ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八百屋さんまた驚愕


今日ラダックにお越しになったお客様より、子供たちにとたくさんのお菓子をいただきました。

オフィスでの激務中に、ちらっとそのお菓子が見えるとやる気が1000倍になるので、近くにずらっと並べていました。

日本のおやつ、見ているだけで幸せになります!!!!!


さて、足しげくオフィスにお越しの、例の隣の八百屋さんがいつもの通りいらっしゃいました。

甘いものが大好きなので、おやつが並べてあるのを目ざとく見つけた八百屋さんは「オーー、ミターイ!!(甘いものだぁ~♡)」といっておやつの近くにお座りになり、見物を始めました。


この貴重すぎるおやつを勝手にお召し上がりになるという非常事態を阻止するため慌てて「これ、子供のだからごめんね」とけん制。

八百屋さんは子供好きですので、こう言っておけば我慢してくれるはず。



「これが日本のお菓子か~」と興味深げな八百屋さんでしたが、突然顔を引きつらせて「えぇぇぇ!!!」と叫びました。


「日本のおやつ、めっちゃめちゃ高い!!」とものすごく驚いているので「日本は物価が高いんですよ」などといいながら見てみると


P_20160810_142252_R.jpg

八百屋さん、この部分をご覧になっていました。


「トゥトゥトゥ、トゥーサウザントルピーなの?!?!(3200円ぐらい)」と八百屋さん。


いやいや、日本のお菓子にはルピーの記載はありませんよ。

そして、これは賞味期限ですよ。

だいたい日本では100ルピーぐらいで売られていますよといったら、大変安心していらっしゃいました。


八百屋さんから守り抜いた貴重なお菓子、大切に大切に家族でいただきたいと思います。

ほんとうにありがとうございました!


--ブログのランキングに参加しています--
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

| ありがとうございます(涙) | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しそとニラの7月


7月はしそニラ月間でした。


7月初旬、シソとニラの種を畑に植えました。


いくら待っても芽が出ずに落ち込んでいた矢先、マナリでシソとニラを栽培していらっしゃる日本人の方から大量のプレゼントが届くという奇跡が。

ニラ玉、ニラチヂミで、ニラはあっというまに完食。

P_20160728_184329_R.jpg


P_20160729_192202_R.jpg

子供たちは、ニラという野菜を食べるのはたぶん生まれて初めてでした。

ニラを食べた翌日、偶然好きな野菜の話になったのですが、創一も秋生も「好きな野菜はニラ」と断言。

あっさりニラファンになっていました。


シソは手巻き寿司に、薬味に、サラダにとおいしく大切にいただいています。

P_20160729_121934_R.jpg

シソニンニク醤油も仕込んでいるので、チャーハンなどに利用するのが楽しみです。


そして7月末、今回もダメだったと諦めかけていた畑のにらとしそが大量に芽を出していて、狂喜乱舞。

このまま成長して秋までに大量に収穫ができますようにと、毎日仏間で五体投地をしております。


--ブログのランキングに参加しています--

にほんブログ村 海外生活ブログへ

お手数で恐縮ですが、ぽちっと応援してくださったらとっても嬉しいです!!

| ありがとうございます(涙) | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スペインから・・・


スペイン在住のお客様が、絶叫物のお土産を持ってきてくださいました。


ぶぶぶ・・・豚肉!!!

P_20160721_045218_R.jpg

さささ・・・サラミであります!!!


栗好きの駄ラダック在住に、マロンクリームを・・・

P_20160721_045150_R.jpg

さらにおいしすぎるワインを・・・。

アルコール好きの私は涙を流して大喜びでございました。

その他にもたくさんの缶詰など・・・。

次はお土産(ラダックにあるのはあんず製品のみですが)を持って、スペインに絶対に行きます!!!!


サラミはほんのり塩味で、子供も食べることができるからと少しあげたところ、気に入りすぎてバクバクと食べるので、母はついに極秘の場所に移動させました。


本当に本当に、ありがとうございました!!

--ブログのランキングに参加しています--

にほんブログ村 海外生活ブログへ

なにとぞ、よろしくお願いいたします!!

| ありがとうございます(涙) | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミッシェルバッハ


父から届いたミッシェルバッハ。

P_20160706_213102_R.jpg


夙川クッキーローゼ、おいしすぎる!!!!!

特にあんずジャムのクッキー。

私の中のクッキーランキング、ダントツ一位です。


私の大好物、並びまくって買って、ラダックに届けてくれた父に感謝です。


| ありがとうございます(涙) | 14:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤンペル超お気に入りのかばん


ヤンペルがひとちゃんに懇願して作ってもらったかばんがこれです。


P_20160408_110108_R.jpg


なんとお釈迦さまの柄なのです。

生地を見た瞬間に、ヤンペルのテンションが最大に。

ひとちゃん「ヤンペルさん、ご希望は?」


ヤンペル「お釈迦さまを真ん中にお願いしますぅぅぅぅ」


出来上がったカバンを見て、ヤンペルは気が狂わんばかりの喜びぶりでした。

P_20160408_110039_R.jpg

ほおずりでもしそうな勢いで、大事に大事に使っています。


ひとちゃん本当にありがとう!


--ランキングに参加しています--

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

素敵すぎるカバンを手に入れたヤンペルに応援の一票をお願いいたします!

| ありがとうございます(涙) | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちえちゃんありがとう


強い電力に大喜びのラダック在住日本人は、パウンドケーキの成功に景気づけられ、昨日はクッキーを焼きました。

実は母から譲り受けた思い出のクッキー型は、ラダックの過酷な環境か寿命かで端っこのほうがぼろぼろになっていました。

そういう話を日本に帰った時にいとこのちえちゃんにしたら、なんと貴重な同じクッキー型をプレゼントしてくれました。

P_20160227_161259_R.jpg

なんとやさしいお嬢さんなのかと、感謝感激です。


ちえちゃんのおかげで、おいしくてかわいいクッキーがたくさん出来上がりました。

P_20160227_161307_R.jpg

あたたかい気持ちのこもったクッキー型大事にするね!

| ありがとうございます(涙) | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Thank you Uncle Walter ウォルターおじさんありがとう



大好きなウォルターおじさんが、ラダックに来てくれました。

お土産にいただいた子供服、創一と秋生は大大大喜び。

ウォルターおじさん、パジャマだよって言ってたけれど、この格好で庭を走り回っていました。

150902-174704-P_20150902_174704_R.jpg

150902-174617-P_20150902_174617_R.jpg

150902-174652-P_20150902_174652_R.jpg


Uncle, you said these are Pajamas for them right.. 
But they are running outside whole day with these fantastic suits!


直人もウォルターおじさんのベビー服を着て、渾身のスマイル。
150906-214349-DSC_0745_R.jpg

150906-214317-DSC_0741_R.jpg

Thousands of thanks to you Uncle...

ウォルターおじさん、実はアメリカの大きな旅行会社の社長さんなのです。

いろんなコネがあるらしく、ヤンペルがアメリカに来るときにはビザは任せて!とのこと。

そしてうちに来て!と何とも心強いおことば。

ウォルターおじさん、大好きです!!

We WILL come to your lovely place some day.

We love you Uncle!!!!!!!!!!!!!

| ありがとうございます(涙) | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛されている幸せ



もしかしたら意外に思われるかもしれませんが、私は仕事以外では全く社交的ではなく、友達は本当に少ないのです。

ここラダックでも、新たに友人を作ろうという気など全くなく、日々子育て、家事、仕事に全力を注いでいます。


ラダックに越してきて、初期のころはいろんなところに呼ばれて、しぶしぶ夫と一緒に出掛けていました。

ですが、それもうまく断れるようになると、夫が家に友達を呼んでパーティをしている時に、ちょっと顔をだして話をしたりする程度となり、自ら集まりに参加するなどおよそ考えられない日常を送っています。

「我ながら、寂しい奴よのぅ・・・」などと思うこともありますが、実際に寂しいかというとそうでもないのです。

決して人が嫌いとか、人づきあいが苦手とか、そういうわけではないのですが、ただ単にめんどくさがりなのだろうと自分のことを分析しています。

でも、こんな私のことを日本で応援してくれている、数少ないながらも私の心の支えそのものの、貴重な貴重な友人がいます。

直人の出産祝いにと、大学時代の友人がみんなで内緒で荷物を送ってくれました。

貴重な日本食、秋生の靴、雑貨などなど、本当にたくさんの心のこもったものをいただきました。

中でもうれしかったのが、みんなからの手紙と、創一、秋生、直人と名前が入ったお箸セット。

DSC_0688_R.jpg


DSC_0691_R.jpg


DSC_0693_R.jpg


DSC_0692_R.jpg


直人はもちろんまだ使えませんが、上の子二人は大喜びで「自分のフォーク、おはし、スプーン!」と大喜びで毎日使っています。


ラダックで友達が一人もいなくても、楽しく幸せにすごせているのは、日本で見守ってくれている友人のおかげだと本当に感謝しています。


みんなの愛に支えられて、私は幸せ者です。


| ありがとうございます(涙) | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋生 最近のファッション


ひとちゃんが作ってくれたおしゃれな首巻を着用の秋生。


DSC_0633_R.jpg

これを首に巻くだけで、なんともおしゃれな子供に大変身。

ひとちゃんの手作りの品々、センス良し、本当に丁寧に作られていて、愛用しまくりです。


岡山のひーばーちゃんが、みんなにおそろいで買ってくれた腹ペコあおむしのトレーナーもお気に入りです。

| ありがとうございます(涙) | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創一読み聞かせ パート2



お客様から素敵な本をいただいたので、さっそく直人に読み聞かせをする創一。

P_20150818_075025_R.jpg


直人「ガバッ!!!」
P_20150818_075030_R.jpg


「直人に」というところがポイントで、どうやら創一は自分の思い通りにならない秋生よりも、直人をかわいがっている様子。

目に入れても痛くない・・・といった感じで、せっせと世話を焼いています。



| ありがとうございます(涙) | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大好物





ペヤング!!!!

P_20150818_143045_R.jpg


東京で働いていた時に、先輩に教えてもらって食べまくっていたペヤング。



なんとお客様が持ってきてくださって、ここラダックでまさかのペヤング。


P_20150818_143038_R.jpg

ギャッホー!と人には聞かせることのできないおたけびをあげながら、ありがたくいただきました。


そしてまだうちには、カップ焼きそば(大盛り)が3つもあるのです、、、。


夏が終わったら自分へのご褒美に、ヤンペルや子供たちから隠れてこっそり食べたいと思います。


| ありがとうございます(涙) | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カステラ顔


うちの子供たちがカステラを食べると、こんな顔になります。


P_20150719_201426_R.jpg


P_20150719_201422_R.jpg


日本のおやつって、なんて繊細でおいしいのでしょう。



P_20150719_201415_R.jpg

幸せすぎる、カステラ・・・。

本当にありがとうございます!!!

| ありがとうございます(涙) | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

狂ったように


遊び続ける長男と次男。


150728-150700-DSC_0552_R.jpg


150728-150624-DSC_0548_R.jpg


150728-150627-DSC_0549_R.jpg


150728-150639-DSC_0550_R.jpg


写真を撮るからこっち向いてと懇願しても、まったく聞いてくれません。


あまりの興奮に、叫びまわりながら遊んでおりました。


子供たちへの素敵なプレゼント、そしてヤンペルには日本酒を、私には高級なお菓子をいただいてしまいました。

本当に本当に、本当にありがとうございました。

| ありがとうございます(涙) | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仙台のお母さん



私たち一家にとって本当に重要な存在である、仙台のお母さんにラダックで再会することができました。

創一は学校があったので残念ながらいけませんでしたが、母と一緒に、直人と秋生を連れてアルチに行き、そこでお会いしました。

いつもながらのやさしい笑顔に、本当に癒されました。


お土産を信じられないぐらいたくさんいただいてしまいました。


納豆をラダックで食べる日がくるとは・・・・。

P7100096_R.jpg

150714-195513-DSC_0498_R.jpg

ほんっとうに美味しかった・・・。


創一と秋生も納豆が大好きなので家族みんなで大興奮でいただきました。

なんと納豆菌の粉もいただいたので、今度良い大豆が手に入ったら納豆の自家栽培に挑戦します。


しそまき
P7100097_R.jpg


栗落雁、イカのくんせい、お菓子、きな粉、etc、etc・・・・
P7100098_R.jpg


本当に感謝してもしきれない気持ちです。

仙台のお母さん、どうぞお元気で。

私たちはいつもお母さんのことを想っています。

| ありがとうございます(涙) | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母、帰る


6月下旬から手伝いに来てくれていた母のりこが、26日に帰ってしまいました。

母が去った今、何をするにも一刻一秒を争うような忙しさで、改めて母のいてくれたありがたみをかみしめています。

私はなんだかんだでほぼ毎日事務所に出勤していたのですが、その間やんちゃ盛りの創一と秋生と家で怒涛のお留守番をしていてくれました。

母のおいしい3食のごはんや手作りのおやつで毎日元気に乗り切ることができました。


母が帰る前日、ヤンペルのお姉さんがおいしい野菜モモを作ってくれて一緒に食事をしました。

150725-113651-DSC_0534_R.jpg
春雨とか、モンゴル(青野菜)とか、いろいろ入っていてとっても美味しかった野菜モモ。

150725-113153-DSC_0530_R.jpg
真ん中は親戚のティンレー君。

創一がお気に入りのTシャツを貸してあげていました。


150725-113500-DSC_0532_R.jpg
のり母「バター茶はちょっと・・・・」


母のおかげで、本当に楽しく、充実した1か月でした。



私「・・・8月と9月は無理だよね」

母「絶対無理」

私「ハイ、ひとりで頑張ります・・・・・」


| ありがとうございます(涙) | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとちゃんのエプロン


秋生様がのりばーちゃんと一緒にマンゴープリンを作ってくださいました。

秋生がつけているのは、ひとちゃんが作ってくれたトーマスのエプロン
DSC_0431_R.jpg

「秋生頑張る」

DSC_0430_R.jpg

「味見」

DSC_0432_R.jpg
「味見」

DSC_0433_R.jpg
「そして、味見」

DSC_0429_R.jpg

「できた、さー食べよ」


全然つくってくださってません、食べてばっかりです、秋生さん。

| ありがとうございます(涙) | 12:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母の日に



出産の手伝いに来てくれていた母が、母の日である5月10日にレーを発ちました。

母が4月11日に到着した次の日に直人が早々と産まれてきてくれたので、一か月まるまる直人の成長を見守ってもらえました。


母の滞在中、Hidden Himalayaはゴールデンウィークの超繁忙期を迎え、私は毎日毎日オフィスに母と直人と一緒に出勤をしていました。

連日夜遅くまで辛抱強く車の中で直人を抱っこしてくれていた母。

母がいなかったらきちんと乗り切れてなかったかもしれないと思います。


実は母の出発と同時に、夫ヤンペルがデリーに仕事で出かけていました。

ヤンペルは今朝無事用事を終えてレーに帰ってきたのですが、ヤンペル不在の3日間は、3人の息子と私一人の生活。

しかも仕事をしながらの暮らしなので、何とかやっていけたとはいえ、ヤンペルと母がいてくれた有り難みをひしひしと感じました。


やんちゃ坊主の創一と秋生の面倒から、おいしい食事まで、本当に助かりました。


150509-120651-P5090052_R.jpg




150509-121115-P5090055_R.jpg



いつも全力でサポートしてくれる母に、心の底から感謝しています。



| ありがとうございます(涙) | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家宝にします


我が家に素敵な素敵なプレゼントがブータンから届きました。


それはブータン産の竹カゴ「バンチュー」。

今はブータンに住んでいらっしゃる旅行会社時代の先輩に、無理を言ってオーダーしてもらって、ラダックまで送ってもらいました。

その数なんと48個。

早速大喜びで使っています。

竹カゴ自体も送料も高額なのに、お祝いに・・・と頂いてしまいました。


ブータンの美しい竹カゴ、家宝です。

150415-201500-P4150289_R.jpg



子供たちも大喜びです。

150415-211208-P4150299_R.jpg


150415-211046-P4150293_R.jpg

| ありがとうございます(涙) | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイで一番の思い出


私達の旅の中で、一番楽しかった日といって過言ではないのが1月24日。

アユタヤやアジアティークを紹介してくださった、タイ在住のお客様からご招待を受け、通常の観光客としては絶対に訪れないであろうすごすぎる、且つ楽しすぎる場所に連れて行ってもらいました。

興奮しすぎて写真が無い、海辺のシーフードマーケット。

これからラダックに帰るのが正直辛くなる、エビ、カニ、ホタテ、魚の生け簀販売・・・。

シーフードマーケットを見学させていただいたあとに連れて行ってくださったのが、近くのレストラン・・・。

お行儀悪く走り回る子どもたちを、この時ばかりは完全にほったらかし、お腹がはちきれる寸前まで豪華なシーフードを食べまくった私でした。

新鮮なエビ、カニ、イカ、トムヤムクン、海鮮チャーハン、コロッケ、焼き魚、おいしい野菜炒め・・・思い出しただけで今すぐタイに行きたくなってしまいます。

Thai and Laos 2015 Jan (67)

本当に本当に、ほんっとうにごちそうさまでした・・・。

そしてこの後、私達は想像を絶する楽しい動物園に連れて行ってもらったのでした。

動物たちとの距離が近すぎる!

エサをあげたりと動物たちとのふれあいをたっぷり楽しめる、今まで訪れた動物園の中でダントツ一番楽しかった・・・。

日本で母のりこに京都動物園に連れて行ってもらいましたが、失礼ながら「あれはなんだったのだろう・・・」という感じ。

母のりこも「京都動物園、完敗・・・」と発言していました。

放し飼いに近い状態のおさるさんたちにまず度肝をぬかれ・・・
Thai and Laos 2015 Jan (70)

Thai and Laos 2015 Jan (73)

Thai and Laos 2015 Jan (75)

カバさんを橋の上から見下ろし・・・
Thai and Laos 2015 Jan (82)

ペンギンにエサをあげさせてもらって・・・
Thai and Laos 2015 Jan (77)


フラミンゴの餌やりも楽しみ
Thai and Laos 2015 Jan (85)

Thai and Laos 2015 Jan (92)


キリンさんとの距離が近い!
Thai and Laos 2015 Jan (83)
もちろんエサもあげさせてもらいました。


サイにエサをあげることができるという発想は、なかった!
Thai and Laos 2015 Jan (100)



もちろんぞうさんにも
Thai and Laos 2015 Jan (107)


Thai and Laos 2015 Jan (110)


ここで紹介した写真は、ほんのほんの一部。

トラもヘビもキツネザルも、くまさんも、ライオンも・・・と豪華すぎる、楽しすぎる最強の動物園でした。

夕食もごちそうになってしまい、挙句の果てには夜遅いにもかかわらずバスターミナルまで送って頂いて、本当に感謝しても感謝しきれない、楽しすぎる、贅沢すぎる一日となりました。


あぁ、今思い出してもあのシーフード料理と動物園はすごすぎる・・・。

こんな素敵な体験をプレゼントしてくださった皆さんに、いつか必ず恩返しをする!!と固く心に誓った私達一家でした。

本当にありがとうございました!!!

| ありがとうございます(涙) | 17:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絶品の布


お客様がわざわざ私のために持ってきてくださった布が私の大切な宝物です。

ありがたくてもったいなくて使えないほどです。

実はですね、布を持ってきてくださったお客様は私がもともと勤めていた旅行会社のザンスカールへのツアーに参加してくださっていたお客様なのです。

そのザンスカールへのツアー、私が添乗員、ヤンペルが現地ガイドとして同行してお手伝いをさせていただきました。

いわば、私たち家族にとっての原点のツアー。

そのツアーに参加されていたたくさんのお客様が一緒にラダックに来てくださったのです。

皆様とまたラダックで再開できるなんて、素敵なご縁がつながっていると、感激でいっぱいです。

信じられない、たくさんのお土産を皆様から頂いてしまいました。

全部全部、本当にありがたかったのですが、お土産の中で、特に感動したのがこの布でした。

何故かというと、全くおんなじ布の別の色を、ザンスカールに添乗員として同行したときに一枚いただいていたからです。

さすが、インドの秘境で手に入れられたとっても貴重なこだわりの布とのこと、薄くて軽くて使い心地がよくて、いただいてからずっと愛用していたのです。

その使い心地は、実家の父が「それいいな頂戴」と言ってきたことがあるほど。

気に入りすぎていたので、父にはあげずにラダックに越してくるときに持ってきて使っていました。

使いすぎてビリビリになってしまって、それでも使い続けていた絶品の布。


まさかまさか、この貴重な布をもう一度いただくことになるとは夢にも思わず、布を見た時には思わず声をあげて驚いてしまいました。

あの軽さや手触りが忘れられず、ずっとどこかで手に入れることができないかしらと探しに探していたけれど、当然見つからず入手をあきらめていた大のお気に入りの布。

しかも、しかも・・・・3枚も。

140821-133536-P8210671_R.jpg

 


140821-133521-P8210670_R.jpg




140821-133700-P8210673_R.jpg




140821-133646-P8210672_R.jpg



私がこの布を気に入っていたことを覚えてくださっていたこと、わざわざラダックまで持ってきてくださったこと、しかも日本で手に入らない貴重なものでお客様にとってもお気に入りと聞いていたのに3枚も持ってきてくださったこと、あたたかいお気遣いに本当に感動しました。

色合い、染具合、手触り、全てが絶品で、眺めるだけで幸せになります。


・・・でも私が全部いただいてしまったせいで、お客様の手元には一枚もなくなってしまったよ(号泣)。



私はいつも本気で思っております。

お客様に恵まれて、周りの人に恵まれて、なんて幸せで運のいい人生なのかしら。

ありがたすぎる、本当にありがたすぎる・・・・と日々つぶやく毎日です。

こんな私にできることはいつも本当に少ないですが、いつか恩返しができますように。

| ありがとうございます(涙) | 12:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT