ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気弱週間



日本人旅行者の方から営業妨害を受けた記事に関して、たくさんの励ましや応援のメッセージをいただきました。

そんな風に思ってくださっていて、しかもわざわざメッセージをお送りいただくということ、本当にありがたいです。

愛のこもったメッセージを拝見するたびに、むしろ前向きに頑張れる、元気百倍、と言う気持ちになります。

こんな方がいらっしゃるなんてめったにないこと、気にせずにマイペースで精進しようという気持ちになります。




・・・・・・ですが、本当に正直なところは、今は無理やりそういうふうに自分に言い聞かせながら、平静を装いながら業務を行っているという情けないありさまです。


「Hidden Himalayaのオフィスには来ない」と約束してくださったので、オフィスには来られることはありませんが、毎日毎日、数時間おきにその方をオフィス周辺で見かけます。


常に違う日本人の方を連れて行動していらっしゃるので、きっと手あたり次第日本人に声をかけて、噂を立てていらっしゃるのだろう、こちらを威嚇していらっしゃるのだろう、などと悪い想像がはたらき、今レーにいらっしゃるすべての方に悪く思われているような気がして、ビクビク、コソコソ暮らしています。


レーの町も一人では歩きたくないし、オフィスに飛び込みでお越しいただいたお客様への説明も、他のオフィスの料金設定などを細かく案内しすぎで自分でも過剰と思うような内容になってしまう。


最初、情報収集のためにオフィスに来られた時、「長期旅行」とおっしゃっていたので、これからどれぐらいレーにいらっしゃるのか、あと何回お見かけするのか、非常に非常に、非常に気になります。


気にしなくてもいい、気にしんとこうと思っても、気になります。

完全に思う壺状態です。


もはや・・・・もはや・・・・・ひきこもりたい・・・・・(無理だけど)。


もちろんご利用いただくお客様の前では、気弱な気持ちは見せないよう、いつも通りを心がけていますが、それでもいろいろ見ているスタッフのラクトゥプ君には心配だよと言われてしまいました、情けない。


ですが、色々取り繕っても、実際はこういう情けない性分なので、これからしばらくは、「気弱週間」と思って、ぼちぼちやりたいと思います。


最高にネガティブすぎる内容で、本当に申し訳ありません、どうかお許しを・・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| お知らせ | 12:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなことがありました


つい2日前ほど、年配の日本人の男性旅行者に営業妨害を受けました。

その方は、Hidden Himalayaのお客様ではありません。

その方はレーご到着直後に情報収集のためHidden Himalayaのオフィスに立ち寄られました。

Hidden Himalayaをご利用の予定ではなさそうでしたが、お客様に私が作ったレーの市内マップをお渡ししているのをご覧になって、「その地図をください」とおっしゃったので、差し上げました。

レーのことや旅行のことなど、様々質問を受けたので回答しました。

それ以外のかかわりは一切ありません。

以降音沙汰はなかったのですが、2日前、Hidden Himalayaをご利用のお客様に声をかけ、Hidden Himalayaは高いからキャンセルをしなさいとアドバイスをされ、お客様と一緒にオフィスに居らっしゃいました。

お客様は専用車を頭割りでご利用いただく「シェア」のスタイルでのご旅行でした。

お申し込み時に「ご参加をご決定の時点でほかのお客様のお支払金額が変更になるので、体調や天気やその他の事情でのキャンセルは全額のキャンセル料がかかってしまうのですがよろしいですか」と念を押して、ご了承いただいて手配をおうけしていました。

当然「先ほどご説明したとおり、シェアでのご利用ですのでキャンセル料がかかってしまいます」と申し上げたところ、年配の日本人旅行者の方が突然激昂。


「他のオフィスで600ルピーで受けている許可証を、ここでは800ルピーで手配している、ぼったくりだ」

「キャンセル料がかかるなんて聞いたことがない」

「何も知らずこのオフィスで申し込んだこの人がかわいそうだ」

「契約書は交わしたのか、交わしていないのであれば、Hidden Himalayaは裁判に負ける」


「自分はほかのオフィスで申し込んで、その後安いところが見つかったのでキャンセルしたが、キャンセル料はかからなかった、このオフィスはぼったくりだ」

得意げかつ当然のようにそのようにおっしゃっいましたが、その行為はどう考えてもHidden Himalaya以外の旅行代理店でも迷惑以外の何でもありません。


しまいには「ぼったくりのHidden Himalayaはものすごく評判が悪い」

とおっしゃいました。


その方のすべての発言に、納得できるところは私にはありませんでした。


許可証に関しては、大量にさばくところは600ルピーで手配を受けているところがあります。

700ルピーのところもあれば、800ルピーのところもあります。

それはサービスや旅行代理店の値決めやポリシー等の結果の料金だと思います。

ちなみに、レーのタクシーには公定料金が設定されていますが、それはタクシー協会が決めた、「その料金を下回って手配してはいけない」というルールです。

「この料金設定以外認めない」という意味ではありません。

もしも公定料金以下で過剰に営業活動が行われた場合、それに伴って価格の引き下げ競争が起こり、タクシードライバーが適切な報酬を受け取ることが出来なくなる、もしくは適切に仕事を得ることができなくなるからです。

ドライバーの質や、車の質、その他のさまざまな事情によって値段を公定料金以上で設定したとしても、お客様にきちんとサービスを受けていただくことが実現できれば、問題ないのです。

むしろサービス云々の問題でもなく、たとえ一般的なオフィスの料金設定を大幅に上回っているとしても、お客様が納得して料金を支払われるのであれば、あれこれ言われることではないのではないかと思います。


旅行の手配に限らず、まったく同じ商品を販売するのであっても、仕入れや利用者の人数、店の立地や従業員の数によって、大きく値段が異なることは多々あるのではないでしょうか。

無理やり買わせたり、うそをついて買わせたりする場合は当然売る側に大きな問題がありますが、購入する人が値段とサービスを理解して決定した場合はどうなのでしょうか。

その方は「お前の提供するサービスはどんなにすごいのか」とおっしゃっていました。

その方には言いませんでしたが、Hidden Himalayaを選んでいただき、ご依頼いただいたお客様の期待に応えれるよう全力で努力をしていますし、積み重ねてきた経験と知識や有事のサポートが私たちの強みだと思っています。

他のオフィスをご利用のお客様が、許可証手配のためパスポートを預けたら、予定通りパスポートを返してもらえないと泣きながらHidden Himalayaのオフィスに駆け込んでこられたこともありました。

いろんなことの総合で決めた料金をぼったくりだと言いきるその方の価値観は、申し訳ないですが理解できません。


料金が安ければ安いのがご希望であれば、それでいいと思います。

同行者の募集がたくさん見つかるオフィスがご希望であれば、レーの市内でまったく問題なく探していただけると思います。

たとえば日本語でのご案内が必要であればHidden Himalayaのご利用もぜひご検討いただいてはいかがかと思っています。

ただ、それは各自の好みであって、各自が選択をして決定することではないでしょうか。

お客様からお申し込みのご依頼を受ければ、それに伴い、ご旅行内容の書面の印刷、車やドライバーの手配等、様々な業務が発生します。

お申込み前の旅行者の方に「あそこは高いからやめておいたほうがいい」とアドバイスをされるならわかりますが、お申し込み後のお客様に、「ここは高いからキャンセルしなさい」と指導し、オフィスで騒ぎ立てるのは、間違っています。


普段私は、自分が経営するHidden Himalayaの評判やお客様からの印象をとても大切にしているので、非常に稀ですが、理不尽で自分で全く納得できなくても、すぐに「申し訳ありません」と多少の損は承知の上でお客様とぶつかり合うことを避けて謝罪して対応することにしています。

(その分ヤンペルの前で、ビールをガブガブ飲みながらぶちまけますが。そしてヤンペルは私の暴言を聞いて「そんな風にいうもんじゃない」といつも逆に意見をしてくるためますますストレスが募るので、残念ながら聞き手には最高に向いていません。)

自分がこれまで積み上げてきたことを、つまらないことで台無しにしたくないし、何よりめんどくさい。

ただ、この時は、その旅行者の方に対して「裁判でもなんでもおこしたいのなら結構です。真っ向から立ち向かいます。二度とオフィスには来ないでください。」と言いました。

ネットにHidden Himalayaの批判を書かれるなら、それでもいいかなと思いました。

この方の行っている行為は、偏った価値観だけを振りかざした営業妨害で、ご自分の旅行はどうぞしたいようにこれからもお続けください、でも明らかに行き過ぎた迷惑行為は絶対に許せないと思ったからです。


結局お客様はそのままご利用いただき、もちろん問題なくご旅行が終了しました。

その方にさえ合わなければ、お客様はもっと楽しくご旅行いただけていたはず。

営業妨害だけでなく、お客様のご旅行の楽しみも奪う、センスのない行動だと思います。


その方には口答えをしてしまったので、おそらくレーで日本人の方に会うたびに声をかけてうちのオフィスの批判をされるのだろうな・・・・。

・・・・めっちゃ嫌だな・・・・・。

どうかHidden Himalayaのお客様がその方にお会いになられませんように、お会いになっても無視してくださるようにと、心の底から神仏に祈っています。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

| お知らせ | 18:02 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秘密の地図


ずっと作りたいと思っていたけれど作れていなかった、レー市内のおすすめマップをなんとこの時間の無い今日作成しました。

今、夜9時です。

夕方作る!と思い立って必死で時間を見つけて作り始め、ついにお客様に渡せるような状態になりました。


P_20170811_202938_R.jpg

私の好きなお店などしか載っていないのであまり役には立たないと思うのですが、お勧めのレストランやショップなど、きっとお客様が喜んでくださると思って、できる限りすべて盛り込んで頑張って作りました。

この地図は、Hidden Himalayaをご利用のお客様限定で、明日よりお配りしたいと思っています。

さて、頑張ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| お知らせ | 21:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弟よ、さようなら


弟(八百屋)がだるまさんの怒りにふれ、足を折ったと記事にしました。


実はあれからすぐに、弟は心が折れたらしく、故郷に引っ込んでしまいました。

永遠にさようならだそうです。

P_20170703_144538_R_20170811234906205.jpg


現在は代わりに兄がガツガツ八百屋を経営。

兄は弟よりも若干遠慮心があるらしく、弟のように何十回もオフィスに入ったりしてこないので、仕事がはかどります。


でも、あの弟の厚かましさがなつかしくもある今日この頃です。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

| お知らせ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

限界まで


お盆です。

今日は想像していた通り、飛び込みのお客様もたくさんいらっしゃいました。

やはり、せっかくオフィスにお越しになったお客様のお手伝いをさせていただきたいと考えを改め、できる限りの手配をお受けすると決意しました。


シェア募集も何本か発生しているし、他の旅行会社の予約がキャンセルになったと手伝いに来てくれるドライバーさんもいるので、まだまだ限界ではないと思います。

明日12日は今日よりもさらにたくさんのお客様がラダックにご到着予定です。


6時頃からオフィスにおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

上甲

| お知らせ | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お盆の営業について

多忙につき、ブログの更新が滞っております。

今年のお盆も、たくさんのお客様にHidden Himalayaをご利用いただく予定となっています。

1ヵ月半ほど前から、お盆の時期の車やガイド、ホテル等、手配を勧めており、ただいま最終の調整段階を迎えています。

通常、限界まで直前にお申し込みのお客様への対応を行っております。

ですが、お盆の時期についてのみ大変申し訳ありませんが、今後新規お問い合わせいただくお客様及びラダックご到着後にオフィスにお越しいただいてからお申込みご希望のお客様について、新規の車両の手配等、ご希望通りお受けすることができない可能性が高いです。

本当に恐れ入りますが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

なお、非常にたくさんのお客様がオフィスにお越しいただく予定になっていますので、ご到着ラッシュである、8月11日、8月13日は、朝7時~夜10時ごろまでの営業を予定しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

Hidden Himalaya 日本人スタッフ上甲

| お知らせ | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期間限定 オールドレーが出現

メインバザールの角のモスクが、再建設されることになり、とりこわされました。

ただいまモスクの後ろにある、素敵なオールドレーの建物をレーバザールから見ることができます。


P_20170713_133946_R.jpg

この自然の素材で作られた感じが大好きです。

次もし家を建てることがあったら、絶対こういう風に建てたい。

新しいモスクが建つまでの限定の風景を、バザールに行くたびに楽しんでいます。

ブログのランキングに参加中ですm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新入社員についてのお知らせ


退職したギャツォさんの代わりに、6月1日より新しくHidden Himalayaのスタッフとして働いてくれているラクトゥップ君について紹介させていただきます。

P_20170710_153530_R.jpg

夫ヤンペルのお兄さんの子供であるラクトゥップ君。

22歳だが、ザンスカールでは24歳なのだそうです。

出ました、お決まりの年齢不詳。


私の彼の最初の印象は「まじめで頑張り屋」。

1ヵ月強一緒に過ごしただけですが、ラクトゥップ君とは何事もなければ数十年一緒に働くことになると思っています。


素直で真面目、頑張り屋さんで正直者。

わずか一カ月で仕事もたくさん覚えてくれていて、すでにHidden Himalaya自慢のスタッフに成長しています。


ギャツォさんがやめると聞いてヤンペルが「いい人材がいる!」と即コンタクトを取ったのがこのラクトゥップ君。


小さいころからザンスカールを離れ、ダラムサラなどで勉強をしていたらしいのですが、事情は詳しく知りませんが夢破れ、将来どうしようと悩んでいたところにヤンペルから声がかかり、大喜びでHidden Himalayaに加わってくれました。


実はこの冬にラクトゥップ君からヤンペルに、仕事を探している、どんな仕事でもしたいと涙ながらに相談があったらしいのですが、Hidden Himalayaのスタッフが必要以上に増えることに私が難色を示すとヤンペルは思い、どうしても私に彼を雇いたいと言えなかったとのこと。

ラクトゥップ君は慣れないながらも精一杯頑張ってくれていて、充実した生活が始まってとてもうれしいと言ってくれています。




八百屋にもすぐに気に入られ、さっそく親睦を深めているようです。
P_20170625_175533_R.jpg
(椅子の端に追いやられるラクトゥップ君)


新制Hidden Himalaya、どうぞよろしくお願いいたします!

ブログのランキングに参加中ですm(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

| お知らせ | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダライラマ法王 今年もラダックへ


ダライラマ法王のラダックにお越しになる日程が決まったとのことでご報告です。

6月28日にラダック入り、その後7月20日ごろまで滞在されるとのことです。

今年は、ヌブラ、ザンスカールにお出かけになられる予定で、皆お説法を楽しみにしています。

我が家はダライラマ法王ご滞在のジヴェツァルの近く。

毎年夏は法王様が近くにいらっしゃるので、なんとなくありがたがっている一家でございます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| お知らせ | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギャツォさん、ザンスカールへ


6月1日から、Hidden Himalayaのオフィスからギャツォさんがいなくなってしまいました。

1週間ほどはレーでトレーニングを受けることになるのではないかとギャツォさんは言っていたのですが、急展開。

昨日の朝、早々とザンスカールへと旅立ってしまいました。

朝6時ごろ、わざわざ家に挨拶に来てくれたのですが、朝寝坊な私はぐっすり眠っていて、お別れをいうことができませんでした。

ヤンペル、こういう大事な時は叩き起こしてくれよ 怒怒怒怒。


Hidden Himalayaの有能すぎるスタッフとしてはもちろん、ギャツォさんの優しい笑顔とおちゃめな行動に毎日癒されていたので、これからめったに会えなくなると思うと、やっぱり寂しいです。


ギャツォさんが正式に病院のスタッフになる手続きをした日の夜、家にギャツォさんを夕食に招きました。

夕食後、5月までのお給料を渡しました。

そして、今までのお礼と、新しい人生を歩み始めるギャツォさんへの応援の気持ちを込めて、多いのか少ないのかよくわからなかったのですが、夫と相談し、10万円のお祝いを渡しました。

その時、普段あまりそういうことはしないのですが、意外にもヤンペルがギャツォさんへの感謝の気持ちを述べ始めたので、「ヤンペル様が講義を始めたよ・・・ハイハイ・・・」などとからかったりして涙があふれるのを阻止しようと思いましたが、ヤンぺルが言っていることが私の気持ちとまったく同じだったので、私は我慢できずに思わず泣いてしまいました。


ギャツォさんがいなくなるとブログ記事に書いてから、本当にたくさんのメッセージをいただきました。

ギャツォさんや私たちへの応援メッセージ、ギャツォさんと直接関わってくださったお客様からも、ブログをずっと見てくださっていて、親身に感じてくださっていた方からもたくさん暖かいお言葉をいただき、本当にありがたく思っています。

また、ギャツォさんがいなくなったらどうするのーー!という暖かいご心配のメッセージもたくさんいただきました。

夫のお姉さまに報告したときも、「え・・・・・ギャツォさんいないと無理じゃない・・・・10年近くHidden Himalayaで働いてきてくれて全部わかってくれてるし、あんなにすべてがうまくいってたのに・・・」とかなりのショックを受けていました。

そのことについては、夫と私の意見が、ギャツォさんから第一報を受けた瞬間から一致しています。

Hidden Himalayaは私たち家族の生活していくために、ギャツォさんがいなくなっても、なにが起こっても、しっかりと運営していかなければいけません。

ギャツォさんがいなければやっていけない状態であるというのは、Hidden Himalayaにとってはあまり良くないことなのだと思います。

今彼がHidden Himalayaを離れるというのは、私たちにとってはそのことに気づく良い機会だったと思っています。

ギャツォさんのあとに来てもらっている新しいスタッフにしっかりと育ってもらうことができたら、Hidden Himalayaは今までギャツォさんというスタッフがいてくれたという幸運に頼っていただけではないんだと、私たちの自信や経験がぐっと増えると思っています。

6月1日から、ヤンペルの近い親戚の若い男の子に来てもらっています。

経験はゼロ、真っさらからのスタートですが、数日一緒に仕事をしただけですが、彼はギャツォさんに勝るとも劣らない素晴らしいスタッフとして成長してくれると私は確信しています。

こればかりは、さすがヤンペルの人脈、そしてさすがヤンペルの目利きと言うしかないです。

スタッフが変わっても、Hidden Himalayaは変わらず良い旅行代理店だと、そうお客様に思っていただけるように、今は最大限の努力をしたいと思っています。

素敵なメッセージをいただいた皆さま、とっても嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

そして、新制Hidden Himalayaを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

新しいスタッフ君のことについては、後日改めて紹介させていただきたいと思います。

ブログのランキングに参加中ですm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
ギャツォさん、新しいお仕事がんばれ~!

| お知らせ | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

涙をぐっとこらえて


悲しいけれど、うれしい、そんな気持ちでいる今日この頃です。

Hidden Himalayaのスーパースタッフであるギャツォさんが新しい人生を歩み始めることになりました。

今年の冬、気軽な気持ちでチベット医学の伝統医の求人に応募したそうです。

ずっと前に記事にしましたが、ギャツォさんはダラムサラで数年本格的に勉強をして、難しい試験に合格したのでチベット政府認定のアムチの資格を持っているのです。

今回の求人への応募には、数時間の口頭及び筆記の試験があったそうです。

たくさんの人が応募していたらしいのですが、さすが我らがギャツォさん、見事に選抜されて、先日合格の電話がかかってきたとのこと。

という内容を、一昨日報告を受けました。

冬以降、ギャツォさんは応募したことをどうしても私やヤンペルに言えず、ずっと心にしまっていたそうです。


合格するとは思っていなかったところ、合格してしまって、正式に受けると3年間まず試用、その後生涯の雇用が保証される可能性が高い、でもHidden Himalayaの仕事を続けるつもりでいたからどうしていいかわからないと言うギャツォさんの背中を、私たちは全力でおしました。

Hidden Himalayaのスタッフの仕事はもちろんギャツォさんがいてくれたら最高なのだけれど、ほかに代わりを見つけることはできます。

ギャツォさんは伝統医になるために一生懸命勉強してきたんだから、こんなチャンスを見逃したらもうにどとチャンスは巡ってこないと思う。

新しい職場は、ザンスカールに新しく設立される、インド政府運営の病院だそう。

ザンスカールに住むのだったら、きっとお母さんや親戚と一緒に過ごすことができるので、それはギャツォさんにとっても、家族にとってもうれしいことだと思う。

政府のお仕事だったら、治安状況や景気に左右されてしまう不安定な旅行関係の仕事よりも、絶対に安定している。

最後に決めるのはギャツォさんだけど、新しいギャツォさんの生活を私たちは応援しているよ、少しでもやりたい気持ちがあるのだったら一日でも早く手続きを始めてねと二人で伝えました。

とりあえず挑戦してみて、ダメだったら帰ってきたらいいからとも伝えました。

正直、ギャツォさんはもう私やヤンペル、そして子供たちにとっても家族のような存在で、きっとこの先ずっと一緒に生きていくのだろうと思ってしまっていたので、寂しい気持ちで、ちょっと泣けてきます。

早速新しいスタッフとして働いてくれそうな方に連絡をとっていて、ギャツォさんから引き継ぎや、Hidden Himalayaスタッフとしての極意などを伝えてもらって、様子を見ています。

ギャツォさんがいなくなるのはとっても悲しいです。

でもHidden Himalaya自慢のギャツォさんがチベット伝統医として選ばれてザンスカールの人にとって役に立つ仕事をこれからするのだと思うと、とてもうれしく、誇らしい気持ちです。

ここは涙をぐっとこらえて、笑顔でギャツォさんの新たな門出を応援したいと思います。

ブログのランキングに参加中ですm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 14:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カルギル出張に行ってきます


今からカルギルに1泊2日で出張に行ってきます。

カルギルを含む各地の夏の宿の調査及び予約、そして最終のお花見調査のためです。

私もヤンペルもゴールデンウィークが明けて少し落ち着いたので、無理やり時間を作って弾丸出張です。


それでは、行ってきます。

ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
よろしくお願いいたします!

| お知らせ | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開店準備中


私の夢の一つだったお菓子屋さん開店。

ただいま開店の最終準備中です。

ヒドゥンヒマラヤのオフィスとは別に一店舗で経営してもいいかなと思っていたのですが、私の条件に合う空き店舗が見つかりませんでした。

ということで、ヒドゥンヒマラヤのオフィスを改造して、小さい小さいお菓子屋さんを併設しました。

素人の私が考えた構造をそのまま大工さんに作ってもらったので、不思議なつくりになっています。


営業許可の登録手続きも開始していて、あと2日ぐらいたてば許可が下りる予定です。

レストラン業務は現時点ではないので、小売店のカテゴリーでの登録でよかったのですが、将来のことも見据えてカフェやレストランも営業できるような形態の登録を申請しました。


他にもいろいろ候補はあったのですが、迷った末、お菓子屋さんの名前は「Small Japanese sweets HAHA」に決まりました。

ヒドゥンヒマラヤの頭文字「HI HI」と「HA HA」 でごろを合わせてみました。

(ヒーヒー ハーハー ・・・出産か?)


お店のロゴのデザインはすべて長男創一に任せて、予想以上に素敵なものが出来上がりました。

Haha_R.jpg


今日お店の看板を発注したので、数日中には看板が出来上がるはず。

袋やシールも近いうちに発注予定。

着々と準備が進んでいて、充実した毎日です。


もともと使っていたオフィスを改造したので、開店のための準備資金は想定していた予算内に収まりました。


お菓子屋さん開店は、収益を上げるとかそういう目的ではなく、完全に「趣味兼冬の間の暇つぶし」と「自分で起業してみたい」という思いを満たすためでございます。

本業は100パーセント「ヒドゥンヒマラヤの日本人スタッフ」ですので、おそらく夏の忙しい時期はほぼ閉店しているかと思いますが、ぼちぼち楽しみながら営業できたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします!


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

| お知らせ | 12:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰しております


ブログの更新が滞りに滞っており、大変失礼いたしました。

12月の初めから実は清水の舞台から一家全員で飛び降り、ヨーロッパを巡っておりました。

一番の目的は、ドイツに住んでいる私の双子の妹一家との再会。

我が家5人、母典子、妹一家5人が集まり、連日お祭り騒ぎでした。

それからヨーロッパ各国を楽しくにぎやかに巡り、ヨーロッパから直接日本へ飛びました。

つかのま日本での滞在を満喫して1月の末にラダックに戻ってきました。


さあブログを更新しようと思っていたのですが、残念、ラダックに戻ってから今まで一度もインターネットがつながりませんでした。

今年はラダックに近年まれにみる大雪が降り、脆弱なインターネットの線がスリナガル付近で大規模に断線したらしく、なんと「ラダック全体で雪解けまでインターネット完全ダウン」と報道が。

なぜ雪解けまで復旧しないのかというと、断線している場所が雪のせいで特定できないからだそうです。

雪解け、それは間違いなく4月以降。

インターネットが完全にダウンしている数日に一回ぐらいは、夜中に携帯電話のインターネットがのろのろと動き、何とかメールの送受信はできるのですが、必要な情報が一切見れない、長い文章やファイルが一切送受信できない状態でした。

メールでのお客様とのやり取りが非常に大切なのに、この状態では全く仕事になりません。

数か月完全にインターネットがダウンするというありえない情報を受けて、ヒドゥンヒマラヤは動きました。

目が飛び出るような超高額な衛星のインターネット回線を自宅に引くことを決意したのです。

ラダックが軍事国境地帯であるため登録や審査に異常に時間がかかり、2月頭には申請を完了したのにもかかわらず、つながったのはつい二日前でした。

しかもインターネットスピードはめちゃくちゃ遅いです。

遅いですが、なんとか仕事になりますので、現在たまりにたまった仕事を徹夜で処理しています。

衛星インターネットの通信費用を補てんするべく、馬車馬のように働きたいと思います。

そんなこんなで、ブログの更新が滞っていました。

ご心配のメッセージをいただいた皆様、本当にありがとうございました!!

これから徐々にブログの更新もしていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

すっかり忘れていましたが、ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
どうぞよろしくお願いいたします!

| お知らせ | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hidden Himalayaの旧高額紙幣の取り扱いについて


Hidden Himalayaより、11月9日の0時付けで無効となった旧500ルピー札と旧1000ルピー札の取り扱いについてお知らせです。

Hidden Himalayaではお客様へのサービスの観点から、12月2日午後14時までのお支払いの場合、旧高額紙幣でのお支払いもお受けすることといたします。

12月2日午後14時以降は申し訳ありませんが、旧高額紙幣でのお支払いをお受けすることができませんので、なにとぞよろしくお願いいたします。

Hidden Himalaya 上甲紗智


ブログのランキングに参加中です

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

| お知らせ | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直人の取り合い



2日前に、夫ヤンペルがデリーに発ちました。

実は今年の冬家族での旅行を計画しています。

計画中の目的地に行くには、日本人の私、創一、秋生、直人はビザ不要。

航空券さえ購入すればいつでも旅立てます。

ところがあわれインド人ヤンペルは分厚い辞書のような書類を用意し、デリーでビザ審査に最低一週間。

その後日本への渡航も希望しているので、日本のビザも取得する必要があり、それに約3日かかります。

日本人の私と結婚しているのに、インド人であるがゆえに、いちいちめんどくさいビザの申請が必要なのです。

今年からマルチのビザの申請が可能となったとのことで、もしもマルチのビザが取れればこれからは少し楽になるかもしれません。

双子の妹はオーストラリアの人と結婚していますが、旦那さんが日本に来るときには当然ビザいらずでうらやましいです。


ビザの取得のためだけにレーからデリーへの往復航空券を買い、ビザ申請に必要な海外旅行保険も購入、デリーでの滞在費用も必要ですし、それにビザ代自体も高い。

他にもビザのための書類を取り付けるために大量にお金を払っています。


ビザ破産だよ!!!もう旅費がない!!!!と夫婦で憤っております。


書類関係の業務が苦手なヤンペルに任せておくと失敗の可能性大なので、ビザの書類はすべて私が準備しましたが、インド人として生まれたヤンペルのことを 超めんどくさい とってもかわいそうだと思いました。

同じ地球に生まれたのに、国によって旅行先の選択肢がこんなにも違うなんてひどすぎる。

不法就労問題や国同士の関係など、いろいろな理由があるかとは思うのですが、この国際社会時代に、嫌がらせかのように無駄な書類と時間をかけてビザを取得する必要があること、非常に疑問です。

いろいろと不満は尽きませんが、とにかくビザがないとどこにも行けないので、ヤンペルは昨日早速申請を終え、ビザの担当者からの連絡を待っています。


ところでヤンペルがデリーに行くにあたって、私とヤンペルの間で直人の取り合い戦争が勃発しました。

ヤンペルはビザの申請をしてから一週間はただ待機する時間となるので、さみしいからどうしても直人を連れて行くと主張。

私が家事、Hidden Himalayaの仕事などで忙しくなるはずだから、直人は自分が面倒を見れば私が楽になるはず、絶対連れていくと。

ヤンペル残念、夏の間ももっと忙しかったけど全く問題なかったし、私も創一も秋生も、直人がいなかったらさみしいし、家が一番、デリー怖い。

直人は家で過ごしますと私も粘りました。

さらにお姉さまと、ザンスカールから今回一緒にやってきたヤンペルのお母さんを、デリーには連れて行かせない派に引き込み、ついにヤンペルが諦める形で決着がつきました。


ヤンペルは「直人はヤンペル大好きだからきっと不在中泣きまくってすごすよ、かわいそうに」と言いながら出かけていきました。

ヤンペル残念。

P_20161107_184326_R.jpg


P_20161107_184323_R.jpg


P_20161108_090159_R.jpg


P_20161108_090137_R.jpg


今のところ直人は一切ヤンペルのことは思い出していない様子です。






直人はヤンペル不在でも一切問題ありませんが、極寒期に突入し、まき割りや水汲みなど家事の量が夏の10倍ほどになっているので、私としてははやくヤンペルに帰ってきてもらいたいです。


ここまで時間とお金を費やしたのだから、絶対にビザを取ってレーに帰ってきてもらいたいです。


ブログのランキングに参加中です!応援よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
「バイバイ ヤンペル」

| お知らせ | 11:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールより戻りました



ザンスカールより無事に戻ってまいりました。

実は予定より少し早くレーニ戻ってきていたのですが、とにかくザンスカールの強烈な思い出に、家族全員放心状態でぼんやりすごしていました。

久しぶりの訪問でしたが、やっぱりザンスカールはわたしたちにとって特別なところなのだと再確認しました。

景色、人、文化、すべてが愛しく懐かしい場所。


ザンスカールの土地で生まれ育った夫がうらやましく思え、同時にこの土地出身の夫と出会えて、ザンスカールと生涯かかわっていくことができて本当によかったと心から思いました。


また、ザンスカールで幸せそうに生き生きと過ごす3人の子供たちを見て、彼らには日本、レー、そしてザンスカールという3つの故郷が存在していることを改めて感じました。

様々な文化を違和感なく体験し、まっすぐに育ってゆくのだと確信しました。


優しい親戚のみなさんに盛大にもてなしてもらったため、ヤンペルを含め、私たち家族全員のお腹は大変なことになってしまいましたが、レーに帰ってきて、徐々にと癒されています。

濃すぎるザンスカールでの毎日については、徐々に記事にしたいと思います。

お休みをいただいて、ありがとうございました!


カルギルからパドゥムへの途中の景色
PA230436_R.jpg


ダランドゥルン氷河
PA230456_R.jpg


夫の村からの眺め
PA230520_R.jpg


ブログのランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援よろしくお願いいたします!

| お知らせ | 16:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールへ


昨日の記事は、インターネットが断線していたためレーで唯一動いていた衛星回線利用の航空券手配会社に頼み込んでネットを使わせてもらっていたので、英語で記載しました。


さて、本日から11月2日まで、家族とギャツォさんとでザンスカールへと帰省します。

その間Hidden Himalayaのオフィスは申し訳ありませんが閉めさせていただきます。


またメールでのお問い合わせ等への回答もレーに戻ってきてからとなります。

緊急でのご連絡をいただく場合は、以下の電話番号にお願いいたします。

+91-9419-836769 (Hidden Himalayaスタッフ ギャツォ)
+91-9469-213-546(Hidden Himalaya ヤンペル)

レーに戻ってきた後はもちろん通常営業をいたしますので、ラダックにお越しのお客様はお問い合わせ等いただけましたら幸いです。


私と創一はチャダル以来約4年ぶり、直人は初めてのザンスカール

今年は状況が許せばプクタルへと向かおうかと考えています。

それでは、行ってきます。

| お知らせ | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

To Zanskar

We will head to Zanskar tomorrow and will come back 02Nov.

Sorry but Hidden Himalaya office will remain closed.


Julley.

Sachi JOKO

| お知らせ | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤクにはご注意を


今年の夏、空の救急車Air Anbulanceを呼んだのは、Hidden Himalayaが2件目だったそうです。

1件目は、1か月ほど前ヘミスシュッパチェン村でヤクにに近づいて写真を撮ろうとしたところ、角でお腹を突かれてしまった観光客の搬送だったと聞いています。

ヤクはのんびりしてそうに見えて、熊ともユキヒョウとも互角に戦い、むしろ勝つことが多い気性の荒い動物としてラダックやザンスカールでは知られています。

確かにヤクはめちゃくちゃ格好いいですし、レー周辺で見かけることが珍しい(レーよりも標高の高いところを好んで生活するため)ので、見かけると近づいて素敵な写真を撮りたくなるお気持ちは十分にわかりますが、不用意に近づかないよう、なにとぞよろしくお願いいたします。


P_20160918_173946_R.jpg

そういわれてみると、このノートのヤクも怒り顔です。


--ブログのランキングに参加中です--
にほんブログ村 海外生活ブログへ

| お知らせ | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT