FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヌブラ谷・パンゴン湖・ハンレ・ツォモリリ湖すべて訪問 特別ツアーのお知らせ


※催行決定済み※   ※残席あり※



2019年4月に、新しく解放されたばかりの地域である、秘境ハンレ

このハンレを含む特別ツアーを、レー出発9月16日、レー着9月22日の7日間にて設定し、ご参加のお客様を募集いたします。

ヌブラ谷からパンゴン湖、ハンレを訪問し、最後はツォモリリ湖にご宿泊。

そして最終日はツォカル湖をご見学いただき、絶景のタクランラ峠を通ってレーにお戻りいただくという見どころが満載過ぎる内容にしました。

道なき道を通って秘境を巡る、まさに冒険旅行です!


このツアーには、Hidden Himalaya代表の夫ヤンペル(日本語での日常会話可)が同行させていただく予定です。

このツアーの設定は今年は1本だけの予定ですので、ぜひご検討いただけましたらうれしいです。



<日程詳細>

9月16日(月) 1日目
8時 レー出発。ご宿泊のホテルにお迎えに参ります。
ヌブラ最奥の村、トゥルトゥクへ。

トゥルトゥクではゲストハウス泊

9月17日(火) 2日目
トゥルトゥクからヌブラ内のスムール村へ移動。 
フンダル僧院、フンダルの砂漠、デスキット僧院、パナミック村など、ヌブラ谷の観光をお楽しみいただきます。
スムール村ではゲストハウス泊


9月18日(水) 3日目 
シャヨーク川沿いの道を通って、スムール村からパンゴン湖の奥の村、メラク村へ。
メラク村ではホームステイ泊

9月19日(木) 4日目 
メラク村から新規解放エリアのチュシュル僧院を経由して、ニョマへ。
ニョマではホームステイ泊

9月20日(金) 5日目
丸1日ハンレの観光。
ハンレゴンパや天体観測所、村の散策など。 
ニョマではホームステイ泊

9月21日(土) 6日目
ニョマからツォモリリ湖へ。 
ツォモリリ湖畔のコルゾク村にてホテル泊

9月22日(日) 7日目
ツォモリリ湖からツォカル湖とタクランラ峠を越えて、レーにお戻り。
レーにて解散




<ご旅行代金>
お一人当たり159000円となります。




<催行及び募集条件>
3名様以上で催行、限定6名様まで募集

>>催行決定済み 残席あり

<含まれるもの>
ガイド(Hidden Himalayaオーナーである夫ヤンペルが全行程同行します)
専用車ご利用料金
入域許可証
お食事
観光入場料
ガイド、ドライバーへのチップ
各地での宿泊代
 (パンゴン湖、ニョマではホームステイご利用となります。個室の確約は申し訳ありませんができません。)
 (上記以外の宿ではツインのお部屋のご利用となります。シングル部屋ご利用の場合は9,400円の追加料金が必要となります。)
寝袋貸し出し費用
インド政府徴収の税金

ご旅行に必要な費用はすべて含まれます。



<お支払い方法>
レーご到着後Hidden Himalayaオフィスにてお支払いの場合、現金(日本円、ドル、ルピー可)でのお支払い、もしくは小切手でのお支払いが可能です。

もしくはヒドゥンヒマラヤのインド口座へお振込み、または日本の個人口座(三菱UFJ銀行)へ日本円に換算の上お振込みいただくことも可能です。

日本の口座にお振込みの場合及び日本円現金でお支払いの場合は、お振込み時及びお支払い時のレーの平均実勢レート適用となります。たとえば現時点では、1ルピー=1.66円のレートを適応させていただいております。

大変申し訳ありませんが、クレジットカードの取り扱いはありません。

クレジットカードは2016年度に一度導入したのですが、インターネットや電話の回線が非常に不安定なせいで、契約はしていてもクレジットカードが使えないということが頻繁に起こりましたため、残念ながら取り扱いを中止いたしました。

日本の口座にお振り込みの場合、インド口座にお振込みの場合の振込先はお問い合わせください。



<ご質問、お申し込み先>

 sachitsewang@gmail.com までいつでもお気軽にお知らせください。




105.jpg

102.jpg


101.jpg


hanley 2019 mobile camera (33)_R


hanley 2019 mobile camera (43)_R


hanley 2019 mobile camera (56)_R


hanley 2019 mobile camera (81)_R


hanley 2019 Apr (84)_R_R

hanley 2019 Apr (38)_R_R



hanley 2019 Apr (50)_R_R


hanley 2019 Apr (64)_R_R


hanley 2019 Apr (139)_R_R


hanley 2019 Apr (122)_R_R




スポンサーサイト

| お知らせ | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月26日~ ストックカンリ登頂を目指すトレッキングのツアー募集について


ストックカンリの入山が、来年から数年間(5年間ともいわれていますし、隔年で入山が許可されるかもしれないともうわさされており、現時点では確定していません)禁止になる可能性が非常に高くなりましたため、お客様からのご要望やご意見を受け、緊急でツアーの設定をさせていただくこととなりました。


以下、詳細についてご案内させていただきます。


<日程詳細>

7月26日 (金) 
高度順応のため世界最高の標高の車道の峠であるカルドゥン峠を訪問。
9時レー発、午後14時ごろレー着が目安となります。
お食事 昼食付

※この日のレーでのご宿泊代金は含まれていませんのでお客様ご自身でご手配をお願いいたします。
(ご希望やご予算に応じて別途手配可能です Hidden Himalayaで手配可能なホテルはこちらをご参照ください)



7月27日(土)
8時レー発
レーからストック村まで専用車にて1時間程度。
トレッキング開始。4-5時間程度のトレッキングとなります。
マンカルモ(4480m)にてテント泊
お食事 昼食・夕食付



7月28日(日)
マンカルモからベースキャンプ(4900m)へ。3-4時間程度
ベースキャンプにてテント泊
お食事 3食付き



7月29日(月)
高度順応のためベースキャンプ付近にて簡単なトレッキング
ベースキャンプにてテント泊
お食事 3食付き



7月30日(火)
早朝0-01AM頃アタック開始。
この日のトレッキング時間は歩くスピードに大きく左右されますが、平均ピークまで約8時間程度
ベースキャンプまでの戻りが3-4時間程度となります。
ベースキャンプにてテント泊
お食事 3食付き



7月31日(水)
ストック村に下山(4-5時間程度)
ストック村からレーへ戻ります。
レー市内にてご希望の場所にお送りします。
解散
お食事朝食、昼食付き




<ご旅行代金>
お一人当たり92600円となります。



<催行及び募集条件>
2名様以上で催行、限定4名様まで募集


<含まれるもの>
ガイド1名
トレッキング中の同行スタッフ (コック、アシスタント、馬方及び必要な馬をご参加人数に応じて手配させていただきます)
行程中必要な専用車ご利用料金
カルドゥン峠への入域許可証
日程表に記載のお食事
トレッキング費用(テント、寝袋等トレッキング時に必要な装備) ご自身のものをお持ちの場合でも恐れ入りますが減額はございません。
観光協会に支払う環境保全料
インド政府徴収の税金
ガイド、ドライバーへのチップ



<お支払い方法>
レーご到着後Hidden Himalayaオフィスにてお支払いの場合、現金(日本円、ドル、ルピー可)でのお支払い、もしくは小切手でのお支払いが可能です。

もしくはヒドゥンヒマラヤのインド口座へお振込み、または日本の個人口座(三菱UFJ銀行)へ日本円に換算の上お振込みいただくことも可能です。

日本の口座にお振込みの場合及び日本円現金でお支払いの場合は、お振込み時及びお支払い時のレーの平均実勢レート適用となります。たとえば現時点では、1ルピー=1.66円のレートを適応させていただいております。

大変申し訳ありませんが、クレジットカードの取り扱いはありません。

クレジットカードは2016年度に一度導入したのですが、インターネットや電話の回線が非常に不安定なせいで、契約はしていてもクレジットカードが使えないということが頻繁に起こりましたため、残念ながら取り扱いを中止いたしました。

日本の口座にお振り込みの場合、インド口座にお振込みの場合の振込先はお問い合わせください。



<ご質問、お申し込み先>

 sachitsewang@gmail.com (Hidden Himalaya日本人スタッフ 上甲紗智 (じょうこうさち)) までいつでもお気軽にお知らせください。



なお、ストックカンリ登頂のツアーについては、9月にも募集を設定する予定だと告知させていただきましたが、プライベートでのストックカンリの登頂をお申し込みのお客様がいらっしゃいました関係で、ガイドの手配がかなわず、今年の募集は7月下旬のこのツアーの一本のみとなりましたこと、お詫び申し上げます。


皆様のお問い合わせ、お申し込みを心からお待ちしています。


| お知らせ | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年 お盆の時期の手配について ~追記~


先日、当ブログにて、2019年お盆の時期の手配について の記事を掲載させていただきました。

その直後、多数のお客様から駆け込みで手配のご依頼を頂戴いたしまして、若干余裕を持たせていた手配枠も埋まりましたため、大変恐縮ながら、ほかのお客様からのキャンセル等が発生しない限り、今後新規で手配をお受けすることは、非常に難しいかと思います。

大変申し訳ありませんが上記、あらかじめご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、お盆の時期及び前後に発生しているシェアの募集などについては、後日改めて募集のご案内をさせていただく予定にしております。


Hidden Himalaya 日本人スタッフ 上甲紗智 (じょうこうさち)

| お知らせ | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい地図をオフィスに取り付けました


ちょっと前、ヤンペルが興奮気味に「すごいいい地図を発見したからぜひ買おうよ~、普通の書店じゃ売ってないんだよ~」とご丁寧に電話してきたので、「お・・おう、ぜひ買いましょう」ということに。


オフィスの机に置けるぐらいのお手軽なサイズの地図だとばかり思っていたら、想像より5倍ぐらいでかい地図をオフィスに運び込んできました。


IMG_20190606_113428_R.jpg


そして意気揚々と壁に設置
IMG_20190611_124612_R.jpg

レー市内でこの地図のパネルを設置しているところは、現在うちで2軒目らしいとヤンペル自慢気。


今まで解放されていなかったためほとんどの地図に載っていなかったエリアもほぼすべてカバーされていて、確かにすごくわかりやすくてイイ!

衛星電話が設置されている村とか、この辺は鳥の楽園とか、わかりやすい記号などもあって、私も気に入りました。


実は今夫ヤンペルは、ラダック内の山や地図に非常に詳しいお客様に長期同行しているのですが、そのお客様もこの地図を見て非常に感銘をうけていらっしゃったとので間違いないと思います。


・・・さらに机においてお客様に指差ししながら説明できるサイズの同じ地図があったら非常に役に立つと思う。


ということで、ヤンペル不在中ですが、たった今発行元に行って発注完了。

2-3日で出来上がるらしいので楽しみです。


お客様に配れるA4サイズの同じ地図を大量に購入したいといったところ、管轄外だからほかに問い合わせてくれると言っているので実現したらそれも楽しみです。



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年お盆の時期の手配について



2019年のお盆の時期についても、たくさんのお客様からのお申し込みをいただいておりましてありがとうございます。

お盆期間中、8月11日、12日、13日、14日のレー発のご旅行については、一旦新規の手配お申し込みの受付を終了させていただきます。

8月10日以前、及び8月15日以降レーご出発のご旅行に関しましては、現時点では新規のお申し込みもお受けしておりますのでお問い合わせいただけましたら幸いです。

また、お申込みいただいているお客様の一番のご到着ラッシュに当たります8月10日、11日につきましては、営業時間を延長し、朝は8時半頃から、夜は全ての業務が終了するまでオフィスに常駐いたします。

上記以外については、朝10時頃より17時ごろまでの営業とさせていただきます。

ご利用いただくすべてのお客様に最大限お楽しみいただくため、全力でお手伝いさせていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Hidden Himalaya日本人スタッフ 上甲紗智(じょうこうさち)

| お知らせ | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストックカンリの登山について


先日速報でお知らせしたとおり、今年から、これまで例年ストックカンリへの登山中に設置されていた常設テントが禁止となりました。

また、これは確定ではありませんが、来年からストックカンリへの入山が完全に禁止となる(観光協会からは5年ぐらいか?とお知らせが来ています。噂レベルでは数年という話も)という話も、かなり可能性としては濃厚だと思っています。

その場合、もちろんですが来年以降のストックカンリのトレッキングの手配はお受けできなくなります。

Hidden Himalayaでは毎年個人旅行のストックカンリの手配をさせいただいていましたが、今年の常設テント禁止と来年以降の入山禁止の可能性を踏まえ、今年の夏は2ツアーほど、募集型のツアーを設定しようかと計画しています。


まだ構想段階ですが、7月末(7月26日高度順応のためカルドゥン峠訪問、7月27日~7月31日の5日間で登頂を目指す)に一本と、9月中旬(9月10日高度順応のためのカルドゥン峠訪問、9月11日~15日の5日間で登頂を目指す)に一本設定を考えています。

コックやガイド、アシスタントや馬方や馬が同行するツアーとなる予定です。

詳細決定次第、お知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シェア募集中のツアー(専用車+ドライバーご利用)に関するお知らせ


シェア募集中のツアー(専用車+ドライバーご利用)に関するお知らせです。

現在、以下の通りシェアの募集が発生しています。

6月17日 上ラダック 日帰り

6月18日 下ラダック 日帰り

6月19日-21日 トゥルトゥクもご訪問 ヌブラ谷・パンゴン湖 3日間

6月28日-30日 アルチ・スクルブチャン・ダー・ラマユル・チリン・スムダチュン訪問 3日間


※上記募集のツアーについては、全て車の手配が完了しております。

※行程、料金、その他詳細のお問い合わせは、お気軽に sachitsewang@gmail.com までお知らせください。

※お問い合わせいただいた時点で満席になっている場合もございますのでご了承ください。


Hidden Himalaya 上甲



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンゴン湖の宿について


4月中旬、すべてのパンゴン湖のホテルとリゾートテントが政府の新ルールによって営業停止となって宿泊できなくなっていましたが、たった今新しい情報が入りました。

リゾートテントやホテルの数は激減し、且つ各宿の部屋数もかなり減りますが、政府による営業許可が出て再開間近の宿がいくつかあるとのことです。

Hidden Himalayaで代行手配をお受けしている宿の中では、ホテルタイプのセルブンツォが数日内に営業再開、テントタイプのパンゴンサライについては6月1日より営業再開とのこと。


なお、政府による非営利の常設テントも設置されていることが確認できていますが、予約方法、料金共に不確定要素が非常に多いため、Hidden Himalayaでは現在のところ取り扱いは考えておりません。


政府による営業許可発給の方針や手順などすべてが混乱を極めており、今後も突然営業停止になったり撤去されたり、もしくは営業を再開したりということが考えられますので、できる限り情報収集につとめたいと思います。

Hidden Himalaya 上甲

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【特別企画発表】ラダック最後の秘境 ハンレへの旅

※5月下旬までこの記事がブログのトップに来るように設定しています※
(記事の発表は2019年4月8日にさせていただきました)


2019年4月に新しく訪問が可能となったハンレを含む地域へのツアーを、GNHトラベルとの共同で発表させていただくこととなりました。


募集日程、ツアー詳細についてはこちらのページ(GNHトラベル内のツアー詳細のページです)をご参照ください。

※4月20日現在 以下の通り催行が確定しております。

Aコース : 2019年5月6日(月)~2019年5月10日(金) 催行確定
Bコース : 2019年5月20日(月)~2019年5月24日(金)
Cコース : 2019年6月3日(月)~2019年6月7日(金) 催行確定
Dコース : 2019年6月17日(月)~2019年6月21日(金)
Eコース : 2019年6月24日(月)~2019年6月28日(金) 催行確定
Fコース : 2019年7月8日(月)~2019年7月12日(金) 催行確定・残席わずか





このハンレへの記念ツアーの発表を考えはじめたのは昨年12月のことでした。

これまで訪問できなかったあこがれの地ハンレを近々訪問できるようになると知り、その日のうちに記念のツアーの企画を考えて、GNHトラベルさんに連絡。

是非やりましょう!ということだったので、実際にハンレへ視察へ行き、諸事情確認し日程を練り直し、ようやくこうして記念のツアー発表できる運びとなりました。


今年は訪問が解禁されたばかりなので、情報も少なく、訪れる観光客は、すごく少ないのではないかと思います。

ですが、今後徐々に情報が出回ると、当然Hidden Himalayaと似たようなツアーを発表する代理店も増え、伴って訪問客も押し寄せ、当然ながら、独特の雰囲気も変わってくるのではないかと推測しています。


(ヌブラ~パンゴン湖~ハンレ~ツォモリリを全部回るツアーも他から出るかな、他から出る前に企画しようかな・・・・。)


とにかく、その前にぜひ、解放されたばかりの独特の秘境感漂う地域を見ていただきたいと強く思っています。


道路状況も他のラダック内の地域と比べても正直に言ってとても悪いですし、すべてが順調に進む便利で快適な旅ではありませんが、それを差し置いても、ハンレへのツアーは2019年の私の一押しのツアーです。

ハンレといえばHidden Himalaya!とお客様から言ってもらえるように、2019年はツアーの催行を重ねて実績と情報をさらにつむつもりで、ツアーはご参加いただきやすいように2名様からの催行としています。

皆様ぜひご検討の上、お申し込みやお問い合わせ、ご質問などは、お気軽にGNHトラベルまでお寄せください。


Hidden Himalaya 日本人スタッフ 上甲紗智(じょうこうさち)



ブログのランキングに参加中です。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 10:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年のストックカンリトレッキングについて


ストックカンリの常設テントについてお知らせです。

正式に発表されていることではないのですが、ストックカンリの登山について今年2019年度からルールが変更になり、常設テントの設置が禁止になる可能性が濃厚と情報が入りました。

私の今までの経験上、何らかの禁止の措置などが実際に施行される場合は、ある日突然「決定したから今日からルールに従ってもらう」と通達が行われるのみなので、今後何らかの動きがある高い可能性が出てきたと思っています。

Hidden Himalayaでは、今年もすでに、例年同様常設テントのご利用にてストックカンリのトレッキングの手配を多数お申し込みいただいておりましたが、常設テント禁止の可能性が高くなりました旨、すべてのお客様に至急速報として連絡を入れさせていただきました。

お客様にはご不便をおかけしますこと、本当に心苦しく申し訳ない気持ちでおりますが、今後情報収集に努めながら、実際に動きや通達があり次第、適切かつ迅速に対応させていただきたいと思っています。


Hidden Himalaya 上甲


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

| お知らせ | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来年以降のストックカンリ入山について


来年以降のストックカンリ入山が禁止になるかもしれないと先日速報お知らせしましたが、もしかしたら、入山禁止ではなくて、途中の常設テントの設置が禁止になる方向で落ち着くかもしれないという情報も噂レベルで入ってきています。

まだ現時点では、完全な入山禁止になるのか、常設テントの設置が禁止になるのか、それとも今まで通りなのか、確定の情報はありませんが、来年以降何らかの変更事項が実施される可能性は濃厚です。



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




| お知らせ | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来年(2020年)以降のストックカンリの登山について


Hidden Himalayaでも多数手配をお受けしているストックカンリ峰への登山についてお知らせです。

まだ決定ではないのですが、Hidden Himalayaも属するラダック観光協会より、以下の通り連絡がありました。

来年2020年から数年間(目安は5年ぐらい)ストックカンリへの入山が一切できなくなる可能性が濃厚です。
※現時点では決定ではありません。

なお、今年(2019年)のシーズン中は規制の予定なしで、問題なく登れるとのこと。

入山の規制が行われる可能性があるのは、2020年のシーズン開始以降です。

理由は近年ストックカンリへの登山客が増えたことによって激増しているごみの問題や、水の汚染など環境への対策だそうです。


今後ストックカンリ入山規制に関する新たな動きがあった場合は、改めてお知らせします。




Hidden Himalaya 日本人スタッフ 上甲(じょうこう)

ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もレーの市内地図を準備しています


今年も、Hidden Himalayaご利用のお客様限定で、レーの町歩きマップをお配りしています。

私が気に入って通っているレー市内のお勧めのレストランやカフェ、お土産物屋さんはもちろん、ラダック旅行に役立つプチ会話集、高山病対策方法、ラダック豆知識、レストランでのおすすめメニューや地元の人が通う秘密のスポットなど、盛りだくさんな内容に出来上がっていると思います。

そして地図の裏にはイチ押しカフェの割引券(何と全商品20パーセント割引、時間帯によっては30パーセント割引も!!)もお付けしています。

レー市内の町歩きも、ラダック旅行の楽しみの一つだと思いますので、ご活用いただけるように今年も調査を重ねて新しい情報もどんどん記載したいと思っています。

IMG_20190429_095459_R.jpg

| お知らせ | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハンレの記念ツアー、続々と催行決定しています




先日GNHトラベルとの共同にて発表させていただきました、記念ツアー「ラダック最後の秘境 ハンレへの旅」。


すでに続々と催行決定しています。

(2019年4月20日現在の催行状況は以下の通りです)

Aコース : 2019年5月6日(月)~2019年5月10日(金) 催行確定
Bコース : 2019年5月20日(月)~2019年5月24日(金)
Cコース : 2019年6月3日(月)~2019年6月7日(金) 催行確定
Dコース : 2019年6月17日(月)~2019年6月21日(金)
Eコース : 2019年6月24日(月)~2019年6月28日(金) 催行確定
Fコース : 2019年7月8日(月)~2019年7月12日(金) 催行確定・残席わずか



お問い合わせ、お申込み、心よりお待ちしています。


Hidden Himalaya 上甲紗智

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村




| お知らせ | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェットエアウェイズ 全便運航停止のお知らせ


インドの航空会社ジェットエアウェイズが、経営難のため、本日4月18日以降すべての便の運航を停止すると発表しました。

https://t.co/f2gwSIfI7C


国際線、国内線共にジェットエアウェイズ便の航空券をお持ちの方は、至急ジェットエアウェイズもしくは発券元に連絡を取られることを強くお勧めいたします。 


以上お知らせでした。

Hidden Himalaya 上甲

| お知らせ | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GWのシェア募集について



2019年GW期間中に発生しているシェア募集中のツアー(専用車+ドライバーご利用)に関するお知らせです。
(2019年 4月18日 AM10:00現在)

・4月29日発 日帰り パンゴン湖 (専用車+ドライバー同行)
>>残席 2名様


・4月29日発 日帰り アルチ・ラマユル等 (専用車+ドライバー同行)
>>残席 2名様



・4月29日発 1泊2日 アルチ・ラマユル等(ラマユルからワンラまでのトレッキング含む) (専用車+ドライバー同行)
>>残席 2名様


・5月1日~5月2日 1泊2日 パンゴン湖ツアー  復路ヘミス僧院も訪問(専用車+ドライバー同行)
>>残席 3名様


※行程、料金、その他詳細のお問い合わせは、お気軽に sachitsewang@gmail.com までお知らせください。

※お問い合わせいただいた時点で満席になっている場合もございますのでご了承ください。

※上記募集のツアーについては、全て車の手配が完了しております。ご参加条件については以下、「専用車をシェアする形でのご旅行について」を必ずご確認の上お問い合わせ及びお申し込みをお願いいたします。


「専用車をシェアする形でのご旅行について」

お客様からのご希望に応じて、Hidden Himalayaでは専用車のご利用をシェアしていただく形でのご旅行の手配もお受けしています。

Hidden Himalayaにてシェアのお客様を募集させていただく場合、お一人当たり500ルピー+5パーセントのインド政府徴収の税金の手数料を頂戴して専用車ご利用料金を頭割りしていただくというシステムを採用しています。

なお、募集については1専用車あたり3-4名様まで(最初に募集を始めていただくお客様のご意向に従います)をご利用人数の上限とさせていただいております。

(なお、手配予定の車の車種は、3列シートタイプの車となります。)

ほかの旅行代理店では、一台当たり5-6人の募集をしていると聞いておりますが、その場合、助手席1名、中部座席2-3名、再後部座席2名での乗車となり、車内が大変窮屈になり、ラダック内の道路状況を考えるとHidden Himalayaではおすすめできないのが正直なところです。また、乗車人数が多くなると、すべての荷物をカーキャリアに積むことになり、簡単なカバーはドライバーがかけますが土埃だらけの山道を走行するので荷物がどろどろになります。

シェアをご希望でのご旅行の場合でも、日程をお決めいただいてご参加のお客様の募集をかけはじめる時点で専用車とドライバーの手配をさせていただいておりますので、大変恐れ入りますが、もしもほかのお客様が見つからなかった場合でもお一人(または募集開始時のご参加人数)でご利用いただくことが条件となってしまいます。

また、すでに出発が決定しているシェアのご旅行にお申込みいただく場合、お申込みいただいた時点でほかのお客様のご利用料金が変更となりますため、お申し込み後のキャンセルは、大変恐れ入りますが、いかなる事情であっても全額のキャンセル料として、お申し込み時点のご旅行代金がかかってまいりますのでご了承のほどよろしくお願いいたします。

ごく稀ですが、過去にシェアでのご旅行をお申込みいただいたお客様と突然連絡が取れなくなり、ほかのご参加のお客様にご迷惑がかかったり、Hidden Himalayaで不参加のお客様分の費用を負担したりしたことがあったりしました。

また、多くはありませんがやはり知らないお客様同士でのご旅行となりますので、お客様間のトラブル(ご利用の座席に関する問題、観光のペースに関する問題、写真撮影に関する問題)が発生したこともあります。

Hidden Himalayaをご利用いただくお客様に気持ちよく質の良いご旅行を楽しんでいただくことを一番の目的として運営しておりますため、大変恐れ入りますが、上記の条件をご理解及びご了承の上ご検討及びお申込みいただきますよう何卒よろしくお願いいたします。


どうぞよろしくお願いいたします。

Hidden Himalaya 上甲


| お知らせ | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンゴン湖での宿泊手配につきまして


パンゴン湖畔における宿泊の代行手配についてお知らせです。

大変恐縮ながらHidden Himalayaでは、当面パンゴン湖でのリゾートキャンプ及びホテルの手配を見合わせます。

パンゴン湖での宿泊を伴うご旅行は手配可能ですが、湖畔での宿泊手段は唯一民泊のみとなります。

(民泊の事前の予約手配は、残念ながら電話が通じないためできませんが、満室で泊まれないということは今まではありませんでした。)


理由は以下の通りです。

インド政府により、パンゴン湖での環境破壊問題及び違法な宿泊施設の建設に対する対策として、すべてのパンゴン湖に存在するホテル及びリゾートキャンプを撤収させるという決定がなされたと速報が入りました。


突然の政府による通達に、レーの旅行代理店一同は非常に驚いており、旅行代理店協会による緊急の会議が開かれ、一方的な通達及び規則の執行に対する抗議活動がこれから行われることが予想されますが、これまでの経験からふまえると、私の個人的な予想では、おそらく政府の決定が覆ることはないのではないかと思っております。

Hidden Himalayaにてパンゴン湖畔のリゾートテント及びホテルの手配をお受けしているお客様については、昨日の時点で順に連絡をさせていただき上記お伝えいたしました。


以上、ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。


Hidden Himalaya 日本人スタッフ 上甲紗智(じょうこうさち)


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もお花見の季節がやってきました


ラダックでも、だんだんと暖かい日が続く今日この頃です。

さて、毎年恒例のあんずのお花見の季節がやってきました。

すでに、各地のお花の開花状況についての調査の日々が始まっています。

Hidden Himalayaでは、今年も沢山のお客様のラダックでのお花見をお手伝いさせていただく予定にしています。

各地から続々と集まってくるお花見速報に、いつ実際に調査に出向こうかタイミングを見計らっています。

満開のあんずのお花見が楽しめる季節は、毎年のことながらとってもウキウキします。

49781685_739032163146871_8147588368222388224_n_R.jpg


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年 GWの営業について


今年のGWについては、異例の大型連休にからみ、例年よりもたくさんのお客様からのお申し込みをいただいております。

GW中、4月30日までのレー発のご旅行については、一旦新規の手配お申し込みの受付を終了させていただきます。

5月1日以降のレー発のご旅行については、新規のお申し込みも現時点ではお受けしております。

また、お申込みいただいているお客様の一番のご到着ラッシュに当たります4月28日、4月29日につきましては、営業時間を延長し、朝は8時半頃から、夜は全ての業務が終了するまでオフィスに常駐いたします。

上記以外については、朝10時頃より17時ごろまでの営業とさせていただきます。

ご利用いただくすべてのお客様に最大限お楽しみいただくため、全力でお手伝いさせていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Hidden Himalaya日本人スタッフ 上甲紗智(じょうこうさち)


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


| お知らせ | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラダック最後の秘境 禁断の地ハンレーへ一番乗りで行ってきました



実はこの4-5カ月の間、ずっと密かに計画していたことを、ついに実現しました。

今まで外国人観光客に開放されていなかったエリアが解放されるとインド政府によって決定したのが昨年の12月のことでした。

私が夢にまで見ていたあこがれの地である、ハンレー、チュシュル、サトカルギャム(この場所は私が置いてけぼりにされたいわくつきのキャンプ場です)、メラク以遠のパンゴン湖の村等々。

その地域が新たに解放されると知ってから、大げさではなく本当に毎日夫ヤンペルを通じて実際にレーで許可証の発給がいつ始まるのかをチェックしてもらっていました。

許可証発給開始についての最終のミーティングが行われたのが4月2日の午前中のことでした。

ここまで来たらもう発給されるだろうと喜び勇んで、せっかくなら一番乗りを目指そうと張り切り、正式な発表の前に見切り発車で早速4月3日に許可証を申請してみることに。

全てが初めてのケースだったので、許可証取得するのに、4-5時間ずっと許可証のオフィスに張り付きで、さらに翌日こまごまとした確認と変更、ハンコの確認や追加のハンコもらったりなどなど行いました。

そしてついに4月5日から7日までの3日で、どうしても行きたかった新規解放された場所の全てを訪問。

くまなく調査をして、昨日の夜に無事レーに帰ってきました。

結局、悲願達成で、新規解放されたエリアの許可証を申請したのも、入域したのも、完全に私が外国人初(専門分野のスーパー特別な許可証取って過去に入域した人以外)でした。


実際の旅行中は、チェックポスト(特にロマのチェックポストでハンレ入る時)で、これ何???外国人は入れない決まりだから帰れと言われ、約1時間足止めを食って、デリーやレーの機関に軍が連絡を取ってようやく入域することができました。

詳しくはお伝え出来ませんが、レーの許可証発給機関が用意した書類とチェックポストで伝えられた新規解放エリアでの滞在時間の規制などに関する内容が異なっていたので、これは現在Hidden Himalayaからレーの申請発給機関にきちんと調整するようにと要望を伝えました。

この要望には、レー内の観光協会に属する旅行代理店なども巻き込んでいるので、近いうちに動きがあるとみています。

チェックポストでの検問や許可証の取得についてまだ確認事項が多いので、お客様にご不便をおかけすることも多く、またHidden Himalayaの業務の負担も大きいと判断し、むやみやたらに情報提供をすることや許可証を含むこの地域への手配をお受けすることはしばらく避けようと思っています。

ですが、せっかく実際に訪れてその秘境ぶりや景色に本当に感動しましたし、各地の情報やルートのノウハウもしっかりと手に入れてきましたので、近いうちに何らかの形で、記念のツアーを発表しようと考えています。


以下、ほんの一部ですが私が今回撮ってきた写真を紹介したいと思います。


hanley 2019 Apr (133)_R_R

hanley 2019 Apr (136)_R_R

hanley 2019 Apr (139)_R_R
シャチュクルゴンパ



hanley 2019 Apr (152)_R_R
お堂の中の古く美しい壁画


ハンレの天体観測所
hanley 2019 Apr (38)_R_R



ヤンペルの強力なコネを利用して中を全部見せてもらいました。
hanley 2019 Apr (44)_R_R

天体観測所(4500m)からの景色

hanley 2019 Apr (50)_R_R


ちなみにヤンペルはハンレに学生の頃2年住んでいたことがあります。

hanley 2019 Apr (70)_R_R


hanley 2019 Apr (64)_R_R
ハンレゴンパ



ハンレゴンパのお坊さん
hanley 2019 Apr (84)_R_R

いきなりカタを下さいまして、何事かと思ったら「エリア解放後の初めての巡礼者だからおめでとう」と・・・

粋な心遣いに感動しすぎで倒れるかと思いました。

ゴンパの中には美しい壁画が
hanley 2019 Apr (82)_R_R

hanley 2019 Apr (77)_R_R



終始とにかく美しい景色、そして私でも驚くほどのめっちゃくちゃすぎる未舗装道路
hanley 2019 Apr (119)_R_R

hanley 2019 Apr (122)_R_R


悪路続きで正直めちゃくちゃ疲れたけれど、本当に幸せな3日間でした。


ブログのランキングに参加中です。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

| お知らせ | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT