg

子供たちが必要以上にかわいがりすぎて、子羊が死んじゃうんじゃないかとひやひやしました。


3人ともザンスカールでずっとずっと楽しそうに過ごしていて、とてもうれしかったです。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ポチッと応援、よろしくお願いいたします m(_ _)m

| ザンスカール | 07:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長男に嫌がられる


ザンスカールから戻ってきてから、夫のお母さんと一緒に暮らしています。

私が忙しい間、直人の面倒を見てくれたり、一緒に日向ぼっこをしたり、とってもいい時間を過ごしています。

Hidden Himalayaの仕事が毎日あるので、私はいつも日中レーのオフィスに出かけるのですが、お母さんからいつも「寒い格好をして!」と叱られていました。

それでもジーンズで出かけていた私をみてついにお母さんが「あの私が作ってあげたナンブー(羊の毛でできたザンスカール伝統の織物)のズボンはかないと、絶対出かけたらだめ」と言ってこられたので、ナンブーのズボンで最近はオフィスに来ています。

私がこのズボンをはきたくなかったわけはただ一つ。

このズボンをはいていると、間違いなく待ちゆく皆様から「ザンスカールのナンブーを履いている外国人ザンスカール妻」と熱い視線が注がれるからです。

私が気に入っていて年がら年中頭にかぶっているゴルダムも、ザンスカールを象徴する一品なのですが、それをかぶっているだけでも街を歩いていると「ザンスカール妻、ザンスカール妻」と噂をする声が聞こえてきます。

緑のゴルダムがお気に入り
P_20161109_114936_R.jpg

このゴルダムは、もう私の頭の一部と言っていいぐらい便利で気に入っていて、誰に何を言われようと一日たりともかぶらないという選択肢はないのですが、ゴルダムに加えてナンブーのズボンをはくと、さらに劇的に注目の的になることがわかりきっているので、嫌だったのです。


さて、ヤンペルがデリーに行ってしまった今日この頃、ギャツォさんはザンスカールの実家でつかの間のホリデイ中なので、私が創一と秋生を学校のクラスまで送っていく必要があります。

お年頃の長男創一は、私が「外国人ザンスカール妻」とこそこそ噂をされるのが気にいらないらしく、「かーちゃんナンブー履いてるから恥ずかしい、クラスへは一人で行くからね」とそそくさとクラスへ行こうとします。


そこでかーちゃん怒りのひとこと「わかったナンブーのズボンいますぐ脱ぐ! その代わり裸で踊りまくるからね!!!!!!!!!!!!!」


創一「ダメ」


秋生「かーちゃん踊って」


母「はい」


創一「ヒィィィィィl!!!!!!!」


というわけで、創一に嫌がられながらも、お母さんの気を静めるために履きだしたナンブーのズボン。

履いてみるとめっちゃあったかい。

今までひざなどに冷えをかんじながらオフィスで過ごしていましたが、ナンブーを履きだしてから下半身に一切の冷えを感じない。

もう冬中一日たりとも手放せません。

P_20161109_110902_R.jpg
毛玉が・・・

創一残念、人々の注目度などは一切気にせず、ナンブーのズボンを履きまくろうと決意したかーちゃんです。



--おまけ--
直人は気にせず「ボボ(伝統衣装)」着用

P_20161101_220948_R.jpg


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

| ザンスカール | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールでざっくざく


ザンスカールの知り合いから、数年前に「ザンスカールには、クリスタルがざくざくとれる秘密の場所がいくつかある」ときかされてから、ずっとひそかに訪問したいと思っていました。


ザンスカール中で誰に聞いても「全く知らない」という回答。

伝説かただの噂だと諦めかけていたとき、親戚のおじさんが「それはこの村にある、今から案内する」と頼もしいひとこと。

想像を絶する危険な場所を冷や汗を垂らしながらついていくと、その場所は本当にあったのです。

岩全体がクリスタルでできていて、そこら中にごろごろ美しい石が転がっていました。

普段から石を拾い集めるのが大好きな創一と秋生は涙を流さんばかりに狂喜乱舞。

子供たちは大喜びであれもこれもと拾っていましたが、あの危険な道を重たい石を大量に背負って帰るのはリスクが高すぎるのし、たくさん持って帰るのは良くない気がして、石の採取はほどほどにその場所を後にしました。

大興奮ボーイズたちは、拾った石を並べ、眺め、取り合い、大喜びで私への感謝の意を長時間述べていました。


PA271155_R.jpg



PA271156_R.jpg




PA271159_R.jpg



PA271154_R.jpg




PA271153_R.jpg


いつになく丁寧なお礼「かあちゃん、こんなきれいな石をひろわせてくれて、ありがとうございました」


いやいや私にお礼を言うより、連れて行ってくれたアバン(親戚のおじさん)にもっとお礼を・・・


ちなみにおじさんによると、今回訪問したところとは比べ物にならないぐらいたくさんの宝石がある場所を知っているとのこと。

そこには日帰りでは到底いけないので、夏おじさんが行ってたくさん持ち帰って保管しといてあげようかと提案が。



今回の宝石取りも、実は本当によいのかとびくびくしている小心者の私。


さらに宝石をもらうなんてそんな畏れ多い・・・・良いのでしょうか・・・・

良いのでしょうか・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・ぜひともお言葉に甘えたいと思います (子供たちと一緒に土下座)


ということで、来年の夏の楽しみが一つ増えました。

ザンスカール、神秘的すぎです。


ブログのランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

| ザンスカール | 07:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本当の働き者


ザンスカールを訪問して、自分が全然本当の働き者ではなかったことを思い知りました。


ザンスカールの実家の義理の妹は、小さい子供を抱えながらひと時も休まずに働いていました。

PA230532_R.jpg


朝、一番の仕事はストーブに火を入れ、ミルクティーとバター茶を作ること。

PA240575_R.jpg


そしてトゥトゥという甘くない素朴なパンを焼く。

みんなが起きてきたら、温かいチーズと豆の入ったスープをつくり、朝食の準備に取り掛かる。

PA240584_R.jpg


朝食は、薄い無発酵パンと野菜の付け合わせ。

食器を洗ったら、水を取りに村のはずれにある共同の水汲み場へ。

それから牛と羊とロバとゾを飼っているので、草を食べさせに連れていく。

昼ご飯を作って、また水を汲みに行って、牛とヒツジとロバとゾの世話、そして夕食。

洗濯も食器をあらうのも、すべて重労働。

家畜のふんで作られたストーブの燃料を運んでくるのも、ストーブの灰を捨てに行くのも、小さい仕事だけれど一日に何度もしなければいけないこと。

仏間でのお祈りも日々欠かせません。


旦那さんは軍の隊員なので、夏の間の2か月しか家におらず、義理のお母さん(ヤンペルのお母さん)と一緒に暮らしています。

小さい赤ちゃんのお世話以外は、すべての仕事は義理の妹が担当していました。

今は夏のように畑の仕事がないから、楽なんだよと言っていました。

少しでも手助けがしたいといろいろやってみましたが、勝手がわからず空回り。

私たちが滞在している間、たくさん気を使わせて仕事を増やしていたように思います。

それでもザンスカールを離れるとき、来てくれてありがとう、さみしくなるわと涙をながしてくれた、義理の妹。

私のことをオフィスの仕事をしながら、家事などをたくさんしている働き者だと思ってくれているようで、ラダックでの忙しい暮らしで健康を害さないでねと何度も言ってくれました。

ザンスカールの親戚の家をいくつも回って泊めてもらいました、どの家でも例外なく、次から次へと発生するやらなければ生活できないたくさんの仕事を淡々とこなしていました。

本当の働き者はザンスカールで一生懸命に日々生活をしているあなたたちのような人のことを言うんだよと心から思いました。


PA240707_R.jpg


伝統的な暮らしの中で仕事をする姿は、非常に美しく、それだけで絵になります。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログへ

どうぞよろしくお願いいたします!

| ザンスカール | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラクダではない


カルギルからザンスカールへの道中、まさかのラクダを発見。

ラクダはラダック語でガボンというのですが、驚きすぎて「何故ガボンーーーッ」と絶叫。


PA230411_R.jpg


・・・よくみてみると、ラクダではなく大量の草を背負った人でした。

長旅で疲れていた頭が錯覚を起こさせたようです。


これは疲れすぎだねと、トイレ休憩でリフレッシュ(直人が)
PA230459_R.jpg



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログへ

どうぞよろしくお願いいたします!

| ザンスカール | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クマ怖い


ザンスカールにある夫の実家のトイレは、生活をする部屋から大変離れています。

一旦玄関から外に出て、2階へ上がって、さらに奥の方にあります。

当然水洗トイレではなく、ぼっとん式であることは全く私たちにとっては問題ではありません。


問題はクマ。


実家の皆さまが、口々に「深夜にクマが来る」「朝起きたらロバが玄関前でクマに殺されていた」「クマにガラス割られないように鉄格子取り付けた」などと言っていらっしゃったのを思い出しては、冗談ではなくちびりそうになりました。

激しくお腹を壊していた一家5人は、ひっきりなしに夜じゅうトイレに通っていたのですが、トイレにはなぜか一切電球が設置されていないので、トイレを開けるたびに、クマが飛び出てくるのではないかと大緊張でした。

実家の皆さまによると、ザンスカールに生息しているクマ様は人間さながらの大変良い頭脳をお持ちでいらっしゃるらしい。


深夜人間が寝静まった頃、ドアをあけて家の中に侵入。

アラック(ザンスカールの焼酎のようなお酒)の瓶のふたをあけ、がぶがぶ飲むx5本。

ご丁寧にちゃんと飲み終わった瓶のふたをすべて閉めて退出していたそうです。

本当に犯人はクマなのか?、近所のおじさんの犯行ではないのか?と質問しましたが、絶対にクマの犯行だと全員一致の意見でした。


地域全体で管理している穀物庫にもクマ侵入。

大麦の粉や豆などが入っている袋を引き裂き、混ぜて、がつがつ食べ、満腹になったらドアをちゃんと閉めて退出。

ちゃんとドアを固定する部分も閉めていたそうです。


頭脳派のザンスカールグマ怖すぎる!!!



夫の実家のあるホンチェット村

PA230502_R.jpg

ロバだらけ、動物だらけなので、クマが襲いに来るのもうなづけます。
PA230509_R.jpg


夫のお母さん
PA230507_R.jpg


こグマではなく我が子
PA240618_R.jpg



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑我が家のクマ

応援よろしくお願いいたします m(_ _)m

| ザンスカール | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールへ20時間



悪路を延々と進み、ザンスカールへと向かいました。
PA230396_R.jpg

レーからカルギルまで8時間、カルギルからパドゥムまでは約13時間。

子供3人を連れての20時間を超える移動は、想像以上に楽しく、そして大変でした。


PA220372_R.jpg


PA230420_R.jpg


PA230421_R.jpg


PA230422_R.jpg


PA230428_R.jpg


PA230430_R.jpg


レーに住み、毎日毎日ストックカンリが真ん中にそびえる美しい山並みを見ながら大喜びで暮らしている私ですが、残念ながらザンスカールのどんな景色にもかなわないと思いました。

PA301354_R.jpg


PA240657_R.jpg


PA240662_R.jpg



ザンスカール贔屓の私の目から見ると、気のせいかもしれませんが空の色が違う。

PA230402_R.jpg



何ということのない岩や山の表面の質感や色に心をぎゅっとわしづかみにされるのです。


PA230405_R.jpg


PA240551_R.jpg


これだけ時間をかけてしかたどり着けない場所だからこそ、特別美しく感じるのかもしれません。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログへ
応援よろしくお願いいたします!

| ザンスカール | 16:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |