FC2ブログ

ラダははブログ ~ラダックで 母 奮闘~

ラダックの都「レー」でザンスカール人の夫と子供たちと過ごす毎日

≫ EDIT

2020年 ゴールデンウィークツアー募集のお知らせ(ヌブラ パンゴン4日間)

※しばらくの間この記事がトップに来るように設定しています。


こちらの記事では、ヌブラとパンゴン湖の両方をめぐる4日間のツアーの募集についてご案内させていただきます。

6名様限定での募集となりますので、ぜひお早めにお申し込み、お問い合わせお待ちしています。


<日程詳細>
5月1日(金) 1日目
8時 レー出発。ご宿泊のホテルに順番にお迎えに参ります。
5400mのカルドゥン峠を越えヌブラへ。
ヌブラ到着後、最奥の村、トゥルトゥクへ。8時間程度のドライブとなります。
トゥルトゥクではゲストハウス泊

5月2日(土) 2日目
トゥルトゥクからヌブラ内のスムール村へ移動。 4-5時間程度のドライブとなります。
フンダル僧院、フンダルの砂漠、デスキット僧院、パナミック村など、ヌブラ谷の観光をお楽しみいただきます。
ラクダに乗る体験もお楽しみいただけます。
スムール村ではゲストハウス泊


5月3日(日) 3日目 
シャヨーク川沿いの道を通って、スムール村からパンゴン湖の奥の村、メラク村(パンゴン湖のほとり)へ。
6時間程度のドライブとなります。
メラク村ではホームステイ泊


5月4日(月) 4日目 
メラク村からレーへとお戻りいただきます。6時間程度のドライブとなります。
途中ティクセ僧院の観光もお楽しみいただきます。
午後レーご到着後ご宿泊の宿にそれぞれお送りいたします。
ツアー終了



<ご旅行代金>
お一人当たり73600円となります。



<催行及び募集条件>
3名様以上で催行、限定6名様まで募集



<含まれるもの>
ガイド
専用車ご利用料金
入域許可証
お食事
観光入場料
ガイド、ドライバーへのチップ
各地での宿泊代
 (メラク村ではホームステイご利用となります。ホームステイ宿泊の際は、相部屋となり個室の確約は申し訳ありませんができません。)
 (トゥルトゥク村、スムール村ではツインのお部屋のご利用となります(おひとり様でお申し込みの場合は相部屋となります)。シングル部屋ご利用の場合は4000円の追加料金が必要となります。シングル部屋ご希望の場合は、お申し込みの際にお知らせください)

寝袋貸し出し費用
インド政府徴収の税金

ご旅行に必要な基本的な費用はすべて含まれます。


<お支払い方法>
レーご到着後Hidden Himalayaオフィスにてお支払いの場合、現金(日本円、ドル、ルピー可)でのお支払い、もしくは小切手でのお支払いが可能です。

もしくはヒドゥンヒマラヤのインド口座へお振込み、または日本の個人口座(三菱UFJ銀行)へお振込みいただくことも可能です。


大変申し訳ありませんが、クレジットカードの取り扱いはありません。

クレジットカードは2016年度に一度導入したのですが、インターネットや電話の回線が非常に不安定なせいで、契約はしていてもクレジットカードが使えないということが頻繁に起こりましたため、残念ながら取り扱いを中止いたしました。

日本の口座にお振り込みの場合、インド口座にお振込みの場合の振込先はお問い合わせください。


<特別許可証の手配について>
大変お手数にて恐縮ですが、インドビザのページ及びパスポートの顔写真のページの鮮明な写真もしくはスキャンコピーをメール添付にてお送りください。(ご送付は全く急ぎませんので、ツアー出発の2週間前ごろまでを目安にお送りください)
事前に必要な特別許可証の申請取得をさせていただきます。

※Eビザにてご入国の場合は、インド政府から送られてきたビザの番号及び有効期限が記載された確認書類をお送りいただけましたら手続き可能です。

※必ず有効期限の記載があるビザもしくは延長の場合は延長の書類のコピー等をお送りください。


<ツアー前の打ち合わせについて>
レーご到着後、ご都合のよい時間にHidden Himalayaのオフィスまたはご宿泊のホテルにて簡単な打ち合わせ(ご出発時間や、ご旅行の行程などについて)をさせていただきたいと思っております。
もちろんメールでのやりとりにて、打ち合わせを完了することも可能です。
ご質問やその他ご希望などいつでもお気軽にお知らせください。

<ご質問、お申し込み先>

 sachitsewang@gmail.com までいつでも日本語でお気軽にお知らせください。


以上、どうぞよろしくお願いいたします。

日本人スタッフ上甲(じょうこう)


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



| お知らせ | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年 ゴールデンウィークツアー募集のお知らせ(下ラダック5日間)

※しばらくの間この記事がトップに来るように設定しています。


2020年ゴールデンウィークは、2つのツアーを設定することにしました。

一つは4月30日から5月4日の5日間の下ラダックをめぐるコース。

もう一つは5月1日から5月4日間でヌブラとパンゴン湖をめぐるコースです。

この記事では、下ラダック5日間のコースの募集詳細を紹介させていただきます。

どちらのコースも6名様限定で募集させていただく形となります。

どちらのコースも日本語での日常会話が可能な、非常に評判のいいガイドを手配済みですので、きっとご参加のお客様には満足していただけることと思います。


ぜひご検討、お問い合わせ、お申込みいただけましたらうれしいです。



<日程詳細>
4月30日(木) 1日目
9時 レー出発。ご宿泊のホテルに順番にお迎えに参ります。  
3時間弱のドライブにて、アルチへ。途中、インダス川とザンスカール川の合流地点を見学。アルチ到着後、壁画の美しいアルチ僧院及び民家併設のお堂「ツァツァプリラカン」(民家は大きな岩の上に建っており、1-2分足場の悪い岩を登っていただく必要があります。 )の観光。アルチ村の散策もお楽しみください。
アルチ村にてホテル泊

5月1日(金) 2日目4時間程度のドライブにて日本人スタッフ上甲お気に入りの素朴な村、スクルブチャンへ。途中、リゾン僧院の観光。到着後、観光地化されてないのどかなスクルブチャン村の雰囲気をお楽しみください。併せて、スクルブチャン僧院もご訪問いただきます。
スクルブチャン村にてホームステイ泊

5月2日(土) 3日目 
花の民の住むダー村を訪問。その後、ラマユルへ。(ドライブ時間は5時間程度)着後、ラマユル僧院の観光。ラマユル村にてホームステイ泊


5月3日(日) 4日目 
ラマユルから鍛冶屋の村として有名なチリン村へ。(ドライブ時間は4時間程度)途中、美しい壁画の残るサスポールの洞窟の訪問(砂地の急斜面を10分ほど登っていただく必要があります。)。チリン村到着後村の散策などもお楽しみいただきます。チリン村にてホームステイ泊
5月4日(月) 5日目 レーへと戻ります。(ドライブ時間は3時間程度)途中、スムダチュン僧院、スピトゥク僧院の観光。レーにてそれぞれお泊りの宿にお送りします。午後、レー着後ツアー終了


<ご旅行代金>
お一人当たり77800円となります。




<催行及び募集条件>
3名様以上で催行、限定6名様まで募集



<含まれるもの>
ガイド
専用車ご利用料金
入域許可証
お食事
観光入場料
ガイド、ドライバーへのチップ
各地での宿泊代
 (アルチではホテル泊、スクルブチャン、ラマユル、チリン村ではホームステイご利用となります。ホームステイ宿泊の際は、相部屋のご利用となり、個室の確約は申し訳ありませんができません。)
 (アルチではツインのお部屋のご利用となります(おひとり様でお申し込みの場合は相部屋となります)。
シングル部屋ご利用の場合は2500円の追加料金が必要となります。シングル部屋ご希望の場合は、お申し込みの際にお知らせください)

寝袋貸し出し費用
インド政府徴収の税金

ご旅行に必要な基本的な費用はすべて含まれます。


<お支払い方法>
レーご到着後Hidden Himalayaオフィスにてお支払いの場合、現金(日本円、ドル、ルピー可)でのお支払い、もしくは小切手でのお支払いが可能です。

もしくはヒドゥンヒマラヤのインド口座へお振込み、または日本の個人口座(三菱UFJ銀行)へお振込みいただくことも可能です。


大変申し訳ありませんが、クレジットカードの取り扱いはありません。

クレジットカードは2016年度に一度導入したのですが、インターネットや電話の回線が非常に不安定なせいで、契約はしていてもクレジットカードが使えないということが頻繁に起こりましたため、残念ながら取り扱いを中止いたしました。

日本の口座にお振り込みの場合、インド口座にお振込みの場合の振込先はお問い合わせください。


<特別許可証の手配について>
大変お手数にて恐縮ですが、インドビザのページ及びパスポートの顔写真のページの鮮明な写真もしくはスキャンコピーをメール添付にてお送りください。(ご送付は全く急ぎませんので、ツアー出発の2週間前ごろまでを目安にお送りください)
事前に必要な特別許可証の申請取得をさせていただきます。

※Eビザにてご入国の場合は、インド政府から送られてきたビザの番号及び有効期限が記載された確認書類をお送りいただけましたら手続き可能です。

※必ず有効期限の記載があるビザもしくは延長の場合は延長の書類のコピー等をお送りください。


<ツアー前の打ち合わせについて>
レーご到着後、ご都合のよい時間にHidden Himalayaのオフィスまたはご宿泊のホテルにて簡単な打ち合わせ(ご出発時間や、ご旅行の行程などについて)をさせていただきたいと思っております。
もちろんメールでのやりとりにて、打ち合わせを完了することも可能です。
ご質問やその他ご希望などいつでもお気軽にお知らせください。

<ご質問、お申し込み先>

 sachitsewang@gmail.com までいつでも日本語でお気軽にお知らせください。


以上、どうぞよろしくお願いいたします!

日本人スタッフ上甲(じょうこう)




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
関連記事

| お知らせ | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年あけましておめでとうございます

皆様 あけましておめでとうございます。

2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。


昨年は4男ヒカルの妊娠、出産をはじめ本当にいろいろあった年でしたが、何とか皆様に支えられて新しい年を迎えることができたこと、とても感謝しています。

感謝の気持ちを忘れず、2020年も全力で突き進んでいく所存です。

いろいろあって、ブログの更新をする気持ちが全く起こらずにほったらかしにしていました。

ですが、また気持ちを新たに頑張って更新をしようと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


皆様、どうぞ良いお年をお過ごしください。


DSC06367_R.jpg

DSC06163_R.jpg

DSC06194_R.jpg

DSC05895_R.jpg

DSC06082_R.jpg

DSC05978_R.jpg

DSC05939_R.jpg

大好きで愛しすぎる家族全員とともに、今年もその先もずっとずっとずっと、何気ない幸せを感じながらできる限り笑顔で過ごしていきたいと強く思う今日この頃です。

関連記事

| お知らせ | 15:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年のツアーについて


オフシーズンとなり、仕事が落ち着きましたので来年のことをいろいろと考えています。

あんずのお花見、ゴールデンウィークのツアー設定、夏はザンスカールまでのトレッキングの募集ツアーなど。

そのほかにも昨年大大大好評だったハンレへのツアー、つい最近ようやく車で行けるようになったとっておきの場所へのツアーや、写真好きのお客様に捧げる特別ツアーなど、各方面に相談しながらもろもろ楽しく計画しています。

昨年9月に一本だけ設定して募集したヌブラからツォモリリへのツアーは、なんと満席+日程をずらしての追加出発となり、ご参加いただいたお客様からもとても好評だったので、また設定したいと考えています。

詳細はまたブログなどで発表させていただきます。

2020年も全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


Hidden Himalaya 日本人スタッフ 上甲紗智(じょうこうさち)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

関連記事

| お知らせ | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スリナガルの道路について


この冬は、スリナガルの道路を冬中開通させると政府の発表が今日ありました。

もちろんラダック史上初の発表です。



もし本当に発表通り冬中道路が開通するとなると、冬の物資不足が格段に良くなります。


降雪が激しいゾジラ峠を本当に冬中開けておくことが出来るのか、夫は疑問視していますが、さてどうなるでしょうか。


(ちなみに降雪が原因でスリナガルへの陸路が閉まって現在早10日です。今これで冬中どうやって開けるのだろうか)

関連記事

| 天候・道路・電気・ネット・航空券等ラダックの現地事情 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然出没


今訳あって次男あきおを知り合いの家に預けてレーを離れています。

今日の夜、その知り合いから興奮気味に電話がかかってきました。

何事かと思って話を聞いてみると、なんでも私が突然テレビに映っているのであきおと一緒に大騒ぎで見ているとのこと。

いや間違いでしょと言いましたが、送られてきた動画を見たら確かに私だわ。




そういえば数年前に夏の忙しい時期に朝の4時頃から数日毎日毎日呼び出されて、撮影が行われた記憶がよみがえったわ。

本業忙しいからもう来れないって言ったけど全く許して貰えず懇願されて頑張って演技したけれども、あまりに演技が下手すぎて監督に何度か本気で怒られたわ。

わぁ懐かしい。

撮影終了後、監督その他映画関係者からは全く一切連絡無かったけど映画は出来上がったらしいとは噂を聞いていました。

それが今になってテレビ放送されて(テレビのシステムが分からないがタタスカイの衛生テレビと言っていた)まさかあきおが偶然みるとは。

うちではテレビが一切見れませんので、神がかったタイミングであきお視聴。


私は内容全く知りませんが、撮影時に映画のタイトルはwalking with the windと仰っていました 。

トレイラーは2年ほど前に出来上がっているものを見ていて、いやいや出演したんだから出来上がったのなら映画見たいなとは密かに思っていました。




どうしたらフルムービー見れるのかだれか私に教えて欲しい!
関連記事

| 日々のつぶやきごと | 00:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シアチェンベースへの許可

先日未確認と記事にした許可証エリア拡大の噂ですが、正式に政府から、観光客に解放と発表がありました。

現在観光客に外国人が含まれるのかどうか確認中。

元々インド人観光客は勝手にシアチェンベース訪問してたし、ヤンペルは外国人に対する解放も含まれているのではと言っています。

以上速報でした。



関連記事

| 未分類 | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未確認情報ですが!!!


あくまで噂レベルの超未確認情報ですが、なんと!! 今までインド人観光客にすら開放されていなかった、デムチョクやシアチェンベースキャンプへの訪問が近い将来可能になるかもしれません。

デムチョクからハンレへのトレッキングもできるようになるかも!という情報もあります。


ちなみに今年許可がおりなかったハンレ宿泊についても来年以降許可が下りる可能性は高いと思っています。

私にとっては、まさかデムチョクやシアチェンベースが観光客に解放されるということは想定すらしていなかったので大ニュース。

まったくの未確定なこととはいえ、こういう噂があるということ自体に大興奮の私です。

もちろん解放された折には、今年のハンレに引き続き、何を差し置いても全力で初入域外国人を目指したいと思っております。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
関連記事

| お知らせ | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールで結婚式 ジャを取り付ける


盛装に着付けてもらった後は、顔を覆うジャと呼ばれる白い布と、大量のカタと呼ばれる白い布が取り付けられました。


緑の薄い布をかぶっているのが私です。



ニョッパと呼ばれる結婚式の進行に重要な役割を果たす人たちが登場。

途中でジャを取り付ける歌がうたわれると、本当なら新婦は号泣を始めるしきたりとなっています。

私は無理やり泣こうと頑張りましたが、涙は出ませんでした。



途中、親戚やニョッパの皆さんが「新婦泣いてない・・・ 新婦泣いてないぞ・・・!」とコメントしていらっしゃいます。













カサジュレーという掛け声とともにカタを渡してもらいます


親戚が「サチって呼ぶな テンジンカルサル(こっちの名前)って言ってよ」などと口々に自由なことを言っています。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

義母 「これがザンスカールだよ」
関連記事

| ザンスカールで結婚式 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールで結婚式 手で焼きそば


着付けが行われている間に、焼きそばが配られていました。

母のりこ、ザンスカールの人たちに倣って、手で焼きそばを食べておりました。




ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


関連記事

| ザンスカールで結婚式 | 15:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールで結婚式 着付けてもらう


着付けの様子の動画です。








仕上げは自家製バターを顔に塗りたくります。



この衣装での2か月児の授乳は、本当に大変でした。

授乳にこぎつけるまでにいろいろ取り除かなければいけないし、ようやく授乳できても、鋭利な飾りがヒカルに突き刺さっていました。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


関連記事

| ザンスカールで結婚式 | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールで結婚式 これが私の親戚です


皆様、私の親戚たちがこちらです。




ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事

| ザンスカールで結婚式 | 15:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結婚式 夜 プレゼントのお清めの儀式


まず行われた弟夫婦(新郎ジグメットと新婦ファルダン)の結婚の儀式。

サニ村出身の新婦ファルダン。

日中のサニ村での儀式を終えて、夜8時を過ぎたころ私たちが待っているホンチェット村までやってきました。

到着後は、サニ村から運ばれてきた結婚のプレゼントのお清めの儀式が行われました。




もちろんお坊さんも登場






まんなかの白いかたまりが新婦ファルダンです





一番盛り上がった、プレゼントの前に立てられていた石をみんなでけり倒してワイワイ騒いでいたところは、あまりの突然のことだったので全く写真も動画もとることができませんでした。

このほかにも、チャンを配る儀式や、バターと大麦で練ったペマルを配る儀式など、なんだかいろいろ行われていました。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

義母「ザンスカール素敵でしょ」

関連記事

| ザンスカールで結婚式 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安定の 耳にバター


今回、ザンスカールへは3男直人と4男ヒカルを連れていきました。

創一と秋生は、試験前だったのでザンスカール行きはあきらめ、スタッフのラクトゥプがすべて面倒を見てくれていました。

さて、生後2か月のヒカル、ザンスカールでは2日に1回、耳や目にバターを入れてもらいました。



してくれているのは、ラクトゥプのお母さんです。



親せきの皆さん、これで目の輝きが素晴らしいものになるねと満足げでした。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

義母「常識でしょ」
関連記事

| ザンスカールで結婚式 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンスカールでの結婚式から戻ってきました


9日にはレーに戻ってきていたのですが、仕事その他でバタバタしていてご報告遅れましたが、無事にザンスカールでの結婚式を終えました。

言葉で説明することが出来ない感情に包まれております。

ただただ、ザンスカールの濃い濃い伝統に感動しています。

結婚後10年経って結婚式とはこれいかに、と思っていましたが、親戚や知人村人の助けを借り、ごくごく自然に式は執り行われました。

ただ正直に言って、生後2か月の4男を抱えての式は、何かの修行かと思うぐらい辛かったです。

また、重い頭飾りと伝統のブーツを12時間以上つけて過ごしたことは、苦痛以外の何物でもなかったです。

頭と足先が変形するかと思うぐらい痛かった・・・。

それを差し引いても、お客様も式に駆けつけてくださって、とっても幸せな時間を過ごすことが出来ました。

お客様が撮ってくださった写真がとっても楽しみですが、ひとまず手元にある写真の一部を紹介させていただきます。

近しい親戚の皆様に着付けてもらいました
IMG_20191005_115956_R.jpg

IMG_20191005_120207_R.jpg

IMG_20191005_122334_R.jpg


新しく作ってもらったコンチェと借り物のペラック(頭飾り)や宝石
IMG_20191005_122559_R.jpg

IMG_20191005_130553_R.jpg
新郎ヤンペルすてきな髪型だねっ!


白い布をかぶっているのが私です。
IMG_20191005_151144_R.jpg

ニョッパの皆様
IMG_20191005_152441_R.jpg

ヤンペル酔っぱらってます
IMG_20191005_161901_R.jpg


真ん中の白いかたまりが私
IMG_20191005_170328_R.jpg


IMG_20191005_170455_R.jpg


IMG_20191005_170511_R.jpg


IMG_20191005_170817_R.jpg


IMG_20191005_183003_R.jpg


IMG_20191005_223405_R.jpg

完全に伝統にのっとって行われた式は、ラダックで暮らして10年目の私にとっても非常に衝撃的で新鮮な体験でした。

たくさん動画もとったのでおいおい少しづつ紹介させていただきたいと思っています。


結婚式を経て、ザンスカールという土地がさらに私にとって特別な場所になりました。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ヤンペルのお母さんも大満足そうでした
関連記事

| 異文化体験記 | 18:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

努力を感じる


創一兄さんが先に寝たのですが、直人、なかなか寝付けない。

翌日も学校があるので、もうそろそろ寝なければいけないことをわかっている直人。


母「直人寝て」

直人「ハイィィィ!」

IMG_20190921_222842_R.jpg


IMG_20190921_222833_R.jpg

母「直人様 寝てください」



ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かぼちゃ収穫


今年初めて植えて楽しみに育てていたかぼちゃ。

ついに収穫しました


IMG_20190922_090001_R.jpg

が、ものすごく小さい。


かぼちゃの天ぷらにして、家族みんなでつつきあって食べたいと思います。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


来年は特大かぼちゃを大量に収穫できるようにもっと頑張ります。
関連記事

| ラダックで家庭菜園 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

良い帽子すぎるため禁止


2年前に、ダーのトゥンドゥプさんに頼み込んで作ってもらった、家宝の花の民の帽子。

(その時の記事はこちら >> http://zanskar555.blog117.fc2.com/blog-entry-2105.html)


2年間ずっとヒドゥンヒマラヤのオフィスの神棚に飾っていましたが、この帽子は新生児用しかかぶれない小さいサイズなので、ぜひヒカルにかぶせようと大喜びでいそいそと神棚から降ろしてキャッキャキャッキャと騒いでいたところ、ヤンペルのお姉さまがきっぱりとひとこと。

「その帽子はヒカルにかぶせてはいけませんよ」と。


ヒカルはザンスカールに所属する赤ちゃんなので、ザンスカールの精霊がついている。

ダーは別の精霊の縄張りだから、このダーの素晴らしい帽子をヒカルがかぶると、ザンスカールの精霊がお怒りになる、だからダメと・・・。

普通の帽子だったらどんなものをかぶってもいいけど、この帽子は素晴らしすぎてパワーが強すぎるとのこと。



ということで、この素敵すぎる帽子をかぶってレーの街を練り歩くことはあきらめました。


でも、、、家で一瞬コスプレするぐらいだったら、いいよね、、、いいよね!!!!!

IMG_20190919_094647_R.jpg


IMG_20190919_094743_R.jpg


とはいえ、ザンスカールの精霊さんを怒らせたくないので、ザンスカールの帽子をめちゃめちゃ長時間かぶせてご機嫌を取っている今日この頃です。


IMG_20190918_095328_R.jpg



IMG_20190918_095207_R.jpg


秋生も協力中
IMG_20190921_081344_R.jpg



もうすぐダーで収穫祭があります。


私もザンスカールでの結婚式の帰りに、一番盛り上がる最終日に合わせてダーを訪れる予定にしているのでトゥンドゥプさんに事情を説明して盛り上がろうと思います。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


関連記事

| ラダック式?子育ての事 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンゴ狩り



去年ラダックフェスティバルで、ものすごくおいしそうなリンゴを売っているブースを発見し、もちろん購入。

どこの村のリンゴかと聞くと「ペー村のリンゴだよ」とのこと。

その後家に帰ってそのリンゴを食べたところ、めちゃめちゃめちゃめちゃおいしすぎた。

ということで、食いしん坊の私は、去年ペー村までリンゴを買いにいったのでした。

だがしかし、季節はすでに遅しで、すべてのリンゴは収穫済みで、購入できず。

今年こそはと、先日ペー村までリンゴ狩りに行ってきました。

IMG_20190920_150045_R.jpg

このおじいちゃんが、育てているらしい。

IMG_20190920_143803_R.jpg

このりんご、ラダックで行われる果物品評会でまいとし優勝しているらしい。


5キロほど購入させてもらって家で食べましたが、悶絶のおいしさでした。

そのまま食べてももちろん絶品ですが、旬のリンゴはお菓子作りにも大活躍。

すでにガトーインビシブルやリンゴのバターシュガーフライなど早速作っています。


アップルパイやアップルパウンドケーキも近々作りたいと思います。


ザンスカールに旅立つ前にもこの村によって、大量に買ってザンスカールのみんなにお土産にもっていこうっと。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村


関連記事

| 日々のつぶやきごと | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クッキー新アイテム


自他ともに認める、なにかと新しいアイテムが大好きな私。

今回また、お菓子作りの新しいアイテムを入手して大喜んでいます。

IMG_20190912_164849_R.jpg


IMG_20190912_164831_R.jpg

ドライクランベリーやレーズン、写真には写っていませんがピスタチオをだっこしているのも作ったりして、とても楽しいです。


ブログのランキングに参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
関連記事

| ラダックでクッキング | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT